君の大丈夫になりたい〜アニメ「天気の子」を観て思ったこと〜

実は、新海誠の最新作「天気の子」は初日に観た。意外とミーハーなのである。
そろそろみんな観たと思うので感想を書こうと思う。
普通にネタバレがあるので、まだ観てない人はご了承ください。

大衆に媚び売った作品?

新海誠はバッドエンドを描くのが上手い、と自称アニメ好きが語っているのをどこかで聞いたことがあるかもしれない。
彼らは口を揃えて、「君の名は」は駄作。あいつは変わった(←まるで旧友)と発言を

もっとみる

景気後退が来るならその象徴的な出来事は何になるだろうか(予想)

米中貿易摩擦をきっかけの一つとして本格的な景気後退(不景気/リセッション)が予想される。というニュースなどが増えていますね。中にはリーマン・ショック級の大ごとになるだろう。としているものもあります。

僕は実際のところ報道内容を聞いても本当に景気後退によく分からない。と考えていました。というのは今まで過ごしてきて、統計的にも実感としても景気は悪いな。と感じたケースは金融危機とのセットとなっていて、

もっとみる

道を歩いてたらボディコンを着た女性がガールズバーの呼び込みをしてた。80年代のジュリアナ東京のお立ち台で踊ってた女達が着てたようなボディコンである。おまけにその女性は太ってたので、ボディコンがピチピチにお尻や太ももに食い込んでたのである。俺は思わず「え~っ!?」と叫んでしまった。

労働からの解放(されてるはず?)

現在、働き方を改めて考え直す機運がある。

「24時間戦えますか?」

このキャッチフレーズに象徴されるバブル当時の日本人のワーカホリックさは今や古臭い考えとなっている。

現代では、

ワーク・ライフ・バランス

として、仕事とその他自分の生活を分けてバランスよく幸せな生活を営もうという方向に向かっている。

そもそも、バブルの時代になぜあれ化け働けたのだろうか。今から考えると過労死レベルの労働

もっとみる

仮想通貨が暴落しても利益が残る方法

2017年に大きく盛り上がり、そして最近は少し下火の仮想通貨に関して、
僕自身が考えていることを書いてみます。

2017年頃の仮想通貨の相場は、
分裂騒動やその他、多少の暴落等を経験しながらも、
着実に価格を押し上げていっていた相場でした。

そしてビットコイン以外の仮想通貨でも、
どんどんと値上がりしていっており、
多くの方が、自分もその流れに乗り遅れないようにしようと
考えて、慌てて購入して

もっとみる

「生きづらさ」はどこから来たの?バブル崩壊後の宗教観の変化

令和時代になり、はや4ヶ月。元号が変わる瞬間のお祭りムードから、まわりは徐々に新しい時代に変わり始めている。

 週1回のNO残業デーが撤廃され、『毎日定時で帰ろう』キャンペーンをしている会社があったり、どんどん副業解禁になったり、時代に合わせて変わろうとする気配を感じる。

 一方、面談をしていると仕事でもプライベートでもやりがいを感じられずに「生きづらさ」を抱えている人が意外と多いことも実感す

もっとみる

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。

4日間毎日3~4時間くらいしか睡眠時間が取れてないのですが、結構頭が冴えています。明日から出張なので今日はしっかりリセットしたいと思います。

最近は次リリースする準備や戦略、シナリオを毎日考えるのに1日の大半をつぎ込んでいます

「やってみないとわからない」というのはもちろんそうなのですが、やはり結果を残す経営者は戦略に緻密さがあると思います。様々な数字の仮設を立てて何パターンものシナリオを想定

もっとみる

友人達に初職の愚痴を話していれば

1993.春頃に友人ら多人数で遊園地に遊びに出かけたことを話して欲しいと当時な先輩達に言われたついでに、夜に立ち寄った居酒屋で撮った写真を見せて欲しい言われて、席を外した隙に私が写った部分に落書きをされた悲劇があったことを友人のひとりに、

差し出して見せた私が悪い

と言われたことが機で、仕事の話をしなくなった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

生まれつきである太眉をイジったこ

もっとみる

マツコの番組面白い。
バブルの特集をやっている。
確かに、、ザウスってあったな〜