RPAで再び日本企業が世界で躍進する日

社内システムの現状

日本企業の多くは2000年初期にシステム投資を行い、大型の基幹システムを投入した。

大きな投資で大きなリターン(効率化)を図る、社内一大プロジェクトだ。

その後、社内業務の中心にはいつも『基幹システム』が君臨してきた。

その後15年以上が経ち、世の中のビジネス習慣が変わっても幹の部分は変わらない。社内の業務はいつでも基幹システムありきで、日々起こる小さな問題には例外作業

もっとみる
ありがとうございます。また見て頂けるよう頑張ります!
2

人間にしてみれば内臓脂肪が多いという事だ。

『働く人の給与が一向に増えない。一方で、消費者物価はジワジワと上昇しており、いわゆる「実質賃金」はむしろ減少傾向が鮮明になってきた。未曾有の人手不足だと言われる中で、なぜ人々の給与が増えないのか。あるいは、増えたという実感に乏しいのか。~安倍晋三首相は12年末の第2次安倍内閣発足以来、「経済の好循環」を繰り返し主張し、円安で過去最高の利益を上げている企業から、「給与増」の形で、従業員などへの恩恵が

もっとみる

社名と役職無しで同じ仕事できますか?

皆さん、ベトナムからこんにちは!

私はこれまで世界中の人とプライベートでもビジネスでもやり取りしてきておりますが、日本ほど「会社の知名度」や「役職・肩書」にこだわっている国も居ないのではないかと感じました。

名刺交換の時や取引時の、相手の信頼度や期待値等を企業名や役職で判断してませんか?

もし、あなたがグローバルなキャリアを積みたいなら、、、

これ辞めた方が良いです

もし、あなたが海外の

もっとみる
素晴らしい
13

周囲の顔色をうかがう「様子を見ながら進展させる能力」

20年以上金融機関で、債券運用を担当していたので、日本企業の縦社会のコミュニケーションは大事さは痛感している。このために、多くの時間を費やし、時には無駄な会議を延々とする理由になったりする。

自分の上司が常に「上司の顔色をうかがうタイプ」だと非常に苦労する。なぜなら、こちらもそれが強要されてしまうので。私の場合には、結構これで精神的に疲れてしまうことが多かった。

せっかく、チームで何度も議論を

もっとみる
ありがとうございます。💛またよろしくお願いします!
2

意思決定遅い日本企業世界の嫌われ者に

いや~日本の大企業は全てが本当に遅いですね!!!!!

よくここまで遅くて何も進まないのに経済が回るな~、と私は非常に感心しております。笑

【日本企業の無駄6選】

1、無駄な会議

2、無駄なメール作法

3、無駄な名詞交換

4、現場に何の決裁権も無い

5、意思決定プロセスが無駄すぎ

6、無駄な対面挨拶習慣

昨日スウェーデンのサプライヤーとメールやり取りしてましたが、相手のメール返信こ

もっとみる
素晴らしい
3

世界恐慌の頃に日本のベスト100社に名を列ねていた企業のうち、現在でも生き残ってるのはたった3社。時代の変化とはそういうものなのだ。50年後にソフトバンク、ユニクロ、トヨタ、パナソニックのうち何社が生き残ってるか分からない。永遠に倒産しない会社は、永久に死なない人間と同じだから。

昼下がりの午後1時。台風の影響でこの時間でも朝のラッシュなみの混雑。日本の企業は「休み」の一言がなぜ言えない

外資系におけるコネ入社

大手企業の重役の優秀とは言えないご子息が優良企業に就職できず、親のコネを使って取引先の企業に入社。決してドラマの世界の話ではなく、平成を経て令和になった今でもコネ入社は日本企業に蔓延していると言われます。一方で、日本企業とは全く異なる実力主義イメージが先行する外資系にはコネなんて存在しないと思われる方もいるかもしれません。

 

残念ながら、外資系の方が日本企業以上にコネが堂々とはびこっている企

もっとみる
スキありがとうございます。お役にたてれば光栄です。
7

〈経済論壇から〉消費増税の影響を分析 デジタル通貨の未来図は/日本企業に何が足りないか

8月もあっという間に過ぎ、今月経済論壇に登場した論考を紹介する「経済論壇から」では、複数の論者によって取り上げられた注目されたトピックスの中で、3つのテーマを取り上げています。
今月の論考として、
●10月に控えた消費税率の10%への引上げの影響に関する論考
 西村幸浩・大阪大学教授(経済セミナー8・9月号)
 小林航・千葉商科大学教授(経済セミナー8・9月号)
 敦賀貴之・大阪大学教授(週刊東洋

もっとみる
スキありがとうございます。フォローもよろしくお願いします!
15

20コ以上年上の、会社の先輩の話【雑記】

これは、社会人で、初めて配属された部署での話。

新入社員あるあるで、本当に可愛がって頂きました。

何せ新入社員が、いわゆる新入社員として(他の役割、例えばあるプロジェクトチームの一員というミッションではなく)配属されたのは10年以上振りで、

尚且つ、企業スポーツのメンバーではなく、純粋な新入社員としては、有史に無いは大袈裟かもですが、それぐらい珍しいようでした。

部署異動の無い、専門という

もっとみる