いじめを乗り越えた話①

トラウマ

もし兄が死んでもワタシは絶対泣かない。

ワタシは兄にいじめられていた。ワタシは兄と弟の男兄弟の間で育った。母は忙しそうでいつも疲れていて、弟をとても可愛がった。兄はいつの頃からか荒れていて、イライラの波に呑まれてワタシや弟もとばっちりをよくくらった。

小学生低学年のある日、家に帰ってお菓子を食べた。後から帰宅した兄も食べたかったらしく、空になった袋を見てキレていた。理不尽な態度にワ

もっとみる
あなたのラッキー運ひとつあがったよ!

自分を許せるようになった気がする。「好き」だけに縛られていた生活から、さらに視野を広げて「好き」を見つけてみようと動けるようになった。そしてまんまとハマっていくという結果に。なんだか、かっぱえびせんみたい。

"やめられない、止まらない"

今日の運勢....小吉
10

譲る優しさ

電車でご老人などに席を譲れますか?

これは 人の心理として
『自分より弱いものに優しくする』という
優しさからの行動でもあります。

では、感情が高ぶってる人に
席の様に時間を譲れますか?

これは面白くて、
まさにあなたにとっての相手次第です(笑)

自分の時間や感情を譲る行為には
感情のジャッジが入ります。

言い返したくなる時は
席を譲らない時と同じで
戦ってます。

逆に、席を譲る気持ち

もっとみる

重たい感情に囚われずにトップスピードで生きる

※本ブログは3度繰り返して読んでいただくと情報が有益なレベルにまで浸透します。

人は他人も自分自身も含めて重たい感情を誰しもが持っている。この重たい感情に飲み込まれてしまうか、それともそれを肥やしやヒントとして人生を前進させることができるかどうか、このポイントこそがどんな人であっても各自で取り組む必要のある人生の側面である。

人はどんな時に重たい感情を作り出すかと言えば、それは“期待を裏切られ

もっとみる

自分が自分でいられる世界へ

幼い頃から人の話を聴く事が多かった。

友達が語る自身が直面している問題を一緒に考え、彼女の思考を想像し、自分が彼女の立場だったらこうするのかもしれないと率直に伝えていた。

本当に幼い頃は、互いの価値観に差異はほとんどなく、私が導き出した答えのようなものと、友人の語るモヤモヤの正体の間に乖離はあまりなかった。

でも、歳を重ねていくにつれて、人生の様々なステージで優先する事柄が増えていくにつれて

もっとみる
ありがとうございます!💕よかったらシェアして頂けたら嬉しいです。
6
I proud of you!
1

お悩み相談

ある悩みについて、どうしたら解決するんだろうと考えてみました。

すると、そこここで聞きかじっていた内容が降りてきました。

『あなたの家はある宗教に入っていましたね。

あなたは純粋に信じて、自分も人も幸せにするためと正義感をもって活動してきました。

ある時それは間違っていることに気がつき、あなたはそこから出ました。

そうしたら、そのままの自分でいることで幸せを感じられたんですよね。

そこ

もっとみる
愛しています!ありがとうございます!
3

許す事。

こんばんわ。いつも読んで頂きましてありがとうございます。

先日、twitterで、僕が許した事についてつぶやいたところ、反響が大きかったのでそれについて僕の想いを書こうと思います。

『許す』

世の中で色んな事、色んな人に対して抱く感情ではないでしょうか。

『こんな人は許せない』

『こんな事は許せない』

怒りとか憎しみの様な感情ですよね。

自分の価値観の中で、ルールがあって、それに反す

もっとみる
めっちゃ嬉しいです😍感謝します😉
11

【2】「許す」ことと「諦める」ことは違う。

【1】の「夫を許せないと思っていたけど、許せると思った」という話を夫にしている時に、急にビビっと、「あれ? これは母にも当てはまることなのではないのか?」と感じた。

流石に昼食を作っている時だったので、即連絡、という訳ではなかったけれど。

ただ、その日は母の方が在宅しておらず、翌日改めて、「こういうことがあって、母のことに思い至った」という話をしようと思っていた。

と、言うのも、少し前から夜

もっとみる

許すということ

愛が大きければ、どんなことでも許せるのだと思います。

何があっても許そうと思います。それが与えられた使命なのだと思います。

深い深い愛情があれば、何でも誰でもいつでも許せるのです。深い愛情で、世の中を見て、人を照らして、包んで癒しを起こしたいのです。

昨日あった嫌な事をどう処理して良いか分からなかったのですが、心の中でひとしきり発散し、一晩経った今朝、胸がとても温かくて、優しい気持ちになって

もっとみる
私も大好きです!!ありがとうございます。
4