複雑系

アトランティコ手稿42

ソクラテス、プラトン、アリストテレス、レオナルド・ダ・ヴィンチ、デヴィッド・ボーム、アインシュタイン、デヴィッド・R・ホーキンズが好きな人ならきっと楽しめるイベントになるはずです。

イベントの詳細はこちら
↓↓↓
https://takatoshi-tokuo.com/website/event1

#ソクラテス #プラトン #アリストテレス #レオナルドダヴィンチ #デヴィッドボーム #アイ

もっとみる

「編集者が編集する」ということと「異業種の編集者が編集する」ということは違う。しかも、「編集者が編集する媒体のコンテンツ」と「異業種の編集者が編集する異業種の媒体のコンテンツ」も、違う。どちらがグッとくるか?自問自答して考えてみる。答えは、思考の先にある。(真面目すぎ!)

「ジャナギャガ」の方も、よろしくお願いいたします!☆彡
11

BTSとMMT

東方神起に母娘でどハマりしたのは、かれこれ11年前になる。正月明けに父が急に死んだ穴を、5人グループの輝きと熱量で埋めたのである。私のオシだったユチョンはその後残念なことになった一方、グループ分裂後も活躍し続けるユンホを、母は何年か応援していた。そして今。私の地元出身のボーカル達を中心に結成されたバンド、キングヌーを母に教えてから、母は彼らの「沼にハマった」(以来、私の詩に対するリップサービスもな

もっとみる
すごくうれしいです。
12

「入門 般若心経の読み方」ひろさちや

フリッチョフ・カプラについて触れたので、般若心経にも。仏教に関する入門書を大量に書かれているひろさちやさん。扱うテーマは大きなものから、個別な経典の内容まで様々ですが、その語り口は至って平易です。

般若心経について、私はよく「情報理論である」というような説明をします。もっと言うと、「情報と物質の相互作用」について説明されている、というような解釈をしています。

一般には、「空」観とはなんぞや、に

もっとみる

「タオ自然学」フリッチョフ・カプラ

松岡正剛とか西山賢一とか紹介してたら、これも書いてもいいかという気になりました。東洋哲学の世界を現代物理学的に解釈する、あるいは、現代物理学の発展に東洋哲学的な視野がどのように貢献してくれるか、ということに対する提言。90年代の「複雑系の科学」の一角を為す本です。

読むのにわりと苦労した本で、物理学パートはともかく、行列に関する知識(それも物理学で使うものなのですが)がちんぷんかんぷんで、学生だ

もっとみる

「方法としての生命体科学」西山賢一

以前「文化生態学の冒険」を紹介しました、多分野を股にまける異端児、或いは「右と左の変なおじさん」、西山賢一氏の学問のある程度網羅的な話を含んだわりと固めの本。

「たんぱく質の鋳型」としての遺伝子からはじまり、振動子の集合としての捉え方、細胞の集まりとしての生命、など大きい単位に話を敷衍して行きます。するとその大きなものは(単一の種にとっての)社会となり、複数の種の集合としての生態系になって行きま

もっとみる

「文化生態学の冒険」西山賢一

「ヒト社会の進化と適応のネットワーク」とサブタイトルがつけられているこの本。著者の西山賢一氏は、化学分野から生物学へ、生態学的な視野から経営学(組織論)を経由したあと理論経済学の研究をし、「異色」という呼ばれ方をよくされていました。本人曰く、「10年ごとに違う分野にチャレンジしたい」とか。この本が出版された90年代には「文化生態学」ということを言い始めます。

上記のような幅広い視野から、人間の社

もっとみる

Shirokane流自己紹介(その3)

(前回の記事)

さて、今回こそ真面目に書きます。
真面目すぎて一気に読者を引き離そうと(笑)
そう、共感覚とかいう得体の知れない物の話でしたね。
Shirokaneが考える共感覚とは。

Shirokaneは全ての感覚というものはそもそも本質的に共感覚であって、人は皆、誰しも共感覚を感じ取ることができると考えています。
例えば物事を感じとる時、味でも色でも音でも手触りでも、その感触の後ろに何かよ

もっとみる
嬉しいです
6

関数としての言葉は個人内で使う

西條先生と田原さんの対談を「パブリックビューイング」した。

その感想は別の機会に譲るとして、今回の収穫は関数としての言葉は、場を自己組織化する場を作りにくいということだった。

関数とは、入力が決まれば出力が決まること。すなわち関係性が一義に決まる言葉づかいである。

この状況ならば、こう。というような。

それ以外を認めない言葉づかい。

田原さんの実践は関数的言葉遣いを詩的な言葉遣いに変えて

もっとみる
読んでくださり、ありがとうございます!
2

”お父さん”

こんにちは。お久しぶりです。4月より晴れて東京の社会人になりました。
毎日ちゃんと働いてます。えらいえらい。

私の会社には色々な人がいて、とても面白い。
今日はその中でも、直属の先輩(N.N.わくわくさん) について思ったことをつらつらと記述します。

わくわくさんは、現在26歳。結婚済みで1歳半になる息子がいる。私はこのわくわくさんについて回って色々なことを勉強している。
しかしこのわくわくさ

もっとみる