子供と離れる罪悪感

月平均6日帰宅

それは月に6回子供と一緒に自宅の布団で寝られる、ということなのですが、

・6日しかいられないなんてありえない

・信じられない

・子供達がかわいそう

・子供が精神に異常をきたす

・うちなら離婚ものだ

・旦那さんに同情する

とにかくまぁ、いろいろと言われました。

”非常識な母親”か?

周囲の反応に対する覚悟はしていましたが、子供が絶対不幸になるという予言はさすがに堪

もっとみる

下手なアドバイスと情報提供は紙一重。

『あなたに私の何が分かるの?』と反感を買った瞬間、心のシャッターがおりる。

言葉の選び方は大切。でもそれはテクニックの話ではない。言葉の選択を決めるのは結局人としての在り方。

どれだけ相手に敬意を払って真剣に生きているかなんだと思う。

PDCAの『C(振り返り)』が苦手な人って案外多いのかもしれない。

一日最大4本、月35近く飛ぶCAは『振り返り』が得意。というか振り返りばかり。

計画して、実際やってみて、どうだったか?で、次どうするか?

No 振り返り、No 進化。

ありがとうございます💛また遊びに来てください(*´艸`*)
3

復職がこわいのは当たり前。だって人間にとって変化は脅威だから。でも変化することでしか人間は成長することはできません。大切な人の成長に寄り添いたいなら、まずは私自身が変化することから。
https://ameblo.jp/chisaki53/entry-12433003358.html

鍼を一本。と新しい習慣をまた一つ追加。

先日、海老反りしてしまい、腰を痛めました。

フライトをしていると、腰痛や、ヘルニアになる乗務員も。

今回は、鍼灸の先生のサロン?へ。

じっくりと生活習慣を過去に遡って、カウンセリング。

便や尿についての色や、匂いや、アンケートがびっしり。経血については、じっくり観察しついるけれど、便、尿もカラダの状態を表しているし、今日から観察してみることにする。

生理についてのアンケートもぎっしり。

もっとみる

『もう会えないけどきっと絶対目を細めて応援してくれているはず…』

根拠はありませんがそう想える人が私の心の中には何人もいて、どんなに悲しいことがあっても悔しいことがあっても、

”生き切る”ということをなかなか諦めさせてくれないのです。

という往生際が悪いというお話(笑)

フライト先での妊娠前の食事🍽はこんな感じ。

こんにちは。Tomokoです。

妊娠にトライするまでに、妊娠に向けて、

カラダを整えよう!

と始めた、食事改革。

フライト先でも、意識して食べてます。

今回の3日パターンでは、

おやつに、焼き芋。

台湾の焼き芋は、コンビニにもあるくらいメジャーです。ふわふわでジューシー。

クルーセンターのコンビニにも焼き芋があって、フライト前に食べたり、結構人気で昼過ぎには無くなってしまう。そこか

もっとみる

どうやったらあの人を大切にできるかな…どうやったらあの人の不安を取り除いてあげられるかな…どうやったらあの人に笑顔になってもらえるかな…私に何ができるだろうか…

そんなことを考えている人を私は応援したい。だってそんなことを考えている人は、どうしようもなく優しい人だから。

今日は日帰り羽田です✈

空港へのいつもの道。

復職ミーティングに参加するため、今日は日帰りで羽田です。

息子から感染した溶連菌は看病疲れの体に堪えます(>_<)ノドイタイ

空港のいつもの待合室。

何が違うのかといったら今の私には使いこなしたい武器があって、

バスでも待合室でもオンラインコーチングの録画を文字化していたこと。

私がトラストコーチングにフィットした理由

様々なコーチングスクールがある中私がトラ

もっとみる