つぶやきポエム 10

2019/08/09 07:13

焦らないで じっくり ゆっくり
確かめてほしい わたしのこと

あなたのこともそうする
受け止める 時間をかけて 愛する

体の奥 心の奥 感じる 気付く 疼く
そこまでいきたい あなたとふたりで
ふれるよ きょうも あしたも

なでるよ やさしく やさしく

*ほのか しずく*

#詩
#つぶやき
#言葉
#ポエム
#ひとりごと
#心
#自由詩
#時間
#こと

もっとみる

自分に投資すると言うこと|雑談

留学での話になるのだろうけど。

ルームメイトに驚かされた。noteで自分の留学が38と遅かったことをつらつらと書いたけど、それは本当はどうだったんだろう。

アジア系の子達は若い。だいたい20台前半。ヨーロッパ系の子達は20台後半が多いかな。みんなまだ大学生だって。その中にも一度は語学留学に来て、50台、60台になってサマーバケイションで来ている人もいる。

一つ言えるのは自分が明確な必要性やキ

もっとみる

考えは違っていていい

目に見えないものをどこまで信じるかは、個人によって全然程度が違う。例えば、幽霊が見えるという人もいれば、絶対に信じないという人もいる。中には、自分は信じていないが、見たと言う人を疑う気はない。世の中そういうこともあるのかな……くらいの距離感の人もいる。これは本当に人それぞれだし、やや内面の思想に踏み込む話題でもあるので、話題に上がることはあまりない。小学校の頃なら、学校の怪談を信じるか否か、なんて

もっとみる

声なきモノの声を聴こう

どうも、
ダンサー&占い師のTAKESHIです😏👍

僕ですね、
植物や石とか、
自然の声を聴くのが好きなんです。

「え?頭おかしい人?」
とか思われるかな?(笑)

占い師やってるからか、
スピリチュアル好きだからか…

それはまぁいろいろ理由はあると思うけど、
好きなんですよ(笑)

好きったら好きなの。
そこに理由なんてないんだわ。

そんな、

"声なきモノ"

もっとみる

傷付くことを怖れるなら
何もしなければいいはずなのに
近付いてしまう 声をかけるの

わたしから いつも
それは不安の裏返しかな?

もしかしたら 怖くないのかな
傷付く覚悟があるのかな
それとも出来たのかな

わかんないなぁ...
自分で自分が見えないから

*ほのか しずく*

草木花石、悉皆在神

私、持ってるよ。
これをずっと探しているんでしょう。

何って、神様。

どこにでもいるけど、どこにでもいるわけじゃないの。
見えないものを信じられる人にしか、分からない。

どこにでもいるよ。
草木にも、花にも、石にも。あなたの中にもいるよ。
みんな、見える姿と見えない姿があるの。
見えるものが全てじゃないの。

私、ここまではるばるたどり着いた人に神様を渡してるの。

厳しい世界から脱

もっとみる

信じるか信じないかは後からわかる

大型GWに入る前から、いきなり仕事運ががくんと落ちた。
一番大きな稼ぎどころから、きつい一言を受けてから、運気ががくんと落ちたように思う。

がくんと落ちた仕事運は、今も絶賛継続中で、ひとつ1年契約なので、私から辞めることを伝えない限りは首切りにはならない。

その後、いろいろと営業はしているが、いいお返事がもらえなかったり、お仕事は入ってくるけれど、1回だけで終了だったりする。

今日なんて、得

もっとみる

子どもに伝えたい『見えぬけれどもあるんだよ』

Eテレの『にほんごであそぼ』の歌だったと思う。

「見えぬけれどもあるんだよ~♪」

繰り返される、ゆるいメロディーが心地良くて、耳に残る歌だ。

この頃、"可視化することの良さ"について、目に留まることが多い。仕事の可視化、名もない家事の見える化など、他者とタスクを共有したり、効率化を図るには有効だと思う。

"可視化" と同じく、「見えぬけれどもある」ことを大切に暮らしたいなと思うこの頃。

もっとみる

神さまなのはお客様だけではない

私は自分の顧客だけでは仕事が足りない時には、マッサージに限っては登録しているエージェント経由でも仕事を受けている。そうして出会ったクライアントから、施術後に次回からはプライベートでお願いしたいと言われることが良くある。

厳密に言えばエージェントのクライアントを横取りしない、つまり個人の連絡先を教えない、という契約があるのだけれど、私は断ったり説明したりするのが面倒なので、名刺が欲しいと言われれば

もっとみる

壺坂霊験記 :視覚とはなんだろう

壺坂霊験記

大和の壺坂寺のほとり土佐町に住む座頭の沢市は、琴や三味線の稽古をしながら美しい妻のお里が、まめまめしく洗濯や賃仕事をしてくれるのを頼りに、細々と暮らしている。沢市は夫婦になって三年、お里が朝方になると寝床を抜け出していくのに対し、「自分が盲目ゆえに外に男でも・・・・」と疑いを持つ。夫の疑いを知ったお里は驚き、盲目となった夫のために壺坂寺の観音様に祈願を続けてきた真心を打ち明けた。

もっとみる