話題の本

本の記録#3 アウトプット大全

こんにちは、やすほです〜!

さてさて、本の記録#3は樺沢紫苑さんの『学びを結果に変える アウトプット大全』にしました。この本が最寄りの駅ナカの書店のランキングで1位になっていてGoogle先生で調べてみたところ、レビュー☆5つや評価100%と高評価の嵐!早速手に取ってみようと読み始めました。この本の著者である樺沢さんは作家と精神科医の2足のわらじ!そして、これまた一時本屋さんで話題となった『読ん

もっとみる

キャリアに迷う学生、20代の必読書評 ; 苦しかった時の話をしようか

タイトルにある通り、キャリアに迷う20代なので
書店の話題書コーナーでビビっと来てしまい、
手に取りました

学生、20代の方に関わらず

・これから就職、転職をする人
・キャリアプランを考えたい人
・今の会社、自分の市場価値に不安な人

には下記の効果が期待できると思います。

・自分の性質を検証する章があり、
自己分析ができる
・将来の目標の設定がしやすくなる
・自分の仕事への向き合い

もっとみる

8月2日 羽田空港 山下書店

ビジネス関連の書籍のタイトルを見ると楽しい。
今どういう問題が起きて
どういう課題が解決したいかがわかるから。

お金に関する書籍が年々増えてます。
これは決して気のせいではないですね。
これは、「お金儲け」という意味のお金ではなく
お金とはどういうものなのか
お金の正しい使い方など
お金と向き合うための知識が求められているからと言えます。

まぁ確かに「お金教育」は日本の学校では学びませんから

もっとみる

SHOOROOM前田祐二の人生の勝算よりもオリラジ中田敦彦の労働2.0が売れると思う理由

私はメモの魔力、労働2.0、人生の勝算という順番で前田さんとオリラジ中田さんの本を読みましたが

売れる冊数は

メモの魔力>>>>労働2.0>人生の勝算

と私は予想します。

全部ビジネス本としてはかなり売れると思うんですけど

メモの魔力は技術の本、教科書的な存在なので圧倒的な記録を残すと思います。

労働2.0と人生の勝算は著者の体験記というスタイルであり、思考の方法を具体的に教えてくれる

もっとみる

編集担当者のメッセージ<その3>「勇気くじき」でなく「勇気づけ」の本

おかげさまで、
1月18日発売でたちまち3刷・3万部。
北野唯我さんの新刊『天才を殺す凡人』応援隊のSです。

このnoteでは、編集担当のS、
営業担当のTからの情報を、応援Sが発信していきます。

編集担当Sからのメッセージ、
本書の読みどころ。3回目です。

*****
「天才、秀才、凡人」理論にとどまらず、人の能力・性格・行動診断や分類というのは、自分を測る1つのモノサシとして捉えれ

もっとみる

「週刊キャプロア出版(創刊号): 表現と発信」が発売になったよ。

週刊キャプロア出版(創刊号): 表現と発信
https://amzn.to/2L2LXXf

内容紹介
この『週刊キャプロア出版』創刊号は、新しい試みから生まれた最初の1冊です。

私たちは、新しい出版社のかたちを目指し模索しています。日々、変化と進化を続けています。メンバーの住んでいる場所も日本各地から海外と多岐にわたります。

全ての会議がFacebookのメッセンジャーグループ(キャプロア出

もっとみる