高気密高断熱

建ててからもできる気密・断熱①

いままで様々な高気密・高断熱とは何なのか、どんなメリットがあるのかを紹介してきました。

これからお家を建てる方にはちゃんと気密・断熱を取った施工をしてくれるハウスメーカーや工務店を選択することができます。

しかし、

新築で建ててるし・・・

建替えをするには予算が・・・

といったかたもみえます。

多くの方にとって家は一番大きな買い物で

家具家電や消耗品のように良いものが出たら買い替えよ

もっとみる

パッシブハウスに住もう①

パッシブハウス という言葉を聞いたことがありますか?

パッシブハウス 
気候変動を止めるための家の燃費と、その実現のために必要なエネルギー効率設計から導き出された世界基準の認定をうけた家

この基準を満たすためには
高気密高断熱住宅にすることももちろん大事ですが
自然の力を最大限に生かす設計が重要です。

あったかくて、涼しい家にするため
エネルギーをたくさん使って
毎月の光熱費におびえ、環境に

もっとみる

子育て家族にも嬉しい高気密高断熱③

「シックハウス症候群」

以前にもシックハウス症候群について書きましたが今回は子供目線でのお話を

近年は様々な対策が取られていて症状の出る人は減ってきています。

しかし減ってるから気にしなくても大丈夫というわけではありません。

子供、特に乳児は免疫力も低く肌も弱いです。

大人には症状の出ない量の有害物質でも子供にとっては許容できず症状が出てしまうことがあります。

更に症状を引き起こす有害

もっとみる

子育て家族にも嬉しい高気密高断熱②

前回、高気密高断熱の家は熱中症のリスクだけでなくエアコンの電気代を減らせることを紹介しましたが、

今回は、忙しい朝の時間を効率的に!?「朝の目覚め」の良いことを紹介していきます♪

「子供がなかなか起きてこない!!!」

なにかとバタつく朝の時間⏰

子供が起きてこなくてイライラ・・・

これを体験する方はきっと多いのではないでしょうか?

夏場は体が汗でべたついてすっきりしない・・・

冬場は

もっとみる

子育て家族にも嬉しい高気密高断熱①

”高気密高断熱”の家が子育て家族にも嬉しいことはご存知でしたか?

身体・健康に良い家と言っているのだから当たり前なのでは?と思われるかもしれませんね。

今まで様々な高気密高断熱の利点を紹介してきましたが、

今回は子育て家族にとって特に優しく嬉しい点を紹介していきます。

①熱中症のリスクが減る

これからの時期”熱中症”といったワードを聞くことが増えてきます。

大人は自分で水分を取ったり、

もっとみる

壁内結露を防ぐ

「壁内結露は怖い」ということをご存知でしょうか

《結露》は日常生活でもよく見ることが出来る現象で

夏に冷たい飲み物を出すと、コップの周りにつくのがそれです。

つまり、冷たい物に暖かい空気が触れ、

その空気に含まれた水蒸気が水滴となって表れる現象です。

コレを住宅に置き換えると

寒い冬、暖房で家の中をあたためる事によって

室内の暖かい空気が壁(断熱材)の内部に侵入し、

水蒸気を含むこ

もっとみる

有料noteをご購入いただいた皆様へ

こんにちは!ともこ@住宅ライターです。

先日公開しました有料note、

工務店向け!これは真似できる「一条工務店の集客術」

をご購入いただきました皆様、誠にありがとうございます。

おかげさまで50本となりました。

note会員の方にはメールをお送りすることができましたが、会員ではない方には、この場をお借りして、お礼申し上げます。

また、サポーターになってくださった方もいて、合わせて感謝

もっとみる

工務店向け!これは真似できる「一条工務店の集客術」

こんにちは!

ともこ@住宅ライター(@writertmk)です。

少し前、勉強のために一条工務店の住宅展示場へ行ってきました。
潜入調査ではなく、

「私は住宅ライターです。すぐに家建てないけど、勉強のために見学させてください!」
と、きちんとご了承をいただいて。

まず、私はすぐ利益に直結するお客さんじゃないのに、神対応いただきました。断熱性能や床暖房について細かく説明いただきましたし、

もっとみる

ラジオに出て、発見!したこと

こんにちは、ともこ@住宅ライター(@writertmk)です。

先日、急遽ラジオに出させていただきました。そのラジオはこちら↓

Hello NEW ! 新居浜FM

はやくも2回目の出演です。3月2回も出させていただきました。ありがとうございます!!!

前回は、「しこくらいふ」さんのラジオコンテンツのゲストとしてお招きいただきました。今回は、ディレクターの皆尾さんに直接オファーをいただき、住

もっとみる

ともこ@住宅ライターができるまで

もともと住宅を専門にしていたわけではない。

かれこれ8年前のことです。会社員時代、トータルで5年くらいタウン誌と住宅誌の営業をしていた私( @writertmk )が、ノリで「フリーライター」になった。文章そこまで得意じゃないけど、雑誌づくりのことは知ってるから。

始めた頃は、営業脳から編集脳に切り替えるのに時間がかかった。セールスじゃなくてコンテンツ。でも、今ではどっちもできるって強みになっ

もっとみる