ホットギミック

ホットギミックを観てきた

ホットギミックを観てきた。

と言っても観にいったのは公開されてすぐだったので、もう一ヶ月弱経っているのだが、生まれて初めてnoteに自分の文章を載せる決心がつくまでかかった時間ということで大目に見て欲しい。あんなにインスタで大々的に感想載せます!とかほざいてたけど。

隠してもしょうがないので正直にいうと、この映画、めちゃくちゃ好みがはっきり分かれると思う。内容的にも、表現の方法的な意味でも。

もっとみる
00:00 | 00:30

山戸結希監督による衝撃作『ホットギミック ガールミーツボーイ』について、おかのり、りんの2人で話しました。
山戸監督とは同世代で、実は私たち2人は学生時代に関わりもあった…というご縁で観に行ったのですが、ぶん殴られるような衝撃波を受けて、その日のうちに収録しました。

アップリンク吉祥寺の客席/緊張感の連続に悶え/朗読のような台詞まわし/少女漫画の王道全部のせ設定/少女漫画、慣れてる?/全員モラハ

もっとみる

2019年7月色々(でんぱ組.inc/ホットギミック/ナイスコントロール/Wienners×ネクライトーキー/13の理由/ストレンジャー・シングス/夫のちんぽが入らない)

7.4 でんぱ組.inc 全国ホールツアー UHHA! YAAA!! TOUR!!! 2019@福岡市民会館

夢眠ねむ卒業をまだ認めたくなくて、卒業公演も円盤買ったのにまだ観てないっていうナイーブな僕だけども買いましたよチケット。結構良い席で、なぜあの人はそこにいないのに、、っていうジレンマはあったのだけど、久々のでんぱ組ワンマン、無茶苦茶楽しかった。楽曲においても、ここ最近はドツボな曲があまり

もっとみる

【書き起こし】上海国際映画祭2019×徐昊辰×森直人

活弁シネマ倶楽部です。
不定期になりますが…本編の書き起こしをnoteに掲載します。

通信制限などで映像が再生できない方は、こちらの書き起こしでお楽しみください。

ただし、一点注意があります。
テキストはニュアンスが含まれにくい表現媒体です。
しかも、書き起こしは通常のテキストのように発表前に何度も推敲し、論理を確認し、細かいニュアンスを調整することができません。
だからこそ、書き起こしのテキ

もっとみる

ホットギミック ガールミーツボーイを男の子が観たら

ホットギミック ガールミーツボーイは女の子のためにつくられた映画だと思う。だけど僕はこの映画を観て男の子としてたくさんの気づきや、新たに感じることができたことがあったから、あえて男の子にもこの映画を観てほしいと思う。

そこには男として過ごしていると気づけなかったことや、知らなかったこと、女の子が生きる世界が広がっているから。

※下記一部ネタバレありです。

ダメ男に惹かれてしまう気持ち

この

もっとみる

【感想】女の子が抱える絶望はやがて希望になる ガールミーツボーイの金字塔が打ち立てた祈り【ホットギミック ガールミーツボーイ】※ネタバレあり

僕なりに解釈したホットギミック ガールミーツボーイ

※下記、ネタバレを含みます。

ホットギミック ガールミーツボーイは、表面でおこった事実をなぞらえるのとその意味を解釈しながら観るのとで全く違った捉え方になる映画だ。

表面的な見方をすると、初という自信のない少女が、妹をかばうために男の言いなりになることを皮切りに、闇を抱えたサイコパスみのある男たちに心も身体も色んな初めてを捧げながら消費され

もっとみる

2019年上半期、僕の心を震わせた《映画》ベスト10

全世界的な潮流として、映画の在り方、映画の価値、そして僕たちの映画への向き合い方が、加速度的に変容している。

2019年上半期のたった半年の間に、いったい何度のパラダイムシフトが起きたことだろうか。

仮定の話でしかないが、もし今年、Netflixオリジナル作品『ROMA/ローマ』が、アカデミー賞作品賞に輝いていたとしたら、その「変革」は、より決定的なものになっていただろう。

しかしその一方で

もっとみる
最後までお読み頂きありがとうございます。とても励みになります!
23

2019下半期予定

※PC閲覧推奨
※随時更新予定

[7月]

<確定>
10 19:00- amazarashi @中野サンプラザホール ※未発券ローソン
13 11:00- 言葉の企画 @BUKATSUDO
13 18:00- MOROHA @日比谷野音 ※未発券イープラス
14 14:30- サクリファイス @SKIPシティ 4F映像ホール
       ※川口駅12:20-/40-のバスに乗る ※未発券ぴあ

もっとみる

『ホットギミック ガールミーツボーイ』

土曜日朝起きて、バルト9に行って山戸結希監督『ホットギミック ガールミーツボーイ』を鑑賞。少女漫画が原作の映画だが、山戸監督が撮る映画に潜んでいる、というか孕んでしまうなにか不穏な感じというか、感情の爆発とかが導線みたいにすらりと通らずに、一気に畳み掛けてくる怖さみたいなものがあった。
少女漫画における王子様であるモデルをやっている幼馴染、同じマンションに住んでいる同級生の主人公が好きなのに彼女を

もっとみる