静岡県茶歌舞伎大会2019 決勝に出場!

こんにちは。白井製茶園です。

11/9(土)に静岡市のグランシップで開催された
茶歌舞伎大会の決勝戦に参加してきました。
運良く決勝進出できました!
予選の顛末は前のブログに記してあります。

11/7からグランシップで『世界お茶まつり 2019』が開催されており
その会場内の特設ステージで戦うことになりました。
時間は14時から。
MCは久保ひとみさんです。

伊東からだと車で高速使って約2時

もっとみる
励みになります!
5

信州最南端の秘境に移住し、"中井侍"の暮らしに魅せられて感じたこと

私が一年前に移住してきた天龍村は長野県の最南端、愛知県と静岡県の県境にある村で人口は1200人程。
村の面積の9割を森林が占めており、「ぽつんと一軒家に紹介されたことがある」という方が何人かいるような、大きな森の中に小さな集落が無数に点在してできた村です。

スーパーもコンビニもない村

スーパーもコンビニも、信号機すら一つもないまさに秘境の村。
"そんなところで人が生きていけるのか?"
最初は失

もっとみる

茶園の秋整枝

こんにちは。白井製茶園です。

今月は茶畑で秋整枝をやるのですが、
天気が悪いので様子を見ながらぼちぼち進めていく感じでした。
晴れていれば3~4日でできる作業が10日くらいかかりました。

秋整枝は気温が下がってもう芽が伸びなくなってきた頃に
実施します。このあたりではだいたい10月中です。
実施があまり早すぎるとまた芽が開いてしまいます。
刈面を、もう芽が伸びなさそうなところできれいに揃え

もっとみる
より良いお茶を作ります!
7

雑草の繁殖力を楽しむ茶園の管理

こんにちは。白井製茶園です。
当園は約1.3ヘクタールの自社茶園を管理しており、
おん年95才の会長が畑仕事を卒業したので
管理は基本社長とムスコとムスコの友人で行っています。
↓の写真は茶の花です。

一番茶(新茶)のみ摘採で生葉の収穫量は約4,000kg~5,000kgで、
以下が当店の基本的な管理スケジュールです。
状況に応じて施肥を追加します。

1月〜3月施肥
4月~5月摘採期
6月草取

もっとみる
とっても嬉しいです!
14

【農事組合法人春日茶園】揖斐川町春日農薬不使用の在来茶や美しい茶園風景を守るため、地域共生型の「四季の春日茶体験ツアー」を開発したい。

岐阜県揖斐川群(いびがわぐん)には、「日本のマチュピチュ」と呼ばれる場所があります。
その正体は標高の高い場所から山頂に向かって一面に広がる茶畑。
まるで茶畑が天空に浮かんでいるようだと、近年人気を集めています。

また、美しいのは景観だけではありません。
そこで作られるのは、国内で数%と言われる無農薬のお茶。
多くのお茶が品種改良される中、在来種にこだわり栽培を続けています。

しかし、この茶畑

もっとみる

5.タダ飯につられて拉致未遂事件 ~藤枝--→浜松(静岡後半)~ 東京--→京都 500km東海道歩き旅の記録 ~歩き旅は経験のギャンブルだ~

今回は、奮発して昼飯に浜松のうな重を食べたら、その晩、タダ飯につられて拉致られそうになる話です。

それ洗濯すんの?

歩き旅の魅力は、他の手段よりも地域に入り込めることだと思うんですね。

電車や車ではわからないその地域らしさがあったりします。

例えば、静岡の金谷宿あたりのコインランドリーで見つけたのがコレ。

「茶袋の洗濯 ご遠慮ください」

かなり地域らしさが出ていますよね。

この地域一

もっとみる

2019初夏旅 清水 | 日本平で旅ラン

IAI日本平スタジアムにサッカーを見に行った。入場まで時間があったので、日本平山頂まで走ってみることにした。

スタジアム横の道を進むと…。

いきなりのどかな風景に変わり、みかんの花の甘い香りにつつまれる。ここはスタジアムからすぐ近くなので、よかったら、お散歩してみて欲しい。

日本平さくら通りに出るが、また、すぐ農道に入る。農道は車が来ないのはよいのだが、斜度が急で、走るのは大変だ。

もう一

もっとみる
❤️🧡💛💚💙💜
2

「ワタシ(オレ)と愛車」2019.05.10世界お茶まつり2019 「茶の都しずおか」グループサイクリング50km

久しぶりの「ワタシ(オレ)と愛車」コーナー。雨によるイベント中止やGWをはさみましたので約3週間ぶりです。気温は25℃超え、今シーズン初の半袖日和となりました。

今回のライドは、5月12日(日)まで開催されている「世界お茶まつり2019」のプログラムとして開催しました。静岡県の牧之原台地は国内最大級の茶畑が広がっていて、その景観は圧巻です。この新茶の時期は茶畑も明るいグリーンの色彩に変わり、青空

もっとみる

お茶の葉、霞立つ風景

この週末はとても底冷えがして、それまでは我慢していた暖房器具をとうとう使いだしたりした。
こういう時は急須に茶っ葉をいれて注ぐ熱いお茶が芯まで冷えていた身体を温めほぐしてくれる。
この夏までは、自分自身で摘んだ茶葉を電子レンジをつかって蒸らして、フライパンを使いながら揉んで乾燥を繰り返し、お茶の葉として保管していたものを喫んでいたのがいよいよ切らしてしまい今は市販のお茶の葉を使って憩いのひとときの

もっとみる
欣喜雀躍!(^^)!
13