自身の寿命を明言したら、保険料を下げる・・・

「これは、ひどい」とお思いの人もいらっしゃるかと思いますが、どうも、未来は ”寿命宣言” が必要な気配がしています。

「私は、75歳までで終える」。こう宣言したとすれば、支払う保険料が少なくて済みます。「太く短く」が信条の人は、「55歳まで」と宣うかもしれません。保険料が少ない分だけ、生産と消費に明け暮れる。思う存分生きる。これをしやすくなります。さて、明言の寿命を ”運悪く超えてしまった” ら

もっとみる
ありがとうございます! 希望が叶う一日でありますように!

no.8:子供の為の社会保障制度

◆児童手当制度のご案内(内閣府)
https://www8.cao.go.jp/shoushi/jidouteate/annai.html

◆高校の学費・データ元「平成28年度子供の学習費調査:文部科学省」
www.mext.go.jp

高校以外の学費についてはこちらの記事もご参照ください
「月ベースでみてみる、教育費」
https://note.mu/tfps/n/n474c2ffbbf9b

もっとみる

台風19号

妹が関東にいるので、海外からもカテゴリー5いや6とも呼び声のあったHagibis 台風19号の情報はSNS、(普段は見ない)TV両方くまなく見ていたつもりです。
私→妹(LINE)「現金ある?貴重品まとめた?お米炊いた?下水逆流防止対策やった?断水に備えて水を浴槽に貯めた?ガラス窓大丈夫?...」といつも最低最悪を想定して生きてる私が、「米炊こう!」と言い出すのは西日本豪雨以来のこと。

※妹が上

もっとみる

【就労するより家で稼いだる】◇戯れ言◇ 消費税10%って大打撃ですか?

ぶっちゃけ消費税のことあんまり深く考えたことないな。

子どものころから当たり前にあったし。

その税の使い道も知ろうと思ったことはない。

なんか自分たちの生活にとって
いいことに使われるんだろう、くらい。

でも全然違ったね。

お金あるとこにいってたのかー

自慢じゃないけど
本当にうちお金ないんだよね。

毎月あと5万、収入が増えれば
少しは楽になれるかな、というレベル。

それが消費税が

もっとみる

学校と会社は何もかも抱え込みすぎ

学校と会社が何もかも抱え込み過ぎたために、中高年男性の風疹ワクチン接種率が10%強という惨憺たる事態を引き起こしている。

生活に必要な福利厚生の類を、ほとんどすべて学校と会社経由で提供してきた。だから、風疹ワクチン接種も、会社が集団検診とかで実施しない限り接種率上がらないよ。

例えば、健康診断。健康診断は学校や会社で行うから、ホームドクターに毎年診てもらうという習慣が今一つ根付かない。学校や会

もっとみる

デフレ脱却のために

日本国民の全員に100万を配ったとして…。

人口が1億人と8000万人だと2000万人分の違いがあります。

1億人の時に100万円を配ったら8000万人の時より経済は周るのはわかると思います!

日本は、人口減少と少子高齢化という問題を同時に抱えています…。

インフレは金融政策ではコントロールできないのが世界のトレンド。

しかし日本はデフレ脱却を金融戦略で乗り切ろうとしています。

インフ

もっとみる

【百科詩典】しょうひぜいとしゃかいほしょう【消費税と社会保障】

消費税は低収入の人ほど税率が高くなる、逆進性の高い税金です。
たとえば年収200万円の人は収入のほとんどを消費に使うでしょうから税率はほぼ10%。
ところが年収1億円の人はたぶん収入の全部は消費しません。
3千万だけ消費に使うとしたら10%は300万円。
これは1億円の収入の3%です。
そういう消費税ですから、そもそも社会保障とは相性が悪い。
お金のない人のための税金だというなら、最初からお金がな

もっとみる

待機児童問題が解消される? 消費税が10%になったあとの社会

ファイナンシャルプランナーの吉岡奈美です。
消費税増税まであと3日!
トイレットペーパーやおむつなどのまとめ買いをしているお客さんで 近所の薬局が混みあっていました。ただやはり定価で販売しているお店が多いように感じます。黙っていてもメディアが煽ってくれるおかげで、買い物客が増えるのなら わざわざ広告入れて安くする必要はないですからね。

増税後に 安売りされる商品も出てくるはずなので、残り少なくな

もっとみる

長生きが目標の社会は長生きできない

人生100年時代と言われるようになり、ここ半世紀ほどで日本人の平均寿命は男性で+20年ほど、女性は+25年ほど伸びました。20年って、僕が今36歳ですけどまるまる人生半周ぶんが追加されているわけです。すごい。

上のグラフは内閣府の統計資料です。このまま寿命が伸びていくと、2060年頃には平均寿命が90歳近くなるんですね。まさしく人生100年時代が見えてきています。

さて、寿命が伸びていることは

もっとみる

5年前の想定より改善する年金財政

先日、政府から5年に一度公表される財政検証が示されましたが、メディアの不安をあおる報道ばかりで、きちんと理解されている国民は極めて少ないのではないでしょうか。

実際、今回6つの経済前提の下で試算されていますが、経済前提が前回よりかなり慎重化しているにもかかわらず、所得代替率(=年金額/現役世代賃金)は前回から上昇しています。

背景には、前回公表以降の女性や高齢者の就労増等により、前回の想定より

もっとみる