河村市長

「情の時代」を「分断の時代」にしないために、いま考えるべきこと

再開された不自由展と「企画展反対反対派」

 先日、「表現の不自由展・その後」が再開されました。同企画展に対しては、一部の作品について「公金を支出して公共空間で開催する芸術祭には相応しくないのではないか」という批判の声が根強くあり、このような意見表明に対して企画展反対反対派(賛成派ではなく敢えてこう書きます)の方々は、強く反発しています。
 私自身は、表現の不自由展という試み自体には、賛同する立場

もっとみる

「表現の不自由展・その後」のその後

愛知県で8月1日から10月14日まで開催されている「あいちトリエンナーレ2019」の企画展のひとつ「表現の不自由展・その後」が開催から3日目の8月3日で中止となった。

一部報道によれば、「この企画展を巡っては、元従軍慰安婦を象徴した「平和の少女像」など、展示内容について脅迫文が届いたことを受け、展示の中止が決まった」という。

その決定にあたっては、名古屋市の河村市長や大阪府の吉村知事が企画展の

もっとみる