旅がらす

【群馬県高崎市】解説「ぐんまちゃん旅がらす 塩味・オレンジ味」 12/100

お世話になります、まーくんです。
よろしくお願いします。

ここ群馬県には昔から受け継がれるお菓子がいくつかある。その一つが「旅がらす」である。薄いおせんべいとおせんべいの間にバタークリームが挟まった素朴なお菓子。
ちょっとおしゃれに言えば群馬版ゴーフレットとも言える。
今日はそんな旅がらすと、こちらも群馬が誇る人気キャラクターぐんまちゃんがコラボした期間限定お菓子を解説する。

もうパッケージか

もっとみる

あなたが好きな「ご当地銘菓」は? 柚@アンケート

★ツイッター(メインアカウント)柚@気軽に投票してね
フォローして頂けると嬉しいです。

このアンケートに寄せられた返信をまとめました。
コメントしてくれたみなさん、ありがとうございます!

                                                      以下、ツイッターより引用
-------------------------------------

もっとみる

【旅がらす流】スライスの直し方3選

皆様こんにちは。旅がらすです。

2回目の執筆ですが、今回は「旅がらす流のスライスの直し方」について説明していきたいと思います。

スライスはですね~。およそゴルフを始める人が7割は直面すると言われている「壁」なんです。かくいう私もほとほと悩まされました。

そんな私がスライスを直せた方法を、3つに分けて紹介したいと思います。

結果から言うと、スライスは今日にでも直せます。しかし、ゴルフDVDや

もっとみる

旅がらすのゴルフ魂!

初めまして旅がらすです。

私は主に、「旅がらすの期間工ブログ!」を運営していまして、執筆活動は主にそちらでこなしています。ブログに詳細は下記をご覧ください。

雑記やブログ運営の事についても書いているので、良かったらどうぞ。

で、私は期間工時代に、先輩にゴルフに連れていって貰った事がきっかけで、ゴルフにハマりました。

私は幼少期からスポーツがからっきしダメで、むしろ好きなスポーツとかありませ

もっとみる

神様のボート/江國香織(8)(ラスト)

1 2 3 4 5 6 7

葉子さんはおかしくなる。
身も蓋もない言い方だし、もともとおかしかったと言えばそれまでなのだが、草子を「失って」からの葉子さんは、一段とおかしくなる。
逗子から出ていく気力さえもなくし、仕事も辞め、ただ漫然と日々を過ごす。ピアノを弾きながら。
それでもどうにかして引っ越しをする。東京へ。
16年ぶりに東京に戻り、実家に連絡をする。草子も夏休みにはそこへ帰る。
アパート

もっとみる

神様のボート/江國香織(7)

文庫↑Kindle↓

1 2 3 4 5 6 8

昨日は5億年ぶりにSBAFなんて言葉を使いたくなるほどにSBAFな夜の過ごし方をしてしまったので今朝は10時まで眠っていました。
ちなみに前回SBAFを多用していたのはちょうど2年前、あのひととの別れのあとなので5億年ぶりっていうのは嘘ですね。
起きてからは前日の朝に炊いたまま放置してしまっていたご飯と昨夜食べる予定だった麻婆豆腐を食べ、残りの

もっとみる

神様のボート/江國香織(6)

文庫↑Kindle↓

1 2 3 4 5 7 8

私は昨日、真似したいことの最後に「旅がらす」を挙げました。
確かに旅がらすな生き方というか生活は憧れるしやってみたいけれど、葉子さんのしている旅がらすと私のしたい旅がらすは根本的なところが違うと思いました。
なにって、葉子さんは「あのひと」に会うために、「あのひと」のいない土地に馴染みたくないから、そんな理由で旅がらすをしているけれど、私は。

もっとみる

神様のボート/江國香織(5)

文庫↑Kindle↓

1 2 3 4 6 7 8

これまでも色々と葉子さんの真似っこをしてきましたが、私がこれから真似したいことは、5つあります。
順にお話しましょう。

ひとつめは髪型。
ジュリエッタ・マシーナのように短いという、その潔く整ったヘアスタイルにはやっぱり憧れるし、それが似合うようなスっとした大人の女性に、私もなりたい。
私は形から入るタイプですし!

つぎに、お散歩。
葉子さん

もっとみる

神様のボート/江國香織(4)

文庫↑Kindle↓

1 2 3 5 6 7 8

私が葉子さんから真似したものは、4つ。

ひとつめは、最初の記事で書いたように、シシリアンキス。
あの甘ったるくて突き抜けるような琥珀色の飲み物は、やっぱり目の前にあるだけで気分が変わる。
お酒はほんとうに飲めないし飲みたくもないけれど、あのカクテルだけは特別。いつだって魔法をかけられてしまう。

つぎに、ロッド・スチュワート。
なかでもやっぱ

もっとみる

神様のボート/江國香織(3)

文庫↑Kindle↓

1 2 4 5 6 7 8

これは狂気の物語です。

江國さん自身が、あとがきでそう仰っている。
確かに、これは、私も狂気だと思う。そして危険。

大学の主任教授と恋に落ちて、卒業と同時に入籍する。でも、恋に落ちたとは言っても身体的接触は手を繋ぐだけだった。
そこからどんな経緯で「あのひと」と出会ったのかはわかりようもないが、ともかく、葉子さんは、すばらしくきれいな背骨を

もっとみる