「安全安心な職場」と「スタッフの自発性」

経営者やマネージャーとしては、部下が当事者意識をもち、自発的に働いてくれることを期待します

そして、「当事者意識をもって自発的に働く」ことを強制する
「自発性を強制する」という矛盾したマネジメントをやってしまいがちです

僕もやってしまいました(汗)

自発性とは、その人の内側から湧き上がるものなので、外から強制されて湧いてくることはなく、むしろ強制によって枯れてしまうということを身をもって学

もっとみる

当事者意識って何だろう?

こんにちは!あじです。

ブログ更新しました😊

当事者意識が無いよね、と指摘された事をきっかけに、当事者意識って自分の仕事感を反映しているなぁ、と。

当事者意識って何でしょう。

考えてみました。

もっとみる

【マイクロプラスチックが引き起こす海洋汚染】今すぐ私達がすべきこととは?

みなさんこんにちは♪

響子と申します^ - ^☆☆

今回は環境問題に関しての真面目な話。

大手コンビニチェーン『セブンイレブン』をはじめ、多くの企業がレジ袋有料化や包装、ストロー等の素材を変更したりと、プラスチックの使用を削減する動きが高まっています。

今年から廃プラスチックの中国の輸出が禁止されたこともあり、ゴミの行き場が無くなってしまった日本。
環境問題のニュースで情報を取ってからかな

もっとみる

夏が怖い。(1)


夏が怖い、夏が怖い、夏が怖い。



こんなに夏を怖がっているのは
ある意味で今回、今年が、初めてかもしれない。

日本はまだ雨季にあるから、
暑いと言っても、そこまで暑くはないが、

世界の反対側ヨーロッパでは
既に猛暑で皆、悲鳴をあげている。



僕の5000人いるFacebookの友達のおよそ7割が
恐らくヨーロッパの人で構成されているが、

連日、「暑い、暑い、暑い」と書いていて

もっとみる

8年越しの3.11

2011年3月11日は、中学2年生から3年生へ移る春休みだった。

大阪ですら比較的大きく揺れたのでびっくりしたのを覚えている。テレビではどのチャンネルをつけても地震と津波についてのニュースが流れていて、でも全くと言って良いほど実感が湧かなくて。

それどころかどのテレビ局でも延々と震災のニュース、CMはすべてACジャパンになっていたから正直あまり良い気はしていなかったくらい。それくらい、自分ごと

もっとみる

『もっと人間は自由になっていい』  ものの考え方の底上げによって実現しようとしている物理学博士であり、一般社団法人Glocal Academyの代表理事岡本尚也さん

物理学の博士号を取り、オックスフォード大学で教育社会学を学んだ後、日本の課題である、ものの考え方の育成する一般社団法人を立ち上げ、鹿児島から世界へインパクトを与えようとしている岡本さんにお話をお伺いしました。

岡本 尚也さんプロフィール
Naoya Okamoto
出身地:鹿児島県
活動地域:全国
職業と活動:物理学博士・社会起業家
経歴:慶應義塾大学理工学部卒、同理工学研究科修了
ケンブリッジ

もっとみる

だれもがマイノリティそして、マジョリティ

マイノリティ、マジョリティといったワードを見聞きする機会が

以前に増して、多くなったと感じております。

多くの人つまりマジョリティにとっては、

どこかこれらは他人事の様なワードである場合が多いように感じます。

さて、この投稿をご覧の皆さん

「あなたは、マイノリティですか?それともマジョリティですか?」

少しイヤな質問です。

私自身がこの質問に答えるならば、
「マイノリティでもあるし、

もっとみる
ありがとうございます!もしよければシェアしてください!!
7

子供の宿題について思うことメモ

コウはちょこちょこ宿題などのノルマ的な作業をサボります。サボるというよりは、先送りを続けた結果本当に忘れてしまったり、「今やりたいこと」で頭をいっぱいにした結果そもそも意識に上っていなかったりするパターンが多いのが実情かもしれません。

勉強が嫌いとか宿題が倒れそうなほど嫌だとかいう訳ではないので、基本的に母親がついていればやります。(気力体力が限界にきている時は除く。)

ということで宿題につい

もっとみる

★三代に渡った未来が一瞬近くに見えた話。 〜ふなブログVol.17〜

昨日、車を修理に出した後、
実家に向かう車中で、
4歳の長女とこんなやり取り
をしていました。

長女:
「私が大人になったら、
次女ちゃんも大人になるの?」
僕:
「長女ちゃんが大人になったら、
次女ちゃんも大人になるんだよ」
長女:
「へぇ〜〜!!」

僕:
「長女ちゃんと次女ちゃんが大人になって、
もし子供が産まれたら
とと(父)とマミー(母)は
じぃじとばぁばになるんだよ」
長女:

もっとみる

“ごめんなさい”と責任範囲。

申し訳ないとかごめんなさいとか、そういう言葉ってよく使うじゃないですか。

こうした言葉と責任について、今日は話したいと思います。

そもそも責任って何か。

そもそも責任ってなんなのかを明快に説明することって難しいですよね。
辞書にはこう書かれています。

自分が関わった行為から生じた結果に対して負う義務や償い。

つまり責任は自分が関わった範囲に対して、生じるものだと考えられます。
この時に、

もっとみる