やりたいと思っていたのが、やらなきゃに変わった時の辛さ、ある方のツイートを見て

僕はnoteを始めて今日で14日目になります。

書いた記事は300近く。

概算すると、1日20記事近く書いています。

短文とはいえ、ここまで書けるとは思っていませんでした。

でも、それは楽しいからかけてたんです。

書きたかったんです。

でもここ最近、ひらめきが少なくなっています。

すると、あるツイートを見かけて感動しました!

それがタイトルの言葉です。

やらなきゃになってもやり続

もっとみる

プレッシャー~前で倒れている誰かに、人は手を差し伸べずにはいられない

世の中いろんなプレッシャーがあって、それは外圧だったり内圧だったりするのだけれども

よく”プレッシャーを味方に付けろ”って言うじゃないですか

ふむ、いい緊張感っていうのは確かに自分の能力を引き出すコツではあると思うけれども、その”いい緊張感”っていうものに、普段のプレッシャーをどう変えていくのかってことに関しては、さて、みなさん、どうされているのかしらね

状態で言えばそれは”ストレス”にほか

もっとみる

遅刻のメリット(人生ゲームの時間の使い方)

2ちゃんの創設者ひろゆきさんが「遅刻しても成果出せばいいじゃん」という
話を前にしていて。個人的にそれ以上のメリットを発見したので、
シェアしたいと思います。

人生ゲームなので、こういう見方もあるんだなと思っていただけたら
嬉しいです。

1、場の空気がなんとなくできている、後から行くとその空気の中で
どう立ち振る舞えばいいかわかるから、有利。
人間関係のピラミッド構造だったりも見えやすい。

もっとみる

気をつけていたい「期待」の話

「期待」について考えるようになったのは、2014年にロシアで開催されたソチオリンピックがきっかけだった。

当時17歳の高梨沙羅選手は、好調をキープしたままその大会を迎えた。当然、金メダル圏内として連日メディアで取り上げられ、日本中の「期待」も高まっていた。結果、メダルには届かなかったものの、初めてのオリンピックという大舞台で4位という健闘を見せてくれた。

しかし、その時に感じられたのは健闘を称

もっとみる

僕は目標を作らないタイプ

僕は目標を作りません。

どうしてかというと、目標にプレッシャーを感じてしまうからです。

「やらなきゃ」となってしまうわけですね。

でも「やらなきゃ」では大概のことがストレスフルになります。

「やりたい!!」って気持ちでやりたいですね。

「娑婆に出る」vol.2

入寮日はいつでしたでしょうか。骨折以降にもスケートの試合が確か4,5あったのですがもはや出場できない状況だったので、追いコンも終わり、都道府県対抗選手権@大阪の応援を終えたあたりで確か京都を離れたと思います。当時一回生の後輩Sくんが我が家に何度も来てくれて荷造りを本当に熱心に手伝ってくれました。そのお返しにあげたのはプロテイン粉末。私には全然効かず価値レスだったのですが、彼はその後ムキムキになりま

もっとみる

松下幸之助と『経営の技法』#137

7/1 最高の熱意を

~知識や才能で負けたとしても、その仕事への熱意だけは負けてはならない。~

 私はよく、各部署の責任者の立場にある人に対して、こういうことを言ってきた。
「君の部にはずいぶんいろいろな仕事がある。そのたくさんある仕事を、いかに君が部長だからといって、神様ではないのだから、何もかもできるわけではない。ある仕事については部下の人のほうが才能があるということもあるだろう。こういう

もっとみる

髪を触る人の心理

こんにちは、ラン丸(@sign45917948)です。

あなたは普段、無意識に髪を触っていませんか?

今回は、髪を触る人の心理についてシーン別に解説していきます。

男女別髪を触る人の心理

身の回りに髪を触る癖のある人は、意外と多くいます。

髪を触る癖には、その行動の裏には様々な心理が働いています。

そんな、つい髪を触る人に心理について男女別に紹介していきます。

〈女性〉

女性が自分

もっとみる

プレッシャーを考察してみる

はやいもので、津和野町に来て1年3か月がたとうとしています。

1年目は、ただただ毎日ワクワクして、やってみたいことで溢れていて、やりたいが叶う町だと思っていました!
思い返してみたら、大変だったこともあったと思うけれど、そんなことは一切気にせず、自分の欲望に忠実に(笑)ひたすら突っ走っていました。

2年目を迎えて、後輩CNが2人増えて体制がガラッと変わったり、昨年度の反省点が見えてきたり、見え

もっとみる

教える側

タイトルを見て変な自分語りを想定した方はとりあえずその身構えを一度解いてほしい。

 と言うのも今回も夢物語である。とは言え今回の夢物語は少々現実味を帯びている。

 なんと自分がある講座を開いているという恐ろしい夢である。題材は身バレの危険性が言うので細かいことは控えるが
…はっきり言ってここで下手なことを言うと受講者の命に関わる題材である。

 その夢ではとにかく下手なことは言わないこと,そし

もっとみる