電話対応

声しか聞こえないからこそ、気持ちが経験に勝つ!【それこそ電話対応】

別会社の格安シムの乗り換えで電話をしたときの話。

私「解約したいのですが…」
男性「あぁーそうですか。大変残念です。」

(うっわぁ…ひっでぇ棒読み。不快感すら感じてしまう。)

その後も感情が欠如してしまったかのような棒読みで、
手続きの話を続きました。

男性「誠に残念ではございますが、いままでご利用いただきありがとうございました。」ガシャン!

私「やっと終わったぁ…疲れが半端ない。」

もっとみる

代表電話番はかけにくい電話に「ありがとう」と言いたいのです

今日もまた代表電話番をしています。

電話対応について第3回。今回は小話。

一般事務、苦手だな、と思いつつもなんとかやっていますが、たまに「今、気持ちの良いやりとりができたな」と感じることがあります。

それは、「申し訳なさそうに電話をかけてきた相手」に「ご連絡くださり、ありがとうございました」と言えた時です。

かけにくい電話は色々あります。

・定期購読の中止
・返品
・注文のキャンセル

もっとみる

先輩や上司が電話を取れという理由・・・

どこの会社も代表の電話番号とか部署の電話とかありますよね?あれ、鳴りっぱなしにするのはどうかと思うんです。だから私は最近しがないおっさんで先輩でもあり、上司でもあり、正直電話なんて取らなくて良い立場かもしれませんが、私が気がついたら誰よりも早く電話を取る気満々で周りをびびらせているのかもしれません。

それは、かけてくれる相手に失礼にならないように早く電話を受けるという前提もありますが、電話が鳴っ

もっとみる

AV電話事件

高校2年生から、レンタルショップでアルバイトを始めた。田舎町にポツンと佇むチェーン店で、客層は地元のじいちゃんばあちゃん、学校帰りの学生達。
ドラッグストアのバイト面接に落ち、ヤケクソになって選んだアルバイトだったが、従業員はゲーマー、アニオタなど全員オタクだったので、2年間頑張って働いた。(休憩の時に覗いた店長のパ○ドラ絶対課金してる)

従業員も個性が豊かな人たちばかりだったが、そ

もっとみる

「笑声」で電話対応にトライ!トライ!トライ!

人の声って不思議なもので
目の前に相手がいないのに、電話の声を聞くだけで
その人の状態を察知する能力が誰しにも備わっています。

「今日は不機嫌そうだな?」
「なんか業務的な対応の仕方だな!」
「いいことあったのかな?」

だから私は電話対応には細心の注意を払うように心がけています。
意識しているのは

「笑声」

笑顔で声を出す声のことを、笑声と言います。

ここでちょっと実験コーナー\(^o^

もっとみる

よそゆきの声

「だれ!?」何度言われただろう。仕事用の電話をひとたび取れば、わたしはまるで別人のように喋るらしい。意識的に切り替えているつもりはないのだけど、不思議とスイッチが入るんだろう。

普段の声と違う発声は、たぶんパチンコ屋とコールセンターで身につけたのだろうと思う。パチ屋ではカウンタースタッフとしてカウンターに立ち、マイクを使ってアナウンスをしていた。パチ屋の喧騒さは言わずもがな、マイクを使うといった

もっとみる

午後9時。

午後9時。タウンホール駅のホーム。
俺はシティで開催中のシドニー日本映画祭を訪れ、夕食をとってから帰宅の途についていた。映画は面白かったが、夕食はさんざんだった。金を支払って不味いものを食べたのは久しぶりだった。それが日本人経営のジャパレスだったからなおのこと。あんなに不味い天ぷらなんかあり得ない。あまりにも不味いので、口から何度か良くない言葉がこぼれてしまった。

そんなこともあって、折角のいい

もっとみる

【#11】なぜコールセンターを続けているのか?(私の場合)

「未経験者歓迎」

というメリットもあり、

コールセンター業の世界に

入りやすいことは事実です。

長く続かず

辞めてしまう方も多いことから、

採用人数が多いのも

入りやすい理由かもしれません。

そんな業界で

私自身がなぜ

コールセンター業を続けているのかを

このお仕事に興味がある方や

これから始めるという方に向けて

シェアしたいと思います。

私は

電話が苦手です。

もっとみる

代表電話番のささやかな「話す順番」の工夫

日々電話を取っている中で、そういえばこういう工夫しているな、と気づいたのは、話す順番。

電話って、メールやFAXと違って手元にログが残りません。次から次へと言葉は流れて消えていく。

そのうえ、日本語は結論が最後にきがちです。
なんなら主語まで省略してしまう。

これが大変。

何が言いたいのか、何の話なのかなかなかわからなかったり、前後関係がつながっていなかったり。

結論に至るまで、情報が出

もっとみる

英語の電話対応は実は難しくない!?鍵を握るのは独り言です

こんにちは、今回は英語での電話対応の攻略方法についてのお話です。オーストラリアで生活しているといつかやってくるであろう英語での電話。
オーストラリアで働いてる人はすでに日常的に電話対応をしている人もいるかもしれません。

私自身もオーストラリアで職に就いてから英語での電話対応する機会が増えてきたのですが、最初の頃は本当に何喋ったらいいかわからないし、相手の顔も見えないし、相手側の環境音とかがうるさ

もっとみる