木こりの本業

山で生業をしている人を、なんと呼ぶのだろう。
海であれば漁師、里であれば農家。山が思い付かない。

今日会った山の人は、自らのことを「木こり」という。
普段は山の中で木を伐採する仕事をされていて、
山から里に下りてくる時にたまに遭遇してしまう。

まるで熊のようだが、熊のようにワイルドで、かつマイルドな人。
「今日もデンジャラスな仕事でクタクタだよ、恒光くん」と、
よく笑いながら話してくれる。

もっとみる

無花果。

ご近所さんにたくさん無花果をもらいました。

無花果ってなんかお洒落なイメージだけど、田舎だとそこらへんの庭になってるみたい。

たくさん頂いたので、今日は無花果のミルクプリンを作ってみました。

マシュマロと牛乳だけで作れて、美味しくできました。

無花果は甘露煮しか食べたことがないのですが、甘すぎるのがちょっと苦手なので色々なレシピを研究したい。
今日の朝は義母さんが無花果をサラダに入れてくれ

もっとみる
おお〜♩
2

小さな太陽〜東北食べる通信レポ〜

今月も東北食べる通信から美味しそうな食材と生産者さんの物語をまとめた冊子が届いた。

今月は、宮城県に住むブシャン・アケボノさん。

食べる通信が届くと、ワクワクして、すぐに箱を開けたくなる。今月の人はどんな方なのかな?どんな食材が入っているのかな?どうやって食べようかな?と心踊る。

アケボノさんは、デリー出身のインド人。インド料理屋を営むお父さんや家族と来日して、宮城の農業高校、農業大学校をで

もっとみる
もさげねがんす。
4

秋は白。冬は黒。

先日、図書館で「薬膳」について書いた本を見つけたので借りてきました。

薬膳って、陰とか陽とか、なんか難しそうなイメージがあったんですよね...。

本を読んでみて思ったのは、旬の食材は体に良いということ。
例えば、秋は乾燥しやすくなるから、白いものを食べると良いらしい。今が旬の梨は、水分もたっぷり含まれているし、熱も取り除く作用があるから、呼吸器系にも良いんだとか。

そして、冬は血の巡りを良く

もっとみる
Vielen Dank
16

「たなかれいこ的 料理のきほん」を知ると、料理が 楽 になります。

10月13日(日)スペシャル講座を開講!
\がんばらなくでも、できちゃう/
たなかれいこ的料理のきほん を実際に体験していただけます。

たなかれいこ的 料理のきほん は
「さしすせそ」などの普通の常識とは
ちょっとちがいます。

たとえば

調味料は
「塩・醤油・味噌だけで充分」
これらの塩っ気を料理に生かしおいしくするコツがあります。

「砂糖・酒・みりんは使わない」
これは使わない方が、ダン

もっとみる

私にとっての、さつまいも#とは

さつまいも!とは、この時期旬のもの、秋の食べ物!

子どもが幼稚園時代芋掘りをして、とんでもなく大きいさつまいもを持ってきたのを思い出す。たぶん私のふくらはぎくらいあった!脚色なし!

さつまいもを想像すると、ホクホク!だという言葉がぴったりあてはまる。

繊維と繊維が絡み合って縦筋につながる層。層についてる、みつが絡んで噛むたびに、ジュワッと出てくる。石焼き芋なら、外側の皮が焦げて浮いているとこ

もっとみる
スキありがとうございます!嬉しいです^ - ^
7

秋刀魚と東京

『秋刀魚の味』『東京家族』は、言わずと知れた小津安二郎監督の名作。

絶賛されている構図やカット割りの素晴らしさもさることながら、微妙な親子関係、哀愁漂う笠智衆の佇まいが切なく、ほろ苦く、じんわり心温まる物語。

わちゃわちゃしがちな毎日だけど、秋の夜長にしっとり日本酒でも飲みながら鑑賞して、心の平安を取り戻したくなるような。

また、『目黒のさんま』は世間知らずのお殿様の勘違いが面白い、落語の噺

もっとみる
嬉しいなはー♡
6

偉いぞ、カツオ!

『サザエさん』では、わんぱくでおバカでずる賢くて、いたずらしたり、何か企んでは怒られてばかりいるカツオ君。

私も子供の頃、大人の真似をしたり、へりくつを言ってはよく怒られていたから、座敷に呼び出されて、「ちょっとそこに座りなさい」なんて言われて波平さんにお説教されるカツオ君になんだか共感していた。でも、カツオ君はいたずらばかりするので、なんでわざわざ怒られるような事をするんだ、と冷ややかに観てい

もっとみる
料理作ってみてくださいねー!!是非!!
5

今日の食材 露地物みょうが

みょうがごはん。
塩で味付けした昆布出汁、れんこん(新潟の夏蓮根、しゃきしゃき)、油揚げをきらしていたので、ベーコンを小さく小さく切って、炊き込みご飯。なすと一緒に浅漬けにもした。

みょうがは、出荷量の98%くらいが高知県のハウス栽培。
スーパーでみると一パック200円以上したりするから、大事に使う感じ。

ただ、今時期は露地物が出回っている。今日のものは新潟の直売所で150円で、袋いっぱい、2

もっとみる

暫定1位のかぼちゃ(かぼちゃの話しすぎでは)

昨日、めっちゃ良いかぼちゃをゲットした。

両親がこっちに来たときに、差し入れしてくれたのです。
「森みやこ」と書いた金色のシールが燦然と輝く、立派なかぼちゃ。ほぼ毎年この時期に祖母がどこか(知り合いの農家さん?)から買って、それを実家にいくつかお裾分けしてくれているのだが、これが本当に美味しい。わたしはどのかぼちゃも大体好きだが、ここのは特別だと思っている。

なので、この時期になると「今年は来

もっとみる
わー!ありがとうございます!
7