娑婆に戻って約10日をふりかえるに

※まえがき。このテキストはマガジン「Our Whereabouts 往復書簡」のいちエントリーであり、友人のいぬじん氏との往復書簡としてお届けしている。

***

往復書簡ですが、お互いに忙しいので、書きたいときに書きたい方が書く、ということで今回は俺から。三連休で少し時間もとれたのでなんとなく振り返ってみたいと思う。育休後の仕事復帰からの数日を。

復帰して営業日的にはまだ4、5日程度。一日は

もっとみる

しゃべりすぎて自己嫌悪になったので忘れないようにしたいと思います。復帰初日にいきなり仕事辞めたくなりました。自爆で。

https://twitter.com/shiraber/status/1157243230838128640?s=09

男性新社員の【育休希望は7割】取得率は皆無に近い

🔵男性新入社員の育休希望は7割だが取得率6%

⏺️パタハラを防ぎ、男性が育児休暇を取得しやすくなるにはどうしたら良いのか

調査、事例を用いながら、ここから詳しく説明していきます。

★【厚生労働省の調査】

男性の育児休業取得率は過去最高と言われながら、わずか6.16%(平成30年度雇用均等基本調査)

★【男性新入社員を対象とした調査】

約7割が育児休業取得を希望しているというデータ(新

もっとみる

UIデザイナーが産休・育休をとって、仕事復帰した話

こんにちは! デザインチームの久保です。
私には最近2歳になった娘がいて、デザイナーチームの中で唯一の子持ちであり、チーム内では初の産休・育休取得者でした(会社では3人目)。

仕事復帰して1年が経過し、webサービスの正社員UIデザイナーが産休育休を経て出産・育児しながら仕事をするのは可能なのか、ワーキングマザーとして日々をどうやって回しているかなど、あくまで私個人のケースではありますが、少しで

もっとみる

#2:妻の職場復帰から見えてきたこと

#1では娘が生まれ僕自身の働き方や価値観の変化について書いたが、#2では妻が職場復帰して見えてきた社会的課題について思っていることを書いていきたい。

■共働きという選択

 妻は、キャリア10年以上のグラフィックデザイナーをしている。その感覚を鈍らせたくないという意思が強く、我が家は『共働き』を選択した。

 「子育てしながら働くこと」を選択するのは、時代の流れだと考えている。僕の娘が成人するこ

もっとみる

復職して1ヶ月の今を残す

4月末に職場復帰して、GW10連休を除いて1ヶ月ちょっとが過ぎました。

まだ1ヶ月、されど1ヶ月。
この1ヶ月間は良くも悪くも、一番色んな感情が動いた期間でした。
やりたいことをやり尽くした超充実育休から1年2ヶ月ぶりの会社員復帰、きっと色んなギャップやハードルがあるだろうなあと予測はしていたものの、育休中に得たものを本業に持ち帰って活かしたいという気持ちも大きかったので復職に対するモチベーショ

もっとみる

カネカ 育休転勤 炎上問題の考察

「夫が育休から復帰後2日で、関西への転勤辞令が出た。引っ越したばかりで子どもは来月入園。何もかもありえない。不当すぎる」

ご主人が株式会社カネカに勤めている共働き夫婦(40代)の妻がこのようにTweetした件が社会問題化しています。

この夫婦は今年1月に生まれた長女の育児のため、それぞれ育児休暇を取得したとのこと。
住宅を購入し4月中旬に新居に引っ越したばかりのタイミングで4月22日に育休復帰

もっとみる

~育休復帰座談会~ママたちが“戻ってきたい会社”Wizの魅力と、彼女たちのパワフルさに迫る。

こんにちは!今回は、この5月に産休育休から復帰された人事部の大場さん、中村さん、広報PRの山口さんの3名で座談会を行いました。座談会が行われたのは復帰2日目。復帰したときの気持ちや、仕事と育児の両立、Wizのママさん社員へのバックアップ体制などについてざっくばらんにお話しいただきました。

(写真左から:大場さん、中村さん、山口さん)

復帰されて、初日の感想はいかがでしたか?

山口:色々な方が

もっとみる

今日の離乳食_8months old

先週、保育士さんから、「9ヶ月から給食が始まるので、それまでに食材表のチェックしておいてくださいね!」と言われました。

そうだった!保育園では、指定された食材を一度家で試さなければならず、それが終わらないと給食がスタートできないのです。すっかり忘れて同じメニューになりつつあったので、急いで食材をそろえて毎日1品ずつ新メニューをプラスしてます。今日のメニューは、

5倍がゆとさやえんどうの刻み・た

もっとみる

都立公園保育。

この土日はパン喫茶のブランチに家族で行ったあと、都立公園でテントを張り、昼寝をしながらコーラを飲んだ。こんな日を、何百回と過ごした数年間を思い出した。

家庭保育での4年間は、彼の『好き』をどこまでも愛するだけの時間だった。2時間あれば、ほとんど必ず自転車に子どもを乗せ、広い都立公園に通った。

1歳前後の歩き始めの頃は、近所の公園で延々砂遊びをして過ごしていたけど、だんだんと公園の枠が小さくなり

もっとみる