アナフラニール

【11/06受診・更新】今飲んでいる薬の話

本日4週ぶりの病院。薬もしっかりと処方された。

ついでに、インフルエンザの予防接種もしてきた。
とはいえ過信せず。風邪なんてひくときにはひくんだからくらいの心意気で。

備忘録代わりに、現在処方されている薬を。
【】内は前回比

すべて28日分

朝食後
・アナフラニール 10mg 1錠
・ベンスブロマロン 25mg 1錠

昼食後
なし

夕食後
・アナフラニール 10mg 1錠

就寝前

もっとみる

【10/9受診・更新】今飲んでいる薬の話

本日病院。薬もしっかりと処方された。

備忘録代わりに、現在処方されている薬を。
【】内は前回比

28日分

朝食後
・アナフラニール 10mg
・ベンスブロマロン 25mg

昼食後
なし

夕食後
・アナフラニール 10mg

就寝前
・トリプタノール 25mg
・セパゾン 1mg
・トリアゾラム 0.25mg
・センノシド 6mg

前回比、薬の量は増えることも減ることもなく、同じ量を処方

もっとみる
ありがとうございます!
4

立ちくらみという副作用に対峙する話

アナフラニールを服用していると、副作用として立ちくらみの症状が出るのは、以前に書いたことがある。

この症状は減薬してからも出ていて、その日の体調によって(その他要因含め)、立ち上がって百発百中で立ちくらむ場合もあれば、そんなに出ない日もある。

さて、問題は立ちくらみやすい日だということを忘れていた場合。
ついうっかり、部屋を出て立ちくらんだままトイレに行ったりする時に、いかにして家族に怪しまれ

もっとみる

気づけば二度目の減薬から二週間経った話

9月11日に診察をし、
朝食後・夕食後にアナフラニール10mgを1錠という処方になった。
そこから二週間、私の心身に起きている変化を。

まず、
一番ここを整えるべきであろう、気持ちの部分。

「可能性は限りなく低いが今の状態で起こるべき最悪の事態」
を常に想像し、苦しんでいた。
底無し沼のように、どんどんと深みに嵌っていく状態。

アナフラニールによって、その深みに嵌る寸前で留まっている状態。1

もっとみる
ありがとうございます!
2

【9/11受診・更新】今飲んでいる薬の話

本日病院。医者との診察の結果、薬の量がまた減った。

備忘録代わりに、現在処方されている薬を。
【】内は前回比

28日分【←14日分】

朝食後
・アナフラニール 10mg
・ベンスブロマロン 25mg

昼食後
なし

夕食後
・アナフラニール 10mg【←20mg】

就寝前
・トリプタノール 25mg
・セパゾン 1mg
・トリアゾラム 0.25mg
・センノシド 6mg

減ったのは、夕

もっとみる
私もスキです!
4

気づけば減薬一週間経過の話

8月28日(水)に診察、

アナフラニール25mg×朝夕→朝10mg・夕20mg
アルプラゾラム0.4mg×三食後→なし

に減薬して処方され、一週間が経った。
(正確にいえば水曜の昼の分から減薬だったので、7日間というより、6.6日間くらいの感覚なのだが)

思い当たる心身の変化を綴る。

アナフラニールが25mgから10mgに減り、アルプラゾラムがなくなり、これで日中を過ごすというのには、不

もっとみる

減薬2日目の話

(これまでのあらすじ)
8月28日、受診。この日から、
アナフラニール25mgを朝・夕から、朝10mg・夕20mgに減薬、
3食後のアルプラゾラム0.4mgがなくなった。

この手の薬は、「減って万々歳、良かったね」で済む話ではない。
むしろ、減ってからがまた辛い。

「減薬効果」・「断薬効果」、はたまた「離脱状態」といわれる状態になる。
これまで体内・脳内に入ってくると思っていたもの(薬)が、必

もっとみる

【8/28受診・更新】今飲んでいる薬の話

本日病院。医者との診察の結果、薬の量が若干減った。

備忘録代わりに、現在処方されている薬を。
(各錠剤で1錠ずつ/14日分)
【】内は前回比

朝食後
・アナフラニール 10mg【←25mg】
・ベンスブロマロン 25mg
【・アルプラゾラム 0.4mg】

昼食後
なし
【・アルプラゾラム 0.4mg】

夕食後
・アナフラニール 20mg【←25mg】
【・アルプラゾラム 0.4mg】

もっとみる
Thank you!
2

今飲んでいる薬の話

本日病院。医者との診察の結果、薬の量は前回と変わらず。

備忘録代わりに、現在処方されている薬を。
(各錠剤で1錠ずつ/14日分)

朝食後
・アルプラゾラム 0.4mg
・アナフラニール 25mg
・ベンスブロマロン 25mg

昼食後
・アルプラゾラム 0.4mg

夕食後
・アルプラゾラム 0.4mg
・アナフラニール 25mg

就寝前
・トリプタノール 25mg
・セパゾン 1mg
・ト

もっとみる
ありがとうございます!

アナフラニールは人間の感情を無くすの話

病名「抑うつ状態」と書かれたのは、18歳の9月だった。そのあたりの経緯については、機会があれば(需要があれば)書くとして。

それから気付けば15年以上、同じ病院に通院している。
その間、病院の建物は新しくなり、担当医が変わり、飲む薬も変わり。

32歳の3月、今かかっている医者に初めてかかった時、
「10年以上通ってるのに治らないのはおかしいだろう。半年で治してやる。」
といって、出された薬が「

もっとみる