心理学をもっと身近に

【職業】は目的でなく手段だと思う

私は2年前までカウンセラーを目指していた。

生半可な気持ちではなかった。

理系で浪人中だったにも関わらず、心理学を学ぶため進路を大きく変えた。

(心理学を志した理由はこちら)

当然学ぶべき科目も変わった。

それまで力を入れていた数Ⅲや物理の出番はなくなった。

そうまでしても心理学を学びたかった。

日本における、【心理学=非科学的なもの】といった偏見や【カウンセリングを受ける=ヤバいや

もっとみる

人間関係に疲れたときの6つの対処法。最新ニュースを心理学的に分析・解説する記事Vol.19

心理クリエイターであるちょっぺ〜(@kruchoro)が気になったニュースを心理的な分析・心理学の解説付きで紹介する記事です。心理学的・脳科学的な視点で物事を見ていきます。コメント最後のリンクは参考資料です。

今回のおすすめは、例のごとく3つ目の記事です!

イニエスタが語る、成功のフィロソフィー「一人ではなにもできなかった」
https://newspicks.com/news/4087142

もっとみる
LVアップ!あなたの夢見る力が7,実行力が10,感謝と愛が3億上がった
5

【読書】「分人」という考え方で人間の基本単位を考え直してみた

「分人」という概念を知った。

【個人】

今までは、「個人」としての自分(自己)を見ていた。
とても窮屈に感じた。
「分人」という考え方を知ってからは、「分人」として「自分」という存在を肯定して生きている。

私たちは、日常生活の中で、さまざまな自分を持って生きている。
これは、多重人格であるというのではない。
私たちは、家族といるときの自分、友人といるときの自分、恋人といるときの自分とでは、相

もっとみる

どんな人も気分が良い時には物事を良い方に捉え、気分が悪い時には物事を悪い方に捉えます。

自分の感情や体調の良し悪しによって考え方や気持ちの感じ方も変わるので、感情的になっている時は、人付き合いや決断事とは一歩引いておきましょう。

冷静さを取り戻してから取り組めば大丈夫です。

LVアップ!あなたの夢見る力が7,実行力が10,感謝と愛が3億上がった
15

モテる人とは( ̄ー ̄)Part2

前回の話。

前回は質問で相手に話をさせてあげられる人がモテるということを書きました( ・ε・)。
自分の話を聞いてもらうことは脳にとって強烈な快感になってるんですね( ̄▽ ̄)

男性はつい、アピールしたくて「自分の話」ばかりしてしまいがちなので注意ですね( ・ε・)(笑)

フォローアップクエスチョンを駆使して、自分も共通点ありますよアピールしつつ、じょじょに深い話をしていくというわけです。(エ

もっとみる

毎日心地よく暮らす人の脳は危険な状態!?最新ニュースを心理学的に分析・解説する記事Vol.18

心理クリエイターであるちょっぺ〜(@kruchoro)が気になったニュースを心理的な分析・心理学の解説付きで紹介する記事です。心理学的・脳科学的な視点で物事を見ていきます。コメント最後のリンクは参考資料です。

今回のおすすめは、例のごとく3つ目の記事です!

ランニングや筋トレ中に折れそうな心を立て直し、最後までやりきる方法|ライフハッカー[日本版] https://www.lifehacker

もっとみる
次のレベルまで、あと 1スキ必要じゃ。他の文章も読むのじゃぞ、勇者よ。
11