ガイドライン

熱中症⑦ 〜予防 2 〜

熱中症になりやすいひとはだれか?

熱中症になりやすい人の特徴をまとめます。

ここでは特に子どもに注目します。

子どもは汗っかきか?

皮膚からの熱の放散が熱喪失にとってとても重要なことをお話ししました。子どもは一般に体重当たりの体表面積が広いと言われており、熱の放散の効率がいいと考えられています。

しかしながら、環境温が皮膚温を上回った場合、熱は環境から皮膚に異動します。この場合広い体表面

もっとみる

熱中症⑥〜予防 1〜

熱中症は不慮の事故ではない

熱中症の進行がグラデーションで、I 度から III 度まで急速に進行しうること、 III 度になると死に到る可能性もあることをお話ししてきました。

熱中症は熱産生と熱喪失のバランスの破綻が原因であることもお話ししました。

では、熱中症は偶発的に起こるもので予防はできないのでしょうか。ここまでお付き合いいただいている人にはおなじみですが、injuryと捉えてみます。

もっとみる

熱中症⑤ 〜治療 〜

熱中症かな?とおもったら

熱中症かな?とおもったらとにかく涼しいところに移して、体温を下げることがとても重要です。熱中症重症度分類の I  〜 III 度のどこに当たるかを考えながら対応します。III 度を疑えば(尿が出ない、意識が悪い)などあれば、即救急車を呼んでください。I 度、II 度と判断しても、改善傾向がなければ病院を受診します。

中枢温が41-42 ℃になると、1 - 8時間で、4

もっとみる

熱中症④ 〜病態生理 3 〜

熱中症の病態まとめ

熱中症の病態をまとめます。

繰り返しになりますが、熱中症は熱産生と熱放散のバランスの破綻によって生じます。障害される程度によって、熱中症の重症度を判断します。症状よりも重症度によって対応することが重要です。

【参考文献】
1. 日本救急医学会 熱中症診療ガイドライン 2015
2. 環境省 夏季のイベントにおける熱中症対策ガイドライン 2019

もっとみる

熱中症③ 〜病態生理 2 〜

熱中症は「熱産生と熱喪失のバランスが破綻したことによる高体温」と考えられます。病態生理を理解するために、「分解」の原則に従って、熱産生、熱喪失それぞれのプロセスを分解してみましょう。

熱産生

人間は恒温動物ですので自分で熱を産生します。熱は以下の過程で産生されます。

(1) 基礎代謝の結果
(2) 筋肉の活動(シバリングを含む)
(3) 甲状腺と交感神経系が細胞に作用した結果

70 kg

もっとみる

熱中症 ① 〜診断〜

暑い日が続いていますね。連日ニュースでは「熱中症に気をつけましょう!!」と声高に叫ばれていますが、そもそも熱中症って何なのでしょうか?どうやって診断ればいいのでしょうか?また、気をつけるといっても、、、

今回のシリーズではこれらの疑問に答えていきたいと思います。

熱中症はどうやって診断するか?

熱中症ガイドライン2015によると、熱中症とは「暑熱環境における身体適応の障害によっておこる状態の

もっとみる

CSS設計(命名規則)|WDSG策定チーム[#07]

みなさんは普段、CSS設計(命名規則)は既存の設計手法を利用していますか?独自ルールを利用していますか?

WDSG策定チーム専用Slackにて、メンバー間で談義を行い[CSS設計(命名規則)]のガイドラインを作成しました。

WDSG(Web Developer's Sharing Guidelines)とは、Webサイト制作関係者がガイドラインを共有することで、クリエイティブに集中できる環境を

もっとみる

ガイドラインのガイドライン

コードを書くよりもマークダウンを書く方が私の最近の主務になりつつある。具体的にはガイドラインの類を書く機会が多いというだけではあるが、そんな中でキをつけて置きたいポイントを残しておく。いわば「ガイドラインのガイドライン」だ。

「ガイドラインのガイドライン」の目的

少数チーム・属人的でも問題があまりない状況から、人が増え、ガイドラインやルールを整え始めなければいけない時がある。どういうフォーマッ

もっとみる

安楽死について

◆弁護士 鈴木 萌

 皆様、先日のNHKスペシャル「彼女は安楽死を選んだ」(https://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20190602)をご覧になりましたか?ネットでもかなり話題になり、再放送もされたので、ご覧になった方も多いのではないでしょうか。
 この番組は、安楽死を希望する日本人女性が、スイスで安楽死するまでの過程に密着したも

もっとみる

アメリカ政府のWebデザインシステム(3) デザイナー向け

(1)(2)に続いて、次はデザイナー向けのページです。前にも書きましたが、誰が何をまず読むべきかという情報が整理されているのは良いですね。

イントロ

USWDS offers a flexible yet coherent visual style you can apply to any government website. Our visual style offers a clean,

もっとみる