目的意識

死ぬこと以外無傷じゃね?

自分はマルチ商法で借金を抱え、不安定な収入の中、毎日怯えながら生活をしていた。

「来月の返済どうしよう」
「本当に返せるのかな?」

こんなことを話せる人はいなく、相談することもできなかったのです。
「バイトして稼げばいいやん?」
そう思う人がいると思うのですが、マルチ商法の仕事は休みがほぼ無く、朝10時から22時まであったのでかなり難しかったのです。

ある時マルチの方で収入が見込めず、返すお

もっとみる

武井壮の芸能界デビューまで

カジサックの番組。 かなり楽しくノリノリで話が進む。武井壮の亡くなったお兄さんとの話や、芸能界デビューに至るまでの準備期間のこと、たくさんの縁に感謝している話、並々ならぬ身体能力の高さに圧倒される、盛りだくさんの回。話の他にも圧倒的に目的意識を持って行為してるんだろうなと思わされた。

大人の育て方

これが私が見た、武井壮のことを詳しく知ることになった最初の動画。「人が求める数」に気がついた流れがわかりやすい。そこに現実的な話、お金も名声もあつまる訳で目的意識を持って、つかみにいく思考や行動が凄いし、見習っていきたい。

目的意識を持ってナンパするのは大事。

でも意識せずとも出来るようにしておかないと、ナンパの成功は覚束ない。

苦手部分に対する改善意識は常に持ちつつも、他の部分は無意識レベルで出来るようにするってのが大切なのかな。

コーチング セッション#6

最近、新聞を読むようになった。
社会から置いていかれないようにするため、知性ある人でいるために世の中の動きを知っておくため。
それ自体は正しい行動だったと思うし、これからも社会の一員としてそれは続けていきたいと思っている。
メディアの言葉が正しいかどうかは、判断しなければいけないとわかってはいても、そのために必要な情報は膨大だから、ひとまずここから始めてみればいいのだろう。

今日はそんな前回の振

もっとみる

私、決めました。

私は自分を変えません。
自分が大事にしたいことも譲りません。
自分を大きく見せようとすることをやめます。
一生懸命やりたいことを一生懸命やります。

今までもそうしてきたつもりでした。でも、そうじゃなかったところがあるなってふと思って。自分の長所でもあるけれど、それを大事にするがゆえに別の大事なことが見えなくなっているところがあるんじゃないかって。最近読んだいろいろな人のnoteから学んだことがた

もっとみる

ふとしたきっかけ、という価値を見直す。

※本ブログは3度繰り返して読んでいただくと情報が有益なレベルにまで浸透します。

“ふとしたきっかけ”というのを甘く見てはいけない。むしろ、ふとしたきっかけこそ、意識と無意識の境界線に位置している情報であるからして、重要視すべきポイントであるのだ。

人間の目の構造にはピントがピタッとあう範囲と、ピントがあわずにボヤけている範囲とがある。このピントが合うように作られている範囲は意識が「ここにはピン

もっとみる

死んだ父に送った 初めてのLINE。

最近の「失敗や嫌だったネガティブなこと」「上手くいった感動したポジティブなこと」「目標や明日のこと」のいずれかを自分の心の描写そのままに一筆書きでアウトプットする日記。

最近ものすごくうまくいったこと、もしくは感動したこと

 僕は0歳の時に実の父を亡くした。母と再婚した二人目の父は、とても僕を愛してくれているので、父親がいない寂しさは感じてはいない。こちらのnoteにも書いているけれど、寂しさ

もっとみる
カタカナの「スキ」と、漢字の「好き」。軽い方をありがとうございます。
51

生命保険会社から届いた一通のハガキ。

最近の「失敗や嫌だったネガティブなこと」「上手くいった感動したポジティブなこと」「目標や明日のこと」のいずれかを自分の心の描写そのままに一筆書きでアウトプットする日記。

最近ものすごくうまくいったこと、もしくは感動したこと

この年になると、やはり「健康」という二文字を追いかけてしまう。それは、目先に人参をぶら下げられた馬のように、果てしのない旅でもあり、終わりなき旅だ。

こちらのnoteでも

もっとみる
スキになってくれてありがとうございます!泣けます…(TдT)
39

目的意識のない行動は無意味であることを改めて思い知った

6月が始まりました。僕の無職期限が刻一刻と迫り、残す所1日です。そんな思いもあってか今日、知り合いの管理栄養士さん兼経営者の方が主催する「筋肉運動会」なるものに参加してきました。
結論から言うと、会自体は楽しかったです。普段見れない筋骨隆々な人のパフォーマンスを見れたし、ジム以外で体を動かすということを久々にできましたし。
ただ、昼食を取り終えた後少し会自体が少々グダりまして、周りの人が「暇だね」

もっとみる