伊那市

物件を見に、はじめて伊那を訪れた日。
春日公園に登って、南アルプスを一望しました。

「きれいだなぁ」と思うと同時に「ほんとにここに住むのかなぁ」とも。

父方の里は長野(小諸)なのですが、私自身は京都、大阪、東京と、都会にしか住んだことがありません。やっていけるのか不安もあり。

斜陽!のまちをモノクロームで撮影してみる

長野県の南部に位置している伊那市。今回は、中心駅である、「伊那市駅」周辺を撮影してみた。

モノクロにしてみれば、構造物の形がはっきりとよく分かる。匂いが伝わってくる。きません。昼に来てみても特に何をしているのか分からないけれど、換気扇は回り、油を道へと吹き飛ばしていた。

建物から伝わる歴史。じっくり見て回った。太陽が傾くと街の雰囲気が変わるのがとても素晴らしいと思う。秋のよく晴れた街、正月のよ

もっとみる

高遠石工

今回の伊那行きでは、自転車の先達にして郷土史家で火の見櫓ウォッチャ一のM氏に高遠石工の足跡を案内いただいた。高遠石工とは、江戸時代全国を歩きその石仏作りや石材加工技術で名を馳せた技能集団を言う。高遠藩も石工産業を奨励し、特別な手形を与え自由に出稼ぎをさせ外貨を稼がせ、山奥の藩の財政ををさえる柱としたのだ。前日の台風一過の青天の下、高遠城下青石という貴重な石を加工した石仏を自転車で見て回った。守屋貞

もっとみる

KOAの2019年Q1決算を読み解く~抵抗器大手~

今回はKOAの決算をみていきます。

KOAは固定抵抗器で世界シェア大手

長野の伊那地方を代表する電子部品企業です。

抵抗器はキャパシタ(コンデンサ)とセットで利用されますから、コンデンサなど他の電子部品の需要を眺めるのにも有効な企業となっています。

なお、同社は決算資料をあまり詳しい所まで開示していないので、類推なども多くなりますし、いつもの決算分析に比べるとかなり薄いものになってしまいま

もっとみる

休日の過ごし方

明日が不食の日なので、今日はしっかりと食べたい。

かと言って、暴飲暴食はダメだ。

朝は硬いパンと目玉焼き。

奥の貴様も食べちゃうぞ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
昼は、念願叶ってやっとこさ訪れた古民家カフェ。

matsunoeda terraceさん。

妻の元同僚のご夫婦が営むカフェ。

圧巻のかっこよさ。

何度もお店の前の道を通ることがあり、
古い家があるなぁ。。

もっとみる

あなたとわたしのスケッチ会 Vo.7

/ / /
「あなた」を描いて「わたし」と向き合う。
みんなで楽しむ、スケッチの時間。
/ / /

参加者が交代でモデルをする、お絵かきワークショップのご案内です。長野県東春近市にある「赤石ギャラリー」で開催します。特別な知識や道具は要りません。お気軽にご参加ください。

| 日 時
2019年7月24日(水)
PM1:00からPM3:00まで

| 参加費
1,500円

| 場所
赤石商店

もっとみる

旅するくまさん889「伊那入舟」

くまさん一行は、高遠の街並みから西方向に向かいました。そのまま信州伊那アルプス街道増に進んだくまさん達は、天竜川を越えたところにある入舟という場所に来ました。ここは伊那市の中心伊那市駅の近くですが、伊那入舟・史蹟 天竜川船着場という史跡があります。1829年に天竜川の通船が始まり、明治時代は川を使った輸送手段がありました。やがて船の運行は衰退し、1971年建てられた史跡標柱だけが当時の名残を残して

もっとみる

旅するくまさん888「高遠の街並み」

くまさん一行は、高遠城から西方向に進みました。西方向には昔ながらの高遠の街並みが残っていたので、そこにくまさん達はやってきました。元々は城の西側だけでなく東側にも町や武家屋敷がありましたが、狭いので西側の藤沢川の先に街を作り、東側は武家屋敷だけ残しました。40件ほど残る当時からの街並みの中には小家民俗資料館になっているところもありました。その史料館の前に来たくまさん一行。高遠は「たかとお」と呼びま

もっとみる

旅するくまさん887「高遠城」

くまさん一行は、戸台大橋から引き返しました。戸台口からは再び信州伊那アルプス街道を北上したくまさん達は、高遠城にやってきました。兜山城の別名を持つこの城は、諏訪一門の高遠頼継が居城としていたところで、後に武田信玄に滅ぼされ、その後織田氏や豊臣時代を経て江戸時代は高盗犯になりました。城の遺構を眺めるくまさん一行。ここは本来桜の名所だったので、ちょっと時期をを間違えたと思ったくまさん達なのでした。
T

もっとみる

旅するくまさん886「戸台大橋」

くまさん一行は、分杭峠を過ぎてさらに信州伊那アルプス街道という名前の国道を北上していきます。途中の戸台口から東の山の中に入って行ったくまさん達は戸台大橋にやってきました。
ここは南アルプス登山の入口のようなところで、橋から先も道は続いていますが、一般車両が通れないらしく、バス専用の道のようです。橋のたもとで一息入れるくまさん一行。ここから登山を進めると実は以前、静岡の山奥から通ったところに出てしま

もっとみる