ニホン人は外に出て日和見できない

二つの投稿記事が期せずして同内容のものだったので、二つ合わせて語ってみたいとおもいました。

どうしても批判的になってしまうのは勘弁していただいて、その中から、海外の日本人はどうしたら普通に立ち回れるか、またどうしたら日本人としての拠り所を、相手に説明できるか、それがむしろ自分のアイデンティティーになるんじゃないのか、そうかんじたのです。

***

日本人男性はなぜアメリカでモテないのか?
松井

もっとみる

アリストテレス的実験検証は絶対欠かせない

これを書く前にひとこと、多くの皆様がこれを読んでいただいてなおスキも付与していただき、まことにありがとうございます。内容といっても特別トリッキーなこと、よくいう「意識高い系」でもなく、日々日常のなかで思うふとした疑問、コレいつからあったのか、と考えると案外、2000年前からぜんぜんおなじことをしていた、という事象が可笑しくてどうにもなりません。例えば「レンズ屈折歪み」がよい例でした。そのギリシア時

もっとみる

アリストテレス的分析は明日も欠かせない

私の白熱教室「アリちゃんのヤカン沸騰とトイレの鍵が開かない」実験の巻.a1ですが、いまだ誰も知らない、という点では、それらと同一ですが、スタッフ1名、予算0、パソコン2、愛猫1、こりゃ余計~で実験と呼ぶには詐欺的行為に等しい。

一時中断・・・(アアア 電話がなって緊急仕事依頼・・・、一時とめて続編は13時予定)

と外に出で、いま帰りましたので続きです。

その間、あっちこっちから訪問者が訪れて

もっとみる

アリストテレス的実験は今も欠かせない

2000年以上にわたって科学者を悩ませた「レンズの収差問題」がついに解決される・・・

という記事が今朝あったので早速紹介しましょう。

レンズの球面収差については、2000年以上前のギリシャの数学者であるディオクレスが言及していました。また、17世紀の数学者クリスティアーン・ホイヘンスは1690年に著書「光についての論考」の中で、アイザック・ニュートンやゴットフリート・ライプニッツが望遠鏡のレン

もっとみる

まだ見ぬ書き手に、noteで出会う方法

noteは、居心地のよい本屋のようだ。

TLは自分専用の本棚で、お気に入りの書き手の物語が並んでいる。

のぞけば好きなジャンルの本がずらっとそろっている。ただ、たまに違う分野の本棚も覗いてみたくなる。

よっし、今日は新しい書き手に会いに行こう。そうなると便利なのがタグを使って探すこと。けれど「人気タグ」をたどるにしても、膨大な数がある。

もっとピンポイントに、でもランダムに書き手と出会うに

もっとみる

noteを10記事投稿してみて

今回の投稿でnoteが10記事になる。初投稿が3週間前だから、3日に1記事ペースを保てたことになる。「6月中に10記事」が当面の目標だったので、予定通りと言っていいだろう。

ぼくは何でも見切り発車でスタートするタイプ。noteも機能や方針は「書きながら積み上げていけばいいや!」という考え。それよりも「自分も書いてみたい」と思った気持ちを大事にしていこう、と。

10記事では「スタートラインに立っ

もっとみる

noteのディレクターさんにnoteについて聞いてきました

6月某日、noteを運営されているピースオブケイクさんのオフィスを訪問させていただきました。
そこでディレクターの水野さんに魅力的なnote / たくさん読んでもらえるnote についてお話を聞いてきたことと、私が感じたことを書きたいと思います。

noteを読んでいる人について

noteの特徴の1つは、記事の読了率が高いことだそうです。

写真や動画などで視覚に訴えるInstagram、140

もっとみる

もっとnoteを活用したい!と考えている人、絶賛募集しています。

私自身もっとnoteを活用したいと思っているので、おもしろい使い方や活用方法について情報交換したり、共有したりするフォロワーさん募集しています。

・noteをもっと活用したい
・noteを使ってチャレンジしたいことがある
・いまいちnoteの使い方が分かってない(これから勉強)
・どんな使い方をしていけばいいか悩んでいる

こんな方は、私と一緒にnote楽しみましょう!

勉強会(東京や大阪など

もっとみる

複数運営しているnoteのアクセス数を見比べてみたらやるべきことが明確になってきた

以前、こちらのnoteで複数のアカウントを運営しているとチラッと書きました。

それら複数運営しているnoteについて、アクセスを見比べながら今の現状と今後の課題や方針などについて考えてみます。

将来的に既存媒体との連携を視野に入れている理由だけでなく、ただ毎日更新しているだけのnoteだとどうなるのか、どんな購読層がいて、どういったジャンルに興味をもっている人が多いのかを知りたいこともあって複

もっとみる