エコビレッジ

映像を通して持続可能な仕組みを若い世代に伝える、トランジションタウン小金井代表 梶間陽一さん

地球にエコな暮らし=エコビレッジを掲げ、人が問題なのではなく仕組みが問題だと力説する、映像作家でありトランジションタウン小金井代表の梶間陽一さんにお話を伺いました。

プロフィール
出身 東京都
活動地域 東京都
経歴 専門学校で録音・放送芸術などを学び、録音、音楽制作、コンサート制作、バンドマネージャ、ライブハウス・ブッキング、ミニFM放送局、等をやって仲間とリングワールドという会社を設立。その

もっとみる

【お知らせ】\\Blue Village 小屋作りキャンプ報告パーティ開催♪//

この夏、僕らは北海道で小屋作りをしてきました。

大自然の中、2週間キャンプをしながら仲間と共同の創造。まずは小屋作りという、大きな挑戦。

そんな夏を経て、
それぞれが何を感じ、何を得たのか。
帰ってきて、どんな変化があったのか。

そして今、ここからBlue Villageは、どんな未来を描こうとしているのか。

こんなことを共有しつつ、来てくださった皆さんの中にある未来に対する願いや、また憂

もっとみる

3ヶ月前の僕  by ごうすけ

ちょうど3ヶ月前、洞爺湖で小屋の床作りを終えたものの予定していた飛行機が飛ばず、僕は札幌で延泊していた。

がんばって土台は作ったけれど、次は壁と屋根だぜ?素人の僕らが本当に作れるんだろうか?という不安もあったし、「楽しいからやる」という原点を忘れるほど、これから先の未来について悶々としていたし、焦っていたし、苛ついていた気がする。

そんなとき札幌駅の近くで、たまたま立ち寄った本屋で手にとったの

もっとみる

美味しく生きるレシピ by ごうすけ

先日、千葉県のいすみ市にあるパーマカルチャー道場に行って、若者向けのNVC合宿に参加してきた。

愛と希望に溢れた三日間だったように思うし、そこでの体験についてはいずれ書き残したいと思う。

さて今日は、そのパーマカルチャー道場の壁に貼ってある張り紙を見たときにインスピレーションをもらったのでそれについて書く。

ここには人生を豊かにする秘訣が書かれているような気がしたのだ。

資本という言葉

もっとみる

「あおいろのかくめい」という詩について byごうすけ

胸の高鳴りに素直になっていくことが
純粋に夢中になっていくことが
遊びに真剣になっていくことが
ゆたかな自然を享受していくことが
愛する仲間と一緒に創っていくことが
そんな青色の日々が
セカイをひっくり返すかもしれないようこそ。
「あおいろのかくめい」に

子どもの頃から、社会で起こっている色んな不条理に胸を痛めて、憤ったり、糾弾したり、ときには見て見ぬふりをしたり、そんな風にして過ごしてきた。

もっとみる

小屋作りキャンプ15日目🏕

【小屋作りキャンプ最終日🏕】

いよいよ最終日!

初日は、平らな床しかなかった小屋が、立派に屋根まで付いている。
今日は、残りの合板を屋根に貼って、その上からアスファルトルーフィングを貼る作業。

昼過ぎに、一足先に洞爺湖を去るリョウさんのインタビューを屋根の上で撮って、洞爺駅へお見送り。ここから実家鹿児島へ。北から南へ大移動!

どんな時も自分の空間を身にまとって、安心と落ち着きをもらってた

もっとみる

小屋作りキャンプ14日目🏕

小屋作りキャンプ 14日目🌏🐘

6時過ぎに目が覚める。

ね、ねむい。

昨日のお月見、1時半頃までやっていたことが響いている。

こうなることはわかっていたけど、ほとんど満月になった月の下で、二十年ぶりぐらいにお月見の白玉団子をつくり、焚き火をたいて、ウイスキーのお湯割りを飲みながらゆっくりと談笑できたことはこの眠気に勝るものがある。

皆に「明日は6時に起きて作業するよ!」と偉そうに宣言

もっとみる

小屋作りキャンプ13日目🏕

小屋作り13日目!

6:30起床
朝一で、水浸しのドロドロになった小屋を覗くも、一旦見ないふりをして台所の片付けを始める。

あらゆるものが濡れている、、。

みんなが起きてきて、濡れた服の洗濯をする。
しかし、朝の天気も若干小雨☂️

ぼちぼち小屋の掃除をはじめると、
だんだん晴れてくる。
今日ほどお天道様が有難いと思ったことはないというほど感謝して、小屋のブルーシートを剥がす。

ひと段落し

もっとみる

小屋作りキャンプ12日目🏕

テントの中が明るくなってきた頃、自然に目が覚める。今日は雨の予報。小屋が雨に濡れることを危惧して前日にブルーシートをかけておいた。曇り空で風は強いけれど雨は降っていない。雨が降ってこないうちにできる作業は朝のうちにやっておく。

 切りのいいタイミングで朝ごはん。今日は黒豆納豆とご飯、味噌汁。ガク餅と、ガクコーヒー。

今日はりさの最終日、ごはんを食べ終えたあと、プロデューサーごうすけ、インタビュ

もっとみる

等身大の久保陽香

屋久島よりこんにちは、久保陽香です。

2018年夏、屋久島での生活が始まりはや1ヶ月半が経とうとしています。

もともと”自然と人間の癒しあい”について仮説検証するため、大学を休学して屋久島に来て。
そして、パーマカルチャーを実践するエコヴィレッジアペルイ で暮らしていました。

アペルイでの日々はまさに自分が求めていた人間と自然がつながる暮らしが体現されていました。しかし先方の事情もあって受入

もっとみる