角川

Cygamesを退職しました問題に続き、今度はドワンゴのエンジニアが退職エントリ

数ヶ月前にCygamesを退職しました問題というブログを書きましたが
今度はドワンゴのエンジニアが退職エントリを書いたようです。

今回のドワンゴのエンジニアが退職エントリーについて

もっとみる
ありがとうございます\(^o^)/
2

新・魔法のコンパス

書名:新・魔法のコンパス
著者:西野亮廣
出版社:KADOKAWA
発行日:2019年5月24日
読了日:2019年8月13日
ページ数:288ページ

素晴らしい!💫良書💫
西野さんの他の本も読みたくなった。
今の肩書きはお笑い芸人だけでないけど
やっぱり芸人さんは賢い人が多い❗️

子供にもわかりやすい例え、言葉、表現で
これからどうやって生きていくべきかの
指南書になっている。

うん、

もっとみる
読書好きな人と繋がりたいです!
5

【記事感想】お金って、大事。

ほしいと思ったものはそのときほしいし、それができないのは生きてる意味がないなって。だから、お金っていくらあっても尽きないなって思ってます(笑)。

記事元:Twitterフォロワー10万超のリサーチ整体師・5歳は、本物のインフルエンサーとして楽しく稼ぐ方法を模索する。

あぁ…これは分かる。僕も欲しいと感じモノはすぐに欲しい。今すぐ欲しい。手に入れないと気が済まないタチ。でも買わない。なぜならお金

もっとみる

アニメ 八月のシンデレラナイン 第12話(最終話)感想

いよいよ今回の記事でハチナイアニメの感想記事は最終回となります。

今まで読んで頂き本当にありがとうございました。 

最終回だからといって甘い評価をする気は毛頭ありませんでのそちらもよろしくお願いします。

前回の感想記事はこちらです。

ズバリ、最終話の感想を一言でまとめると

置きに行った甘いストレートを投げて痛打された最終話でした。

全然、話のキレがありませんでしたね。

作画はもうどう

もっとみる
スキ幸せです!
22

アニメ 八月のシンデレラナイン 第10話感想

このハチナイアニメ感想シリーズも後3回で終了ですね。感慨深いものがあります。

今回も当然のようにネタバレしていくので視聴前の方は読む事をお控えください。

前回の超酷評した記事はこちら

前々回の中々良かったという感想を書いた記事はこちら

では10話感想スタートします。

今回物語は全国上位の実力の向月高校と練習試合が決まる所からスタートしました。

練習試合が決まった経緯は

向月高校のエー

もっとみる
スキ疲れが吹き飛びます!
25

アニメ 八月のシンデレラナイン第9話感想

もうすぐ最終回を迎える八月のシンデレラナインアニメ感想シリーズ第9回です。

当然のようにネタバレしていくので未視聴の方は読む事をお控えください。

ではスタートします。

目次

①野球をするハチナイはつまらない

②セリフと噛み合わない野球シーン

③深夜アニメお決まりの入浴シーンは必要?

④食事当番制の茶番劇と語って欲しかったテーマ

⑤10点満点評価

⑥まとめ

①野球をするハチナイは

もっとみる
スキ幸せです!
21

DVD日記#2 『天と地と』--赤と黒で描く合戦絵巻

上杉謙信と武田信玄の決戦といえば、
両者が一騎討ちを行ったとされる
第四次川中島合戦がよく知られる。
この戦いを軸に謙信を描く海音寺潮五郎の
『天と地と』を角川春樹氏が映画化(1990年)。
小室哲哉さんの音楽も話題になりました。

あらすじ

「これより、武田軍本陣をつく! 目指すはただ一つ、信玄が首! 後れをとるなッ!」
 
時は戦国。越後の長尾景虎(後の上杉謙信、榎木孝明)は兵を挙げた兄・晴

もっとみる
スキ、ありがとうございますm(_ _)m
11

たそがれ時のこいきなRADIO vol.11

ついに11回目となりました。
「たそがれ時のこいきなラジオ」
東京と仙台より不定期に発信しています。
詳しくない!どうしようもない!
そしてちょっぴり切ない!昭和の懐かしい
お話しにどうぞおつきあい下さい。

VOL.11のお題
◆好きなとこだけアンドレさん
アンドレ・ザ・ジャイアント
◆ゆ・れ・て 二次元
明治の偉人5選
◆たそがれ時タレント名鑑
未来人・深町一夫ことケン=ソゴル

『たった一人の熱狂』

幻冬舎代表取締役社長 見城徹『たった一人の熱狂』 「見城徹という男は、真っすぐで情熱的である。」
それが文章からドクドクと溢れ出している。

見城徹や幻冬舎について、
あまりよく知らなかった自分がその存在を知ったのは、
箕輪厚介さんの影響が大きい。

事あるごとに箕輪さんの口から出てくる「見城さん」
あの西野亮廣さんも「見城さん」の事を
話題に出すことがあり、
徐々にそのよく聞く「見城さん」に興味

もっとみる

【書評】そしてドイツは理想を見失った(角川新書)川口マーン恵美著

おすすめ度:★★★☆☆
読んでほしい層:20台半ば~30代
*自分が31歳なので、Maxで30台としています。

戦後ドイツ史について。主に政策を中心に過去から現在までを紐解いていく。戦後ドイツ人がなぜ理想を追い求め、そしてそれを辞してしまったか。メルケル政権に特にフォーカスしながら解き明かしていくと言った内容。

「虐殺の歴史というのは、無視するものといつでも相場が決まっている。ただ、それを告白

もっとみる