いつものタイトルに付け加えるだけで印象をアップさせる6つのキーワード

人気タイトルには、人を惹きつける「何か」があります。それを自分で探し出そうとすると、何年かかるかわかりません。

そこで今回は、キーワードを入れるだけで、タイトルの印象をアップさせるものを集めました。全て人を惹きつけて、内容を期待させます。ある程度の内容は必要ですが、内容は自信があるけど集客で困っている人はぜひご使用ください。

1.「 〇〇する方法」

このタイトルをつけると、その方法をちゃん

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!よければフォローもお願いします。
3

みられるタイトル「欲求編」【たった3つを守れば、良いタイトルになる】

「見た目より中身」

よい言葉ですが、現実は見た目でほとんど判断されます。実際は、まず見た目で判断されたあと、中身を見てもらえるのです。

これは、文章でも同じです。実は「中身よりタイトル」なのです。

インターネットの大量の情報の中で、魅力のないタイトルは見てもらえません。

今回は、そんな「人を惹きつけるタイトル」の法則についてお話します。ただ印象が強いだけでなく、いずれも人間の興味・関心にア

もっとみる

5 キャッチコピーから逆引きして作られた作品はめちゃくちゃ強い!

『キャッチコピーの原則』は『キャッチコピーの枠組みで終わらない!』

「キャッチコピー」と言うのを聞いたことがありますか?

たとえば、こういうのです。

・休日のお父さん! 『粗大ごみ』から『貴重な資源』になってください!
・さおだけ屋はなぜつぶれないのか?
・なぜオンリーワンを目指してはいけないのか?

それぞれ、秀逸なキャッチコピーですね。
興味を持ったり、購買(視聴)意欲をそそられてしまい

もっとみる

駆出しコピーライターです。

はじめまして。私は数ヶ月前にコピーライトのお仕事を始める機会をいただきまして、今はまだぺーぺーの24歳です。初めての会社で、ずっとなんとなく憧れを持っていた”書く”お仕事。実際はマーケティングの方が大事なのかもしれないんですが…。それはさておき、最近息詰っておりまして。というのも…

圧倒的に足りていないもの

私には知識が足りない。これは分かっていたことではあるのですが、仕事を任せてもらうにつれ

もっとみる

「人を惹きつける言葉」ってどんな言葉?【感想:ザ・コピーライティング】

「人を惹きつける」

誰もが欲しい能力で、憧れます。人を惹きつけるようなカリスマ性は、やはり魅力的です。

しかし、人を惹きつける魅力を出すのは難しいです。カリスマ性は、ミステリアスやユーモアといった簡単には手に入らない能力が必要です。

カリスマ性は簡単には手に入りませんが、「人を惹きつける言葉」であれば、努力で身に着けることができます。例えば、つい買いたくなる広告等で使われているアレです。

もっとみる
うれしいです!明日も頑張ります!よければフォローもお願いします。
6

人を惹きつけるタイトル7パターン【新情報 編】

人を惹きつけるタイトルの要素の一つに「新情報」 というものがあります。要するに、人はみんな流行に敏感なので、新しい情報に魅力を感じるぞー、ということです。

ただ新情報を入れるというよりも、そういったタイトルを作るときの型を 参考にした方が効果が倍増します。 今回はそういった「新情報」を入れる時のタイトルの形を知って、よりあなたの記事の魅力を高めましょう。

1.「ご紹介」で始める 

ご紹介と言

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!よければフォローもお願いします。
4

コピーライター講座に通っていた時の話

宣○会議のコピーライター講座に通っていた時期がある。
動機は、会社がギャンギャン主張しているデザイン・営業力・値段だけで
仕事が受注できる気がしなくなった危機感からだ。
言葉の力で受注というわけではないが
本当に求められていることを形にする思想を確認したい目的で通っていた。
まあ、あわよくばコピーライトの仕事ができればいいなと。軽すぎる。

他の受講生の方はといえば
私と同じくデザイナーで、仕事で

もっとみる

新人広報さんへの推薦図書5選

もっと早く出会いたかった本たち。新人の広報さんにおすすめの本たちを厳選したので、GWにぜひ。

1 ノンデザイナーズ・デザインブック

「この本は、デザインを正式には学んだことはないけれども、デザインをする必要がある人たちのために書かれました」と、冒頭に書かれているとおり、デザインを正式に学んだことがない人が、なんとなくこっちがいいんだけど、なぜこっちのデザインの方がいいのかを、説明できるようにな

もっとみる

効果的な見出しの7つの原則【保存版】

タイトル付けで迷いませんか?すでに長い歴史から、タイトルなどの見出しを書くときにで気を付けるべきことはわかっています。

早速ですが、見出しを書くときに守るべき7つの原則について紹介しましょう。

1.とにかくテストしないと効果はわからない

直感で人気が出そうだと感じる広告はたくさんあります。例えばユーモアが効いていたり、ダブルミーニング(2つの意味がかかっている)になっていたりといったものです

もっとみる
うれしいです!明日も頑張ります!よければフォローもお願いします。
1

コピーライトで凡人が天才を超える唯一の方法

コピーや 広告を相手の心に刺さらせるためには、どうすればよいのでしょうか?

たった一言で相手の悩みや 気になっていることに刺さるような文章を作るというのは、才能が必要なように思えます。 実際良い文章を書く人は「文才がある」と 表現されます。

1回きりのチャレンジであればこういった才能には普通の人ではかなわないでしょう。 しかし何度もチャレンジできるのであれば話は別です。

今回は 才能の

もっとみる