はじめての投稿

秋も深まり、栗のおいしい季節になってきました。

このテキストの中で太字にできる

中心寄せも

ここは引用をかくところ

swiftlet note = “ここはcode領域”

もっとみる

「ことば」より実行で実現!2分で読める読書大学 vol.8

こんにちは!よねちゃんです。

最近は「2分で読める」のマガジンが連載していますが、「読書大学」ももう少ししたら再開するのでお楽しみに。

今回は、夢の実現のステップは3ステップに分かれてるって話を。

夢を語るのは良いことです。でも、それだけで実現しないのが「夢」。

だから、叶うはずで夢見ていて叶わなくて葛藤が起きやすいのかな、って最近周りを見たときによく感じます。

確かに、夢を言葉にして語

もっとみる
嬉しいです!ありがとうございます!良ければシェアお願いします...!
5

「空気なんて読まずに、鈍感にやりたいことをやれ!」2分で読める読書大学vol.7

こんにちは!病み上がりのよねちゃんです!

自分が小さかったときのことでしょうか。

熱が上がるときって頭が痛かったりするわけですが、いつもとは異なる思考回路になるわけです。

今回頭の中を駆け巡ったのが「空気を読む」ということばだったので、今日はそれについて。

「空気を読む」という言葉が流行語になり、空気を読めない人は「KY」と呼ばれていました。

「KY」という言葉にはネガティブなニュアンス

もっとみる
嬉しいです!ありがとうございます!

何ヶ月も前に辛くてどうしようもなくて書き始めた記事を投稿してみた。文章を書くことってすごく心身ともに消耗する。

「空気を打破せよ!見えない圧力の構造と抜け道とは(後編)」読書大学 vol.4

こんばんは!読書大学のよねちゃんです。

全3回を通して行ってきた『今まで聞いたことないけど知っておきたかった「空気」の授業』も今回でラストです。

前編では

・なぜ、極端に重たい空気が日本で多いのだろうか?
・妖怪が、合理的な思考をゆがめているのだ
・これほどまでに、空気を打破するのが難しい理由
・「善悪の基準」はムラごとに異なっている

この4点について導入として紹介しました。
詳細はこちら

もっとみる
嬉しいです!ありがとうございます!

はじめての教会で。

2019/10/06 「教会」という場所にはじめていった。

私が行った教会は、lifehouse TOKYO 六本木。

友人に連れて行ってもらった。

彼はいつも私に’’良い問いかけ’’をくれる存在で、いつも私に何かを与えてくれる人。

彼がクリスチャンになったときのことや、そのきっかけを教えてもらっていたし、教会のことも少し聞いていた。教会に向かう途中は少しばかりドキドキしたけど、そのことよ

もっとみる

古本市で本を売ってみたら意外と売れたし何よりモテた

古本市で本を売ってみました。

11時から売り始めました。16時まで売って結果12,100円の売上。
だいたい定価の半値で売ってます。
意外と売れたし、そして何より女性にモテました。やった!

初めての古本市出店で気づいたことまとめます。
参加したのは『BOOKマルシェ佐賀2019』の一箱古本市です。

①"一箱"古本市だからって一箱でいいはずない!

イベントタイトルを鵜呑みにして箱ひとつで来ま

もっとみる

「空気を打破せよ!見えない圧力の構造と抜け道とは(前編)」読書大学 vol.2

こんにちは!読書大学のよねちゃんです。

皆さんは、すでに読書大学 vol.1 を読み終えていますでしょうか?

vol.2 の今回は、私たちの思考と行動を支配しているとも言える『空気』に関する授業です。

「空気を読め!」「空気を読むな!」

そんな言葉を小さい頃によく聞いていた人も多いでしょう。

それでも、ぶっちゃけ言うと「『空気』って何のこと?」と思った人も多いのではないでしょうか?

もっとみる
嬉しいです!ありがとうございます!良ければシェアお願いします...!
2

はじめての心理学にどうぞ。

こんばんは。cossory +(こっそりーぷらす)です。心理学の分野を勉強しています。皆さんの力になれればと思っています。よろしくお願いします。

 誰しも一度は、「あの人は何をかんがえているのかな?」や、「どうしてこんなに高い買い物したんだろう。。。」などの、思考に関係することを考えますよね? 

 そんな日常での「気になったこと」や「不思議に思ったこと」を心の働きから考えていこう!というのが、

もっとみる

新秋。9月の初めて。

毎月なにかの初心者に。
9月も色々と「初めて」のことができました。

Podcast「みんなの Lifetech Cast」リリース

「お前は見た目はちょっとあれだけど、声はいいから、ラジオのアナウンサーになってはどうか」
父が当時小学生だった私に言い放ってから早幾年。
誰に頼まれたわけではありませんが、音声メディアをはじめました。

Podcast、米国などで伸びていて、日本でもVoicyさん

もっとみる
うれしいです!
6