リーズンとレーズン [散文]

知りたくなる。きっとそこには理由があるから。理由を知るのは、秘密基地をつくるワクワク感と背徳感に似ている。

「ノーリーズン」なんてシュワシュワする飲み物くらいだし、「ドン シンク,フィーーーール」な時ですら、ちゃんと理由がある。

聞いた理由がわかりやすいときほど、裏側に隠れている気がする本当の理由に触れたくなる。大人になると理由を伝えるのが無意味に思えてきて、面倒くさいとか、いろいろだなとか言

もっとみる

昨日の涙を明日の笑顔に

人事の小山です。

東京コンサルティングファームは、
「人事の舞台」という人事評価制度の導入支援を
行っております。

人事がつくる舞台

人事というのは、
社員が活躍する「ステージ」なんだということです。

社長が描く経営理念というシナリオに沿って、
戦略という演出によって
社員がそれぞれの役を演じて
会社やサービスという
ひとつの作品を共につくりあげて、
お客さんに、喜んでもらう。

もっとみる

ガンジャ先生。8-2

思わぬ遭遇と悲劇

 みんなが疲れてサービスアパートメントに着いたのは。すでに21時を回っていた。ああ。寝むたい。
Alan Walker - Faded

「コラ!走るなコケるぞ〜」
「だってやっとベッドに着いたもん!」
ワイワイしながら帰る僕らの前に。
見慣れた顔をしたスーツを着た人がいた。

「やあ。お帰り。日に焼けたかな?みんな」

「「山本先生!」」

みんな一斉によっていく。
僕は

もっとみる

【毎日エッセイ106】九人の乙女の碑

稚内を訪れた時のこと。

ぶらぶらと町を散歩している、町の中にずいぶんとロシア語が多いことに気付く。道路標識にも英語とロシア語が併記されている。

ロシアがすぐ近くなんだもんなぁ、と不思議に感じた。もしかして高い位置から見たらロシアが見えるのかな? 

なんて考えて、街の高台に位置する「稚内公園」に行った。

晴れ渡る空と青い海、稚内の市街を一望できる高台。
そこに『九人の乙女の碑』があった。

もっとみる
ありがとうございます!また読んでもらえたら嬉しいです!
19

ディープインパクトは競馬界のマーケティング戦略の被害者

どうも、やんじぇです。

今朝ディープインパクトが亡くなったとの訃報が舞い込んできました。日本競馬の損失!と大々的に報じられていますが、ディープインパクトとは何だったのか。競馬をロマン枠でなくビジネス枠の視点から切り込んでみたいと思います。

ディープインパクト出現に触れる前に、それまでの競馬界の流れを整理しておきましょう。

オグリキャップの人気爆発で国民的スポーツとして人気を呈していた競馬です

もっとみる

7月の悲劇まとめ

7月も残すところあと4日。天気予報に晴れマークが戻り、ようやく「夏」がやってきた気持ちになる。そんな今日この頃だが、振り返ると7月は本当に”さんざんな出来事”が連続する日々だった!そんな気持ちを清算すべく、今回はその”さんざんな出来事”を楽しく、勢いよく綴っていこうと思う。

なお、この記事には女性独特の悩み「生理」といった話題にもガンガン触れていくが、本当にただただ楽しく書いていくので、男性の

もっとみる

祖父の葬式

祖父の葬式のことを思い出していた。祖父は五年前、農作業中に祖母に車で轢かれ亡くなった。地方版のニュースにはなってテレビで放送もされたが、事故であり故意ではなかったので起訴も実刑もなかった。おろおろし詫びどおす祖母のことがかわいそうだと思ったが、いま祖母は元気にしていると思う。祖父は貧しいながらもいくばくかの貯金を残していたので、こぢんまりとしたきれいな墓が立った。

 対して祖父の葬式はひどいもの

もっとみる

FUNKY接骨院:エピソード1

腰やら背中やら、痛いです。

接骨院でも行って、マッサージしてもらおう♪
なんて気軽な気持ちで選らんでしまった・・・。


先生一人でやってるような、小さな町の接骨院。

先生なんかちょっとポケーっとしてる感じ。。。大丈夫?

その日は軽くマッサージして終わり、次回の予約をして帰りました。

予約当日、約束の時間。

開いてない。あれ?(・・?
途方に暮れてると、向こうの通りから先生がてくてく歩い

もっとみる

ひまつぶ誌 Vol.11

今週の一言

今週は芸能界や世間が激動で日本が心配になる習慣だった。ほぼ宗教を名乗れない僕ら日本人は何を信じているのと言えばいいのだろうと悩んだ。神様?キリスト?大好きな歌手?アニメのキャラ?謎である。しかし答えではないが信じるべき者はいると思う。それは自分自身だ。自分のことだけは見損なってはこの世界は生きることを許されない気がするのだ。

今週の気になるニュース

【スマートスピーカーの音声広告

もっとみる