はとこ

商品プランナー、半分公務員。感情論に流されず、理論的で知性ある行動ができる女性でありたい。

それでも、世界は愛で溢れていると思いたい。

友人が一冊の本を贈ってくれた。
少しスピリチュアルな感覚を持つ彼女からの贈り物は聖書のような心の本だったのだけど、久々に半身浴しながら一気に読めるほどのボリュームだった。

この3年ほど、おそらく側から見ると私の人生は大きく狂ってしまったように見えるだろうと思う。
身内の不幸も重なったし、自分でもどうしてこうなったのだろう?と思う事がしばしば…いや、毎日思っていた時期もあった。

でも不思議と

もっとみる

『よそ者』ですが、何か。

私は地域活性に携わる仕事をしていますが、よく『若者、よそ者、バカ者』というフレーズが聞かれます。

今、私は『よそ者』として地域活性に関わっています。
過去の経験から、『よそ者』の必要性と『よそ者』がいかに頓珍漢かということは身をもって感じていますが、今私がまさに!その立場なのであります。

『若者、よそ者、バカ者』に続く最近のキーワードである『女性目線』まで兼ね備えてしまっているわけですから・・

もっとみる

9月は長距離遠征(海外出張)でほぼ留守でした… 楽しくnote復活します♪

ありがとうございます❤️ これからもよろしくお願いします。
2

19、浮気の対処

2014年4月

3月中に何日か打ち合わせに行った後、4月1日きっちりに私の仕事は始まった。
着慣れないスーツに身を包んだ新入社員達が乗る電車に乗り込んで、少しだけこなれた服装の私も同じように緊張していた。

仕事に合わせて、いくらか洋服を新調した。
15年前はデパートの中か紳士服専門店でも揃わなかった女性の働くための服が今は豊富に揃う。楽天でいいショップを見つけたので、出かけずに済んだ。

和也

もっとみる

グローバル意識の高い子供の育て方。

私には18歳、16歳の2人の子供がいます。
今、二人とも高校生です。

長男は公立の進学校に通っています。いよいよ受験生となりました。
彼は高校1年の秋に英検2級に合格し、模擬試験では他の教科はともかく英語だけは9割取れるようになってきています。

次男はキリスト系の私立高校を選び、寮生活をしています。全国から牧師さんのお子様達や、その信者のお子様達が集まるためハーフも多く、自由で国際的な雰囲気の

もっとみる
ありがとうございます❤️ これからもよろしくお願いします。
4

18、悪魔さがし

2017年5月

仕事は順調だった。
なんだかんだで1週間の休暇は効果的だったようだ。私の人生にとって仕事を続ける事が必要だということを思い知らされた。
専業主婦という生き方は、きっと、私をモンスターにしたはずだ。自分だけは違うはずだと思っても環境が人を変えるのだ。

こうして社会と関わりお金をいただいている。会社の利益追求の一助を担っているという事実は私を強くしたし、自信になった。
同時に今まで

もっとみる