壁を作っているのは誰?

皆さん、こんばんは。

お盆は帰省しましたか?お仕事でしたか?
私は出かけましたが、熱中症になりました😭
皆さんもお気を付けください😣

今回は、若者研究の調査内容というよりは、私が若者として感じたこと、思うこと、考えていることを書きます!若者の一意見として読んでいただきたいです。
なぜ書こうかと思ったかというと、若者に関する本と自分の生活で感じたこと今の現状を変えたいからです!!

もっとみる

DJもなやまのオスソワケナイト 第15回

DJもなやまのオスソワケナイトー!

今宵みなさまいかがお過ごしでしょうか!

こんばんはもなやまです!

この番組は「ラジオっていいなー」と思ったもなやまが文面ラジオという謎なものを誕生させラジオ雰囲気でお送りしている番組です!

今日も最後までよろしくぅ!

(DJもなやまのオスソワケナイトー!)

はい!みなさま!お久しぶりでございます!

もなやまちゃんと生きております!!

もなやまがオ

もっとみる

こちらが正しければ黙っていても理解されるということはありません

私は、こちらに対する「誹謗中傷やニセ情報を発信する発信源」を放っておいてはいけない、ということを、独立してから強く学びました。

謂れのない誹謗中傷やニセの情報にはキチンと対応し、こちらの言い分をいろいろなところで主張し続けないと、こちらを貶めたい人や、こちらを有利に利用したい人たちの嘘の方が既成事実化してしまうのですね。

当事者以外の他人にとっては(友人であっても仲の良い人であっても)こち

もっとみる

学生が発信することと、学生掲示板アートボード化計画について。

真面目で意識の高いタイトルのように思えるかもしれないが、別に伝えたいことはそれほど高尚なものでもなんでもない。

学生が発信すること。

最近、先輩や同期と一緒にご飯を食べていると、なぜか真面目な話をすることが多い。

「学校制度って実際こういうところが良くないと思う」
「政治とは云々」

いかんせん、私の頭がちゃらんぽらんなので、それを飲み込みているかどうか自信はないけれど、そういう話は聞いてる

もっとみる

カウンセリングを公の場にさらすことの意義(20190802追記あり)

昨日、フォロワーの一人であるきりんさんが「対談師」という職業が世の中にあってもよいのではないかというnoteを書かれていました。

https://note.mu/kirin800/n/naf186bf75528?scrollpos=comment

対談や雑談といったものをエンタテインメントとして提供するというのはとても面白いという試みだと思いますし、小規模なイベントスペースも増えてきて、配信サ

もっとみる

私のお金の使い方と志①

夫は私と付き合い始めてすぐの頃、

「すっげえ金使う人だな!」

と思ったそうです。なので

「すっげぇ金かかる女だな!」

と感じたそうです。例えば、電車乗らない、ほとんどタクシー、旅行時のホテルはクラブフロア、新幹線はグリーン車のみ、人によく物をあげる、などなどからそう思われてたんだと思います。(どれも必ずいつもじゃないけど)

だけど、

「えぇ!?なぜそこはケチる!?」

と時折見せる倹約

もっとみる

悩みへの2つのアプローチ

こんにちは、いつもnoteを読んでいただき本当にありがとうございます。

今回お話するテーマは「悩みへの2つのアプローチ」です。

お釈迦さんは「人の悩みは一生消えない」という言葉を残しています。

人は常に何かしらの悩みを抱いており、それはどんなにお金や権力を持つ人でも、一見すると幸せそうにみえる人でも、変わらないそうです。

ただ、いつまでも同じ悩みで自分を苦しめていたり、悩みに耐えられなくな

もっとみる

ジャンクフードっておいしいよねって話

面白いことがオモシロくない。

むき出しの言葉が溢れている。

YouTuberは人のモノを勝手に売ったり壊したり、過激なイタズラで“撮れ高”を稼ぐ。
「テレビは規制や炎上を避けてつまらなくなった。YouTubeの方が面白い」
という声も少なくない。

「いやいや、テレビもまだまだやるじゃん、見直した」
そういう声がたくさんつぶやかれる、いくつかの人気番組。芸能人のプライベートを隠し撮りして、その

もっとみる

ラジオと定時退社と積み重ね

皆さんはラジオを聞きますか?

私は自宅療養中の現在、日中は東京FMを聞き、夜はニッポン放送で野球中継を聞いています。

午前中は片付けをしながら東京FMを聞いていたのですが、ゲストで『わたし、定時で帰ります。』の原作者である朱野帰子氏が出ていました。

話の中で、朱野氏が自身の色々なデータを取っていて、データを元に低気圧のときは仕事をしない。コピーなどをして過ごすというのがありました。深く共感し

もっとみる