蛹化

末埼鳩

00:00 | 00:30

2019年5月グループ展『未完性のエンドロール』で展示した音と朗読。
同展示で発表した短編小説『羽化』の前日譚的作品。

19

手痛い変態(羽化モドキ

それとなく…程度だったりだけど好きなバンドが解散を選ぶと物哀しい。ねごととかきのこ帝国とか。理由はどうであれ時間の流れは「あの頃のまま」を許さない。成長か衰退か、進化か退化か、解放か崩壊か。そのいずれでもないのか全てか。

SNSはどう利用しようとも、人となりを表す。見続けていると言葉の奥底に流れているモノを感じられるような気がしてくる。それはでも正しくもあり大きな誤解でもあるとも思っているけど(

もっとみる
毒を食らわば皿まで愛して (( (◉皿◉) )) ガリガリガリ
38

ゴールは蝶になることじゃなく その行き先

何かを始めたいと思った時に それを直ぐに実行する為に奔走するか 後回しにするか。
それは その時の状況によって 左右される。
遅かれ早かれ タイミングが噛み合えば 蛹は蝶へ羽化する。
生まれたての翼は どこか不安定で 危なっかしさに目をつぶりそうになるけど 羽ばたき方を徐々に身につけられたら 風雨に曝されても 墜落することはないだろう。
ここまで来たら後は どこを目指して飛行を続けるかだ。
遠い異

もっとみる
6
3

3/12 蛹 自意識

大人なのか?私は。
いや、大人だ。飲酒も喫煙もできるし、エロ本も買える。車も運転できるし、結婚も自分の意思でできる。そういう年齢になってはいる。

ただ、状況証拠は揃っているが、自分で認めることができない。自分が大人だということを。

自分が大人である感覚って、どこから出てくるものだろうか?
大人でもない気がするけど、子供でもない気がするこの蛹の意識を持った今の私の自意識は、早めに片付けて羽化させ

もっとみる
もっといい記事書けるようがんばります!
5

お腹が気になる

迫る"審判の日"

お腹がとても気になっている。といっても自分のことではない。わが家の室内で世話しているナミアゲハの蛹「青虫7号」のことだ。冬を越し、体色が変わりだし、いよいよ羽化かと期待していたが、先日、下腹部に黒い染みのようなものが浮かんでいるのに気づいた。インターネットで"グーグル先生"に尋ねると、青虫の体内に卵を産みつけるアゲハヒメバチ、ヤドリバエに寄生された青虫がそんな状態になるらしい。

もっとみる

茹でなくてよかった

おかんからもらったほうれん草。
モンシロチョウのさなぎがついていた。
ああ、茹でなくてよかった。

さなぎ。現在進行形で
生命の大革新が行われていると思うと、
どきどきする。
どうやったらあのイモムシから
あんな模様までついた
白い羽ができるんだろうね。
たった2,3センチの中には、
宇宙の秘密までかくれていそうだ。
昆虫すごいぜ。

もっとみる

「肝心なのはお前さんでは?」

平成最後の啓蟄

二十四節気でいう「啓蟄」が過ぎた。啓蟄が示す「土の中で冬眠している虫が春の訪れを感じて穴から出てくる」という意味の通り、いろんな虫が騒ぎ出した。良い虫ならいいのだが、悪い虫だから困る。

個人的には、サボり虫。朝、寒くてベッドから離れたくない、出勤したくない。ただ、この虫、何せ耐久力がない。布団に潜り込んだところを速攻で奥さんに叩き潰された。

そんな奥さんにも、悪い虫が動き出し

もっとみる