学習指導要領 「生きる力」を実践に移すには?

学習指導要領が改定され、子どもたちの学習の仕方が大きく変わろうとしています。

生きる力とは(文部科学省)
●基礎的な知識・技能を習得し、それらを活用して、自ら考え、判断し、
表現することにより、さまざまな問題に積極的に対応し、解決する力
● 自らを律しつつ、他人とともに協調し、他人を思いやる心や
感動する心などの豊かな人間性
● たくましく生きるための健康や体力 など

ーー(中略)これからの

もっとみる

組織行動論について学んだら、「自律」の解像度がものすごーく上がったよ、という話。

社内の経営戦略勉強会「Tribal Professional Academy」、通称「TPA」。今回のお題は「組織行動論」です。課題図書は3冊+1冊。大変ボリューミーながらも、自らの立場を置き換えて読んだり、すっかり忘れていた記憶の蓋がパカっと開いたり、先々に思いを馳せて行ったり来たりして、あっという間。きっと誰にとっても自分ゴトしやすいジャンルだと思います。

ハーバードビジネスレビューに掲載さ

もっとみる

メンバーnote 「自由研究〜親の心子知らず !?〜我が子はどんどん自走しています。」

Co-musubiメンバーによる寄稿です。
夏休みに入りました!

以前こちらのBlogで告白したように、「夏休み→宿題→どうサポートしよう」と悩むのは母親の私です。(悩んでいますが楽しみでもあり♪)
その際のブログはこちらに。

母親である私の思考の中で自由研究は並走する事が前提になっているので、自分は仕事があって休みではない日常の中で、どのように隙間時間を活用し一緒に取り組むことができるのかに

もっとみる

おのぞみの体重

わたしは冬より夏の方が体重が減ります。1キログラムくらいアベレージに差があるのです。気候にあわせて、体重が変わるかのようです。

寒い地方の国の人たちって、脂肪のたくわえが多い気がします。いっぽう、赤道の近くだとかあたたかい地域の国の人たちには、やせ型が多い気がします。気候と、その地域の人たちの脂肪のたくわえ方には相関関係があるように思えてなりません。

人々の脂肪のたくわえ方がその地域の

もっとみる

4ヶ月近く美容室をサボっていた私が予約を入れたことに意義がある

うざバングってなんだ。ナチュラルなテンションで「ソバージュ」とか「ショート」と並んで「うざバング」という単語に出会った。それは、初めてドローンという言葉を聞いて「黒くてうねうねした一見不気味だけど心根は優しい新種のあやかし」だと思っててその実、黒いのは当たっててちょっと不気味なのも当たっていたけどそれ以外は全くの見当違いだったときの衝撃によく似ている。

職場に、金髪ギラギラでヴィヴィアン・ウ

もっとみる

バスケを上手くなり、人間性も高める為に必要なこと

社会人バスケをしていると、週3~4日練習はしているもののあまり変化の見られないという人は多いように思います。しかし、その一方で週1回程度の練習でどんどん上手くなる人も少なからずいます。
学生バスケでも成長の早さはまちまちです。

これは物事の本質を捉えられているか、最適解を導き出せているかが成長スピードを分けています。

これができていなくて前者の人ように向上が中々見られない人は、部活動の頃の監督

もっとみる
ありがとうございます!宜しければtwitterもフォローお願いします!
2

夏休みをどう過ごすべきか?

まもなく天候不順だった1学期が終わり、夏休みが始まります。

夏休みをどう過ごすべきか?これは、多くの保護者の方から毎年話題になります。
・毎日だらだら過ごしてしまう。
・朝起きない、昼夜逆転の生活になる
・部活だけで終わってしまう
・子どもだけで遊びに行かせて大丈夫か?
などなど、心配の種はつきません。

どうすればよいのでしょうか?

夏は子どもたちに、計画をたて、それを実行するトレーニングを

もっとみる

理性と感性の冒険

2019/6/17 冒険開始

2019/6/18 冒険2日目
恋は感性、愛は理性

強さは理性

何かに対して感情が動いてやりたい、と思うことと、実際にそれをやるかどうか理性で考えるのは別物

感性はエネルギーであって、指針ではない。
指針とは理性である。

感性の問いは浅く、理性の問いは深い

2019/6/21
エネルギーである感性が溢れている。しかしそれを理性でコントロールしない限り、事

もっとみる

「働けるうちは働く!」ための仕事と人生の設計方法#31

「エイジレスで定年のない働き方」の実現をサポートする中高年専門ライフデザイン・アドバイザーの木村勝です。

「自分のキャリアは自分で決める」というマインドセットの重要性
 

「働けるうちは働く」ために必要なことは、「自分のキャリアは自分で決める」という腹決めです。

「定年」時期は自分で決める

「自分のキャリアは自分で決める」というと少し抽象的なので、もう少しブレークダウンすると「いつまで働く

もっとみる

連載:社説 (社説)研究力の低迷 若手に安定と自立を

連載:社説

(社説)研究力の低迷 若手に安定と自立を:

先ごろ閣議決定された科学技術白書は、科学の基本原理や真理を探る「基礎研究」の重要性を訴える、ノーベル賞受賞者たちの発言の紹介から始まる。

 田中耕一(02年化学賞)、梶田隆章(15年物理学賞)、大隅良典(16年医学生理学賞)、本庶佑(ほんじょたすく)(18年同)の各氏だ。

 例えば大隅氏は、政府の助成が産業や医療への応用研究に偏ってい

もっとみる