100万分の1

その自信、根拠ありますか?

しつこいようで申し訳ないです。

私の記事への返歌をいただきました。

拙い話を読んでいただきありがとうございます。お話はごもっともなので、読んでいただければと思いますが、私がインスパイアされたことをもう少し書かせてください。

この中で、さとなおさんは、100分の1の作り方として、私が書いたような大変さを中和するように、下記のように書いておられます。

「漠然とではなく、イメージとして具体的に考

もっとみる

1/100の作り方について

noteで「とはいえ100分の1って大変だよなぁ」という記事を拝見しました。

ボクの「1/100をつくろう」という記事と「アートの教養を身につけたい3つの理由」という記事を読んで引用していただきました。ありがとうございます。

記事の内容については、それはその通りですね。
大変は大変だし、また、99人の側でいる生き方も全然ありだと思います。

よく誤解されますが、ボクはかなりの面倒くさがりです(

もっとみる
ありがとうございます!じっくりじんわり書いていきます。
103

100分の1になるには基準を持つのが大事

さとなおウォッチャーのfujita244です(笑)

 恐れ多くも、さとなおさんと自分を比べて、人生のあり方を考えるシリーズ(だったのか、これ?)ですが、なんと、ご本人にスキをいただいております。ありがとうございます。

 このご本人にスキをいただく感じは、昔のブログでトラックバックを貼って、コメント欄にご本人登場な感じを思い出しますね。

(といっても知らない人が多いかもしれませんね。トラックバ

もっとみる

100分の1って大変だなあと改めて思った

まさに100分の1ってこういうことだから、という話。

昨日、さとなおさんの100分の1を作るという話に触発されて、いかに自分がなり損なったかを書きました。

まあ、お前のごとき偽物と比べんなよということなのですが、次の日に書かれた冒頭の記事を読んでいただければ、さとなおさんがいう100分の1の志の高さ、レベルの高さがわかっていただけると思います。

1000日努力してたどり着けるかどうかというレ

もっとみる

100万分の1になり損なったなあという話

noteを読んでいたら、この記事が飛び込んできた。

さとなおさんについては、今更説明しませんが、この方と私の間には、いつも誰か一人挟まったくらいの距離感で、ところが全然会えない、という関係です。

さとなおさんが電通のクリエイターだった頃に、電通の子会社である電通テックなどから仕事を受けていた製作会社にいたり、ジバランという覆面レストランガイドに友人が参加していたり、「明日の広告」という本を出さ

もっとみる

これからの社会「100万分の1の存在」

皆さんこんにちは、一浪です。

皆さんは何か楽しめることや趣味などはありますか?

そのほかに、勤めている会社や生業としていることなどを思い浮かべてみてください。

今思い浮かべたものは全て、あなたを形作る大切なものです。
現代までは仕事は一つで、趣味なども2、3個が限度でした。

ですが今は、複数の仕事をすることが必要な時代です。

そして、周りに自分と同じ人がいない希少価値を生み出されば自分の

もっとみる

旗を立てろ!

毎朝3時に起きる村田信之です……

藤原和博さんから教わったこと@朝渋、その2。
(3はないです)

「旗を立てろ!」

藤原さんの主張は、「ふつうの人でも3つの掛け算で一流になれる」
ここ数年、これおっしゃってますね、ずっと。

「100万分の1の人材になろう」

オリンピックのメダリストが100万分の1の選手らしい。
100万人の中の頂点。

どうすれば「ふつうの人」が、メダリスト級になれるか

もっとみる

藤原和博の必ず食える1%の人になる方法

2013.8 藤原和博

社長・自営業・公務員・研究者タイプの4つの生き方に分類。

セルフエンプロイドの意識。

1万時間で技術を身につける。

他の人を楽しませる意識をしながら「好き」を極める。

100万分の1のレアな存在になれるのか?

ホリエモンのブロマガ、ホリエモンWITHで

「100分の1×3」の人材になる

で紹介され妙に納得、これならば自分にも出来るかもしれないし息子君にもこういう考え方を教えていくべきではないかと思った。100万分の1と聞くとまず絶対無理と初めの時点でシャットアウトしてしまう。しかし、100分の1と聞くと努力次第では届くのではないかと思わせる。それを3つかけ合わせればいいとというもの。

本を読んでみ

もっとみる

いまからでも間に開くのか?!⇨
100万分の1のレアな人材になるには? 藤原和博氏が教える、自分の付加価値を上げる三角形http://logmi.jp/131707