末は博士か大臣か ~61歳から66歳~

1、円熟

11回目の世代考察記事になります。61歳から66歳です。12回、つまり72歳まででこの連載は一区切りする予定ですので、ラス前ですね。前回は10回目、55歳から60歳まではこちらになります↓。

キーワードは「円熟」です。「熟年」から連想しました。ワインと同じで、年数がたつほどに味わい深くなるのが人生。20歳前後にはエッジの効いていた人も、40歳前後にはだんだんと(体型的にも)丸くなり、

もっとみる

仕事をしているように見せる教授

今僕は大学院生なのですが、助教授と同じ部屋です。

僕はその人の下には就いてないのですが、この人がなかなかの給料泥棒。

仮にM助教授としましょう。

その生態を語っていきます。

そして、日本の大学事情はくそだなと思っていただけたら幸いです。

まず、勤務時間。

基本研究室にいる時間は10時30分~16時30分。

当たり前のように帰っていきます。

その間自分の実験は何もしません。

昨年ま

もっとみる

社会で生き残る学生の見分け方:「印象に残る人」は、創れるのか?

みなさん、こんばんは。半人前コーチ@大学研究室です。
本年より大学の講師を生業としているのですが、研究って難しいですね。教育については、これまで仕事とコーチとでやっていたことが活用できますし、かなりアドバンテージを持っていると恥ずかしながら思っていたのですが、研究は学生レベルです。まだまだ初心者です。大学教員となったからには、そちらも頑張らねばですね。

ってことで、今日は小学生とか高校生とか、部

もっとみる
スキありがとうございます!これからも宜しくおねがいします。
12

礎(いしずえ)

大学時代、とある教授の授業は必死に聴かねばならなかった。海外の最先端の論文を解説していたので、図書館や書店で専門書の該当箇所を見ても、「現在解明中である」としか書かれていない。おまけに、語りは日本語だったが、板書はすべて英語だった。必死に成らざるを得ない。

それでも、その分野にとても興味を持った私は、4年生で卒業研究室を選ぶ時にその教授の研究室にした。

「お金が無いといい研究が出来ない。でも、

もっとみる

大学は託児所

今日の授業中に、こんな言葉が出ました。

小学校や中学校は、働く人のための託児所であるが、最近は大学もその機能を担いつつある

私はこれに心から同情したいです。大学で出席逃げをする人が多いという現状が、生徒である私だから痛いほどわかる。

そもそも大学に来る意味とはなんなのでしょうか。就職のため?名誉のため?多くの人は体裁を気にして、取り合えず入れそうだから入っておこう、みたいになるんだと思います

もっとみる

「仕事とは何か、お金とは何か」

不惑と言われる歳を幾つか過ぎ、こんな事に思いを馳せる時、脳裏に浮かぶのはあの教授の在り方だ。

20代前半、大学の学舎でこんな出会いがあった事は本当に幸運だった…

***

全文はコチラ
https://note.mu/tanashe/n/n1e7f7e718ed2

『【#参議院選】#れいわ新選組 から #安冨歩東 大教授が出馬 』
→池田信夫氏「安冨はまず『福島の農民は殺人者だ』というデマを流した謝罪から始めるべきだ。」 と。てか、#蓮池透 さんはどうなるんだ?w
#アメブロを見てhttps://ameblo.jp/sadohimajin/entry-12487266754.html

「右利きと左利きの人の脳の違い」を調べたかったけど、それは分野が違いすぎた話。

大学のときに英文でレポートを書いた。評価をする教授はイギリス人。ブルックリン先生という名前だったと思う。

ブルックリン先生は評価が厳しいと言われていたようだが、私が提出したレポートの評価はとても高かった。英文自体のレベルはたぶん大したことなかったと思う。当時の私の英語力がどの程度だったのかはもうあんまり今では分からないけど、自分で満足できるものを書けたと思ったことはほとんどなかった。

でも英文

もっとみる

柔軟さは得です。
前よりも柔軟に話を聞けるようになったら、
思いがけず、講義も前よりさらに面白く感じられるようになりました。

美大生の表現の自由とは。

※有料記事の、無断印刷、コピペはおやめください。発覚した場合ご忠告の上対処させていただきます。

※一部フィクション。作品です。

無料で読めてしまうと、読みたく無い方の目にも止まってしまうので有料という形にさせていただいております。今後このような記事は有料とさせていただく所存です。申し訳ございません。

美大生の私が世間に美大の話をするのはタブー?についての話です。

↑なあーんて書かなきゃいけ

もっとみる