いじめ被害

自称スクールカースト三軍〜中学の三軍同士の人間関係の実態で知ったこと〜

学生時代の大半は所謂 #スクールカースト 三軍に属していた。

スクールカーストの種類分けでは、

一軍→野球部やサッカー部等のメジャーな運動部に所属する人やヤンキーやギャル等の不良グループで口数が多いコミュニケーション能力に長ける人

二軍→バドミントン部や卓球部等の地味な運動部、私が所属していた吹奏楽部等の上位文化部の所属者、かつごく普通の人達

三軍→  #ヲタク 趣味、上記以外の文化部所属

もっとみる

付きまとい行為から逃げられた達成感

今日のジム帰りに 4代ぐらいの冴えない男性に自転車に乗りなら1キロ程尾行され、恐ろしく感じでしまったまま帰宅した。

その時私が取った行動と心情を簡単に執筆しよう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

台風の予報が出た東京は雨が上がり、外出可能な状態になる天候にだった。

背後からいきなりいきなり見知らぬ男性に弱々しそうな感じで声をかけられ、

「雨が止んでよかったですね」

と言われ、

もっとみる

職場に1人はハラスメント相談者の配置を

社会人生活23年間を通して 様々な形の #ハラスメント 被害を受けており、相談相手にすべきな上司や先輩らの不対応で働きづらい日々を送った。

彼〃彼女らは不幸にも法律の不知識さは勿論、

社会的弱者を陥れだ後の始末の仕方が身についていないと思う。

そこでnoteで #こんな社会だったらいいな というお題で、

ハラスメントに関する問題提起を前職在籍中に考えていたことを纏め執筆することにした。

もっとみる

「いじめ」って?

こんにちは、Takechanです。タイトルで驚いた方ごめんなさい。でも、是非とも聞いてもらいたいお話です。なぜこんな記事を書こうかと思ったかというと、ふと小学校時代についての記事を書こうとした時に、小学校でいじめられていた記憶が蘇ってきたからです。公立の小学校に通っていた僕は小学校時代(小学2年生のとき)暴力、暴言はもちろん、靴の中に動物の死骸や食品が入ってるなど悪質ないじめを受けていました。毎日

もっとみる
ありがとうございます!フォローもよろしくお願いします
7

胸が締め付けられるいじめの実態。舞台「親の顔が見たい」

昨日8/23(金)、ラゾーナ川崎にて上演中の「親の顔が見たい」を観劇した。

詳細はこちら↓↓↓

現役の教師の方々が出演され、作品自体は、今回で3回目の再演。

入念な取材を元にしたフィクションとのことだったが、途中までとても苦しい思いをしながらどういう結末が待っているのだろうとドキドキしながら拝見した。

だが、こういった社会問題を丁寧に演劇で表現する。

事実に目を背けず、俳優の感情表現で問

もっとみる

窒息しそうだった君へ

子どもたちが夏休みに入ると、仕事で中学生と触れる機会がグンと増える。それが理由かは分からないけれど、やたらと自分の中学時代のことを思い出す。眩しいくらいの日差しに、作り物みたいな空の青が、あの頃と変わらないように見えるから、かもしれない。見ている場所が違うんだから、そんなわけないのだけれど。
 私の中学校生活は、一言でいうと“クソみたいな毎日”だった。人の目が怖くていつも胃が絞られている気がしたし

もっとみる

無印OL物語の一節を回想する

#群ようこ さんが執筆された 「 #無印OL物語 」を3新人時代に、

会社員時代の環境に不慣れな状態にいる私に相応しい

と思いつつ、購読した。

本の虫である実姉に、

群ようこの本を普通に読んだら30分で読み終える

と揶揄された。

この違いはテーマを決めた短編を集めた作品を一冊にしており、特に私の半生に影響されたものをあげてみることにした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もっとみる

西城秀樹さんに関すること 〜ジャガー〜

#西城秀樹 さんの表題の歌詞を細かく噛み砕いたらいくつかキーワードが私の脳内に浮かんだ。

自己犠牲によって身を呈し、大切な人を守っていく勇敢さ

会話する時に相手の目を見ない相手に対する怒りから仕向けさせる時に起きる感情

幼い頃に生前のコンサート等危険なことをしていることがあった激しさを表現する性格になった

以上の事から生育歴に関連することを連想され、

命掛けの歌

と呼ん

もっとみる

不本意な人生から自分らしさへの架け橋

#子宮筋腫 の悪化に伴う手術で入院した当時の主治医とのやり取りを執筆した2記事の他に、その中の深部に当たる過去の話も併せ、noteで募集している #人生を変えた出会い というお題の告知を受け、何らかの形で主治医と再会できることを願って再執筆することにした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

初対面時に出た「不本意」という言葉

入院した病院に定期検診の為に何度か訪れており、 子宮筋腫の

もっとみる

協力という名の犠牲

noteで募集されている

  #チームだからできたこと

というお題から連想するものは

協力 

という直筆の文字である。

直近の例でいえば、

 #要介護 とはいえないレベルだが、腰痛を患っている実父に代わって家事の世話をしたり、 #高齢ドライバー による事故防止対策として運転免許証の返納に伴う車の売却による生活の激変

から、私にしわ寄せされた形で

#8050問題 に関連した試

もっとみる