関東管領

神奈川県内の石造物⑭:怒田宝篋印塔(伝・藤原範茂の墓)

名称:怒田宝篋印塔

伝承など:藤原範茂の墓

所在地:神奈川県南足柄市怒田 範茂史跡公園

伊豆箱根鉄道大雄山線の終点の大雄山駅から北方にしばらく行った足柄台中学校の後方の高台にある範茂史跡公園は、その名の通り藤原範茂の墓を中心にして造られている。

範茂は後鳥羽上皇の近臣で、承久の乱に際して首謀者の一人として捕らえれ、乱後に鎌倉に護送される途中この地で処刑された。

園内の宝篋印塔は、範茂を葬

もっとみる

神奈川県内の石造物⑫:西方寺跡層塔(伝・上杉憲方の墓)

名称:西方寺跡層塔

伝承など:上杉憲方の墓

所在地:神奈川県鎌倉市極楽寺 西方寺跡

江ノ島電鉄極楽寺駅から極楽寺坂の切通方面に歩いてまもなく、切通の登り口に差し掛かる手前の細い道を進んだ空き地に、中世の石造物が建ち並んでいる。

かつてこの地にあった西方寺ゆかりの石塔で、このうち七重の層塔(二枚目)は上杉憲方の墓と伝承される。

憲方は室町時代前期の関東管領で、二代鎌倉公方の足利氏満に仕えた

もっとみる

第159回 山城の面白さを語る

1、読書記録6

昨日のノートでご恵送シリーズとして文化財調査報告書の紹介をしましたが、

それ以外でもおススメの新書や小説などをシェアしていきたいと思います。

書いたものは

読書記録

というマガジンに収めていきます。

読書メーターというアプリを利用してる方はそちらとも連動させていくので是非のぞいてみてください。

今回は取り上げるのは

西股総夫

『杉山城の時代』

城郭研究者である著

もっとみる