女の子は本当にピンクが好きなのか

アラサー・アラフォー時期を心身健やかに生き生きと過ごしていきたい、という欲張り3人組が始めたポッドキャスト番組の9回目。今回は三女まりがピックした、こちらのテーマについて話しました。

1.「 女の子=ピンク」はどこからやってきた?

今回は「女の子=ピンク」に象徴されるジェンダーステレオタイプについて、企業マーケティングの影響やお下がり文化、はたまた「グレーゾーンを許容する」ってどういうことか等

もっとみる

37年分の京都。

万歳、ステレオタイプ。

生まれも育ちも、きっちり37年京都です。
※先日、37歳になりました。
両親もしかり。同居していた母方の祖母も同じく。
所謂、生粋の、でござい。

今の会社に勤めだしてから、京都人は意地悪だからと言われる回数が本当に増えた。

京都選民思想説。とでも名付けておこうか。
いけずの申し子、京都ピーポー。

これ書いてて、思ったけど。冷静にお前性格悪いなと言われているのだろうか

もっとみる

-普通のこと-

また、この画像は、PCのスリーブ待ち受けになっていた画像です。

どこかの国のどこかの風景です。

わからないです、教養がなくて、ごめんなさい。

でも、教養というと、町で見かけた鳥の名前とか、花の名前とかをさらっと言える人って素敵だな、と密かに思っております。

わたしには、皆無なところです。

ただ、その代わり、と言おうと思いましたが、代わりのものも、特になさそうです。

とはいえ、その代わり

もっとみる

Zootopia🐰🦊

2016年に大ヒットした映画「ズートピア(Zootopia)」。

この映画はアメリカの多様な社会を表現しています。

映画の概要

ズートピア(大都市部・熱帯雨林・砂漠・ツンドラ(雪の降る寒いエリア)等に分かれる)は、草食動物と肉食動物が共存する世界という設定で、人間のように動物たちが暮らしています。そこに住む多様な動物たちは、多様な人間たちを表現し、ズートピア各地域にそれぞれ生息域にあった動物

もっとみる

【LGBTQ:SOGI】#こんな社会だったらいいな がありあまる社会【法制度・性犯罪】

最初に【追記】

 10月2日〆切というなにかを信じていたら、〆切すぎてて泣いた。めっちゃがんばったのに(◞‸◟)時間とか書いてあったんすかね?わかんないけど。さっきまであったはずがお題一覧から消えて\(^o^)/

・応募締切:2019年10月2日(水) 23:59まで

 改めて確認してみたら、どう考えても間に合ってるのに参加できなくなってて笑った(バナーが表示されない)。「〆切前に締め切られ

もっとみる

案外、俺って、ステレオタイプに、スマホとか、否定する、タイプかもしれない。
現時点で、スマホ使ってる時点で、大きな矛盾だが。
ゲームボーイ辺り(3歳頃)から、携帯デジタル端末には、触れてる訳で、飽き飽きしてるかもしれない。
まっ、コミュニケーション取れるから同時に重宝してるけど。

アフリカだから貧しいわけじゃないし紛争してるからって全員難民になるわけじゃない。

********************************************
戦争があるからって、その国から逃げなきゃいけないわけじゃない。
この国が自分の''HOME''なんだ。
サッカーの国際試合では国歌斉唱で胸を手に当てるだろう?
自分の血が、母国の血が流れているんだ。
僕は留学が終わったらすぐ自分の国へ帰るよ。イギリスではね、独裁国家から来た人は皆難民だと思っているだろう。僕は

もっとみる

捉え方によっては変態なのかも知れないけれど、

毎日のうちのわんこ達の排泄物を
一種のアートに見てしまう自分がいたりして。

その時はそれが汚いものという概念は外れて、
今日の作品はどんなものなのー?って楽しみにしてる自分がいる。

匂いがしてまた汚いものという概念が戻ってくる。

ドイツにも本音と建前はある?

こんにちは!
Sanaです。

今日は【ドイツにも本音と建前がある?】ということをお話していきたいと思います。

まず結論から言います。
私はあると思います。

物事をかなりはっきり言う、あるテーマについてずっと議論しているドイツ人たち。
最近までは"本音と建前"という概念すら忘れそうになっていました。

なぜ私が、ドイツにも建前があると感じたかというと、ある演奏会にドイツ人といく機会がありました

もっとみる

アメリカで過ごす最後の9/11に思うこと

はじめまして!私はアメリカで心理学を勉強している大学4年生です。

ニューヨークの同時多発テロから18年が経ちました。大学入学と同時にアメリカに来て、現在4年生である私にとって、今日はアメリカで迎える4度目の9/11です。卒業後はアメリカに残らないので、アメリカで迎える最後の9/11でもあります。そんな日に思うことを、徒然なるままに書きたいと思います。(特に"有益"なことは書いていません!笑)

もっとみる