コンデジが売れる条件

今日はスマホで見ていてたまたま見つけたこちらの記事の話
コンデジとスマホの境界線が薄くなっていく中で生き残る
高級コンデジの条件について書かれているので、読んでみました。
だってこのnoteのタイトルは高級コンデジの敗北って読み替えることもできますからね。

売れる高級コンデジの3条件

(1)通常のコンパクトデジタルカメラよりも大型サイズのセンサー、1インチやAPS-C、フルサイズのセンサーを持

もっとみる

【誰でも地方で豊かな暮らしが出来る環境を提供する】~ビジネスモデル考察Vol.51~

■背景
・今までの農業は農家のノウハウに頼ったものがほとんどであった
⇒ノウハウをメソッドに落とし込む事で誰でも同じ品質で農業が出来るのではないか
・ほとんどの農家は収入が不安定であり、あまり良い収入を得られていない
⇒安定した収入が保証されたら農家になる人が増えるのではないか

■ターゲット
新規で農業をする人

■ビジネス詳細
・農業に必要な全てのステップ(農地開拓、資金確保、設備構築、栽培、

もっとみる

【健常者よりも快適に歩ける義足の実現へ】~ビジネスモデル考察Vol.48~

■背景
・世界には義足を買いたくても高過ぎて買えない人がいる
⇒開発を工夫する事で低価格で提供出来るのではないか
・ほとんどの義足は動力を持たない受動式義足と呼ばれるものであり、日常生活において大変不便な暮らしを強いられている
⇒健常者と変わらない生活を送れる義足を作る事が出来るのではないか

■ターゲット
義足を必要とする人

■ビジネス詳細
・高機能の義足の開発
・日常の歩行・動作をより自然に

もっとみる

センサーサイズとダイナミックレンジ

タグの力は偉大。自己紹介記事に比べて、
半減以上ビューが落ちるんですもの。まぁ、最初はそんなもんです。
ちなみにインスタのようなタグであふれかえるような
あの感じは好きでないです。本質ってそこじゃないでしょ?
なのでインスタはお遊び、まだGUNREFのほうがまともじゃないかなと。

これは余談なので読み飛ばしていただいても構わないのですが、
昔、就活をやっていたころに
3か月限定のニュースブログを

もっとみる

1インチで撮影できなかったもの

昨日の記事が早くも前に運営していたnoteの1記事あたりのイイねの数を超えました笑 ありがとうございます。

今日は昨日の記事で書いた1インチで撮影できないものの話をします。

撮影しようと思えばできる。。多分

落ち着いて考え直してみれば、露出補正を切り替えて手動HDR撮影みたいな事をすれば、難なくクリアできた気もします。
でも、過去のことをたらればで語るのはよくないので、
とりあえず、その時の

もっとみる

【綺麗にするだけじゃない!?肌の健康を管理する美顔器】~ビジネスモデル考察Vol.43~

■背景
肌のデータが欲しいが、収集するためには協力者が必要となる
⇒美顔器にセンサーをつける事で、利用者にメリットを付けつつデータの収集を可能にする

■ターゲット
美容に興味がある人

■ビジネス詳細
・美容とヘルステック領域におけるセンサー開発
・可視光通信を利用してスマホとデータの送受信する技術の開発
⇒wifiやBluetoothなどと違いデータの送受信時に電波が干渉しない
・スマホに装着

もっとみる

好きなものは探さなくていい

本当に自分が好きなものは
探さなくていい。

もう既にそこにあるし
それをただ感じていけばいい。

好きだから
いつも気にしているし
いつも考えているし
いつも目で追っている。

それが分からなかったり
感じれなかったりするのは
自分の感性が拗ねているか
「敢えて」それに気づかないように
自分が仕向けているかのどちらかなんだ。

自分の「好き」を
「探す」とどうなるか。

探すということは

「今

もっとみる

https://wired.jp/2019/08/24/underwater-skin-sensor-lets-swimmers-track-their-sweat/
皮膚に貼るセンサーで、「水泳中の汗」の変化や水分補給のタイミングがわかる:米研究チームが開発

水泳中の汗などが分かる貼るタイプのセンサー。こういった人間に貼るセンサーはこれからも進んで行くだろうから、非常に楽しみな分野だと思う。

マンガでわかるHCI: ユビキタス・コンピューティングってなに?

ユビキタス・コンピューティングってなに?

前回は、「ユビキタス」という言葉について紹介しました(前回の記事はこちら: 「マンガでわかるHCI: ユビキタスってなに?」)。

カンタンに振り返ると、ユビキタスなテクノロジーというのは、

私たちの生活の中に融け込まれ、もはや空気のように、意識しなくてもそこにあるようなテクノロジー

というようなものだ、ということを紹介しました。

Mark Wei

もっとみる

センサーの塊になるスマホ~観察と監視のボーダーライン~

日経電子版の記事【「犬並み」においセンサー開発へ スマホで口臭判定】は、とうとうスマホに「においセンサー」が搭載され、口臭の判定などを行うというリポートです。

  

 そもそも、IoTでデータを収集し(そのビッグデータをAIで)解析することで様々な課題に応え、ユーザーのニーズを満たしていく第4次産業革命の時代は、そのサービスの出発点となるデータの収集のためのセンシングのテクノロジーによって支え

もっとみる