厨二病魔導師の極秘研究結果のメモ帳

やぁ!厨二病魔導師だ。

いつも思うのだが、魔導師がうっかり本気に近い文章を書いてしまうと
理解できない人が多いようだ。
それにいつも文章書いてたら、魔導師らしくも無いだろう?

なので、SNSで文章の投稿は控えめで
長文とか極秘のコンテンツは今後はここに書いていこう。

難しいモノが多めになるかもしれないね。

ただ、その分だけtwiiter,facebookやyoutubeで良く見かけるような

もっとみる

Sちゃん

Sちゃんは中学生。このイラスト、そっくり。
「はたらかずにえすぱあになりてえ・・・」と、本当に言いそう。

Sちゃんは、自分をブスでデブでバカだと思っている。

Sちゃんは、猫が大好き。
路上生活猫を見つけたら、話しかけずにはいられない。
名前もつけずにいられない。
猫の仕草を見て「あっ。ごめん。気が立ってるね。またね。」と
その場を去るくらい、猫が好き。

Sちゃんは絵が上手い。
可愛いイラスト

もっとみる

矛盾・自己肯定するのが人間なのか

何でもかんでも病名付ければいいってもんじゃないと
何度もnoteで綴っている今回のお話。

こんな子がいる。
FtXと呼ばれる女性の話。

生物学的性が女性で性自認がXジェンダーの人を「FtX」と呼ばれる。

Xジェンダー(X-gender)とは、出生時に割り当てられた女性・男性の性別のいずれでもないという性別の立場をとる人々を指す。両方を区分する限りでは、中性、無性、両性、性別という枠組みから脱

もっとみる

中二病の肩をもつ僕

中二病精密診断機

僕は基本的に人と違うことがかっこいいと思っている。いや、厳密に言えばみんながみんな好きだと言っているものに対して一歩引いてしまうのだ。

さあ、これを読んだ方々はこう思ったでしょう。
「こいつ、中二病だ」と。
思ったでしょ?もし思わなかったのなら、あなたも中二病です。そして僕と同じく友人が少ないはずだ。

一応僕が本当に中二病かどうか確かめるために、中二病界の有識者に話を聞いた

もっとみる

中二病

滅びゆく世界を救済するために、我は行かねばならない。
 
 

汝に問う。
  

この世界が破滅の時を迎えようとも、最後まで立っていられるか。
たとえその体を切り刻まれようとも、敵に背を向けずにいられるか。

 

全てを無にするダークマター。
灰塵に帰すスーパーフレア。
いざ、シュバルツシルトのその向こうへ。
その力を見せよ、マクスウェルの悪魔。
時よ止まれ、ラグランジュポイント。
コペルニク

もっとみる

そのうちみんなして、邪眼や刻印が疼いたり呪詛をかけられたり悪の秘密結社に狙われたり高次の存在からのメッセージを受け取ったり領域を展開したりするわけだな(笑)。😆✨

世界はやがて「中2の教室」になります|松井博 @Matsuhiro|https://note.mu/matsuhiro/n/nc9238f1620bb

入院、そして手術

奥さんが病気で入院し、患部を取り除く手術を受けた。不運を呼ぶ"フラグ"を立てないよう平常心を保っていたおかげか、はたまた奥さんの身体に眠る驚異的な底力のおかげかは分からないが、手術は執刀医が説明した通りに事故なく進み、奥さんは元気を取り戻しつつある。術後の経過やリハビリの進捗など注意すべきことはあるものの、まずは一安心。奥さんには無理せず回復に努めてもらいたい。

"中二病"根治

「まさか自分が

もっとみる

私の中二病

思春期のあの頃、どんなコンテンツが好きだったかと晒してみる。

私の場合
・ターミネーター2
・ミッションインポッシブル
・フィフスエレメント
などにどハマりしていた。

シュワちゃんことアーノルド・シュワルツェネッガーが好きすぎて、主演の映画はほとんど見た。トゥルーライズとかもかなり好き。
中二病だから世界はいつか滅びると思ってたし、心の底から、T-800がお父さんになって欲しかった。

トム・

もっとみる

シンクロニシティー?

シンクロニシティー。(見出し画像合わせると3回目)
この言葉が今、自分が話したいことに当てはまるのか自信はないけれど。
でも、浮かんだ言葉。

先日書いたデジャヴの話。

あの映画のワンシーンみたいだった。
って書いたら、その映画の最新作がどうの…という話を聞いた。

頭の中でマイナーな音楽がグルグルと流れていて
テレビをつけたら番組のBGMとして流れていたり。
あの芸能人って最近見ないけど今何し

もっとみる

『ついうっかり太宰治を読んでから』 #8月31日の夜に

のちにそれは、『中二病』と呼ばれることを知った。

中学二年生の私はある日、ついうっかり太宰治の本を手にした。どの本を読んでも、彼は本当のことを喋ってるという確信がした。それに比べて、それまで会った大人たちも、子供たちも、そして自分自身も、なにかにつけて自分をごまかして生きていると思った。

私は太宰のように、「自分に正直に生きて行かなければならない」と思い込んで、学校の勉強をしなくなった。成績は

もっとみる