この1年間でよく読んでもらえたnoteたち

100記事目。ここ1か月、急にいっぱい書いてたのはnote書き始め1周年の今日に100記事目を間に合わせるためなのだった。この1年間で読まれた数の多いのを10個載せたこの投稿を、1年の記念碑noteとする!view数トップ10。

⑩『こぐま座α星より愛をこめて~Base Ball Bear『ポラリス』 』(2019.2.2 投稿)

新譜を聴くのを先延ばしにしがちだからディスクレビューは書きづら

もっとみる

行け、WANIMA! 新時代の”GONG”を鳴らせ。

本日から上映開始となる映画『ONE PIECE STAMPEDE』。

このタイミングに先駆けて公開された、同作の主題歌”GONG”のミュージックビデオが、とにかく熱い。

まず、規格外のスケール感を誇る映像に圧倒される。

現行の邦楽シーンにおいて、これほどまでに「破格」なミュージックビデオの制作を可能とするアーティストは決して多くはない。新しい時代において、WANIMAの3人が、でっかいロック

もっとみる
最後までお読み頂きありがとうございます。とても励みになります!
11

the HIATUS、10年間の孤高の闘争史が、ここに結実する

【the HIATUS/『Our Secret Spot』】

2008年、ELLEGARDEN 活動休止。

その翌年の2009年、細美武士のソロプロジェクトが始動することが発表される。

当時、壮絶な喪失感を抱いていた僕たちにとって、それは、あまりにも輝かしい(そして同じだけ切ない)希望の報せであった。

細美武士が、もう一度立ち上がる。彼が紡ぐ新しいロックに出会うことができる。その高揚感は、

もっとみる
最後までお読み頂きありがとうございます。とても励みになります!
18

Quicksand / Interiors : CD Review

アメリカ・ニューヨーク出身のポスト・ハードコアバンドによる3rdアルバム。1990年代に2枚のアルバムを出した後、レコーディング半ばで解散したバンドの22年ぶりの復帰作となる。

オリジナル・メンバーによってレコーディングされた今作は、各自で制作費を出し合って極秘裏に作業を行い、最終的にエピタフからリリースされた。

ウォルター・シュレイフェルズ(ヴォーカル/ギター)
セルジオ・ヴェガ(ベース)

もっとみる

2019年7月分お仕事リスト

◆MAGAZINE

ROCKIN'ON JAPAN 2019年9月号(7/30売り)
【ライブレポート】
 Official髭男dism@日本武道館(8P)
 まふまふ&ひきフェス@メットライフドーム(12P)
【インタビュー】
 TEAM SHACHI「わたしフィーバー」「Rock Away」(2P)
 Maison book girl『Umbla』(2P)
【ディスクレビュー】
 須田景凪『

もっとみる

2019年上半期ベストアルバム

かねてから好きなアーティストの作品に対して思いっきり偏って評価をしがちなので、年間ベスト上位は同じ顔ぶれになりがちなのだけど、今年は新顔がたくさんいる気が。好みのラインはそんなに変わってないのだけどね!

10位 a flood of circle『CENTER OF THE EARTH』

ロックバンドが得意技をぶん回してる姿ってやっぱり最高!ってなる1枚。様々な音楽的トライアルに挑んだ過去2作

もっとみる

「the HIATUS」について

お久しぶりです。クニタケです。愛知県に来て10年目、サラリーマンも同じく10年目になりました。そしてこの度、4回目の転勤および6回目の引越しを敢行中でございます。超やることがあってブログを書いている場合じゃないですが、月1更新をどうしても途絶えさせたくないので無理して書いてます…

今回のテーマは、僕が愛してやまないバンド「the HIATUS」について考察しました。最近、「Our Secret

もっとみる

ブレーク寸前!MOROHAを知らないあなたへ!

【あなたは心が折れそうな時、自分を奮い立たせるときどんな曲を聴きますか?】

何千、何百といるアーティストの中から、今回は二人組アーティストMOROHAを紹介したいと思います。

MOROHAの軽い紹介はこちらでしておりますので是非見てみてください。

2008年に高校の同級生だったVo.アフロ、Gt.UKで結成。

2010年10月21日にROSE RECORDSからファーストアルバム「MORO

もっとみる