三方よし

「副業解禁」が解放するもの(3)〜副業って三方よし?〜

この「副業解禁」が解放するものシリーズも3回目になりました。ちょこっとだけですが、見てくれてる人もいるようです。ありがとうございます。ちなみに、「それってどういうことなの?」とか「ほんと?」とかいうことがあれば、コメントに薄くぶつけてもらえればと思います。あんまり厚く、熱く、暑くぶつけられるとお返事しないかもしれません。何しろ、シューゲイザーなので。

さて、今日もまずスライドをざっと眺めてみてく

もっとみる

ethicalと三方よし

「エシカル」 という言葉を最近耳にすることが多くなったのではないでしょうか、「倫理的な」という意味で用いられています。人間の感じている社会にとってあるべき規範が「倫理」で、これは哲学のようなもので「法律」ではありません。SDGsの普及によって、環境、人、社会に配慮した考え方がこれからの社会には必要だというひとつの概念指標となっているようです。

昔から日本には商売の手本といわれる「近江商人」の「三

もっとみる

三方よしとCSR

三方よしと企業の社会的責任 (CSR) との共通点および相違点を整理しておく。まずは類似点である。第一に、三方よしもCSRもどちらもビジネス主体を中心にした論理である、ということである。例えば、三方よしの主体は近江商人であり、近江商人(売り手)と小売商(買い手)および商圏(世間)の関係性という観点から述べられた概念であり、近江商人とは関係をもたないもの(例えば、当時の他の国の人々や社会)に対する善

もっとみる

仏教とビジネス・エシックス:三方よしと陰徳善事

さて、仏教はビジネス・エシックスとどのように関係しているのであろうか。仏教の信仰を大切にしつつビジネスを行っていた人々が日本にはいる。それが近江商人と呼ばれる人々である。近江とは現在の滋賀県のあたりであり、近江商人はこの地域に本宅、本店を置き、他国に行商をしていた (青木, 2016)。近江商人の歴史は古く鎌倉時代までさかのぼることができ、江戸・明治・大正時代に主に活動していたと言われている (末

もっとみる

三方よし

令和が始まり、早三日目。
世間はまだまだ令和、ご即位の話で持ちきり。

いいねー。平和やなーて感じる。いい意味で。

今回のケースは現憲法では特例扱いの生前退位。
象徴としての在り方を常に模索されてたからこそ生まれた生前退位のご意向を皇室典範を変えなければならない理由で政治的介入だとネガティブに捉え、様々な議論がされた。

確かにいろいろ調べて深く考えてみると、恒久法といえる皇室典範を変えるほどの

もっとみる

意外な「三方よし」

3月の終わり

高校生になる次男と制服の採寸のため専門店へ行きました。

ベテランな感じの男性店員さんが測ってくれてサクサク決まっていきましたが、スラックスだけは2つのサイズのどちらかを選ぶことになったんです。

店員さんが

「小さいサイズのほうがシルエットとしてはいいですが……みなさん後々を考えて大きいサイズを選ばれますね。どうします?」

小さいサイズでも、膝を曲げる余裕があり、履き心地は気

もっとみる

議論するのは何のため?

こんにちは。あすぺるがーるです。

Twitter上では日々、様々なやり取りが行われています。

真面目な話題を真面目に語るとき、議論が加熱することもあるかもしれません。

議論が加熱するだけならまだしも、語りが進んでいくうちに、重要なことが見落とされていることがままあります。

今回は、議論において起き得る二次災害、それを避ける方法、そして議論をするうえで忘れてはならないことを書いていこうと思い

もっとみる
希望がチャージされました。これで明日も生き延びられそうです…!
7

「三方よし」の業務効率化を目指す。

みなさんは、「三方よし」という言葉を聞いたことがありますか?

「三方よし」とは、近江商人の思想を表す言葉です。近江は、現在の滋賀県のことですね。三方とは、売り手と買い手に加えて世間の3つを指します。「売り手よし、買い手よし、世間よし」とも言います。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E6%B1%9F%E5%95%86%E4%BA%BA

Wik

もっとみる

「思いやり」と「優しさ」の違い

「あんたは優しいけど、思いやりがない。」

母に言われて、一番自分の心に残っている言葉だ。正確には心に”引っ掛かっている”言葉だ。

経緯

当時、僕は22歳。就活の真っ最中だった。その日は大阪での面接予定が3件入っていたが、珍しく寝坊してしまいドタバタしていた。父は夜勤だったので寝ていたのだが、そんなことは気にも留めず階段を走る音や荷物を準備する音など、とにかく電車に遅れたらまずいの一心で、何も

もっとみる