一瞬の瞬きのような祝祭的空間の歓びと深い哀しみがない交ぜになった世界観は作品を特別なものにしている…★劇評★【ミュージカル=ダンス オブ ヴァンパイア(山口祐一郎・神田沙也加・東啓介・佐藤洋介出演回)(2019)】

人間の血がなければ生きていけないヴァンパイア(吸血鬼)と、血がなければそもそも生きていけない人間。双方が共生できる世界などこの地上には存在しないが、唯一、このミュージカル「ダンス オブ ヴァンパイア」が演じられている劇場の中だけは別空間だ。ここではまるで双方を隔てる壁あるいは双方の間に広がる溝を称えるかのように、一瞬の瞬きのような祝祭的空間が繰り広げられる。そしてその底辺にどうしようもなく広がるの

もっとみる
うれしいです
2

尽きることのない暴力性と純粋な魂がとぐろを巻き合いながら互いを高みへと押しやるような迫力に満ち、現代人の心に鋭い切っ先を向ける…★劇評★【舞台=カリギュラ(2019)】

小説「異邦人」や戯曲「誤解」などを生み出したアルベール・カミュの黄金期と言われる1940年代に発表されたカミュの代表作のひとつ「カリギュラ」。暴虐の限りを尽くして孤立を強める中で破滅の予感を抱きながらも、不可能なことを実現しようとする美学の中に没入していくローマ帝国皇帝カリギュラの姿を、若き演技派として注目される菅田将暉が舞台「カリギュラ」で狂おしいまでに表現している。人間の裏地のようなざらついた

もっとみる
「スキ」をいただきありがとうございます
4

人生というものの不可思議さと幸福感に満ち満ち、よりその祝祭感を増した作品に成長していた…★劇評★【ミュージカル=ビッグ・フィッシュ(2019)】

親というものは自分の息子や娘になぜこうも本当かどうか分からない話をするのだろうか。自分を大きく見せるため? いやいや子どもの想像力をかきたてるため? いずれにしても、子どもたちがその真実を知った時、互いの真実はふつふつと音を立て始める。そんな世界中のどこにでもある普遍的な物語のようでいて、とびきり特別なミュージカル「ビッグ・フィッシュ」の日本人キャスト版が2017年の日本初演からわずか2年で再演公

もっとみる
わたしもあなたのことがスキです

宝塚花組公演『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』を観て 〜現実とはなにか〜

概要

観劇したので考えたことをつらつらと書く。
本稿は作品主義よりで、いくつかの解釈を簡単に行ったものだ。

1. あらすじ
2. ありそうな解釈
3. 夢のない見方
4. 現実とはなにか

あらすじ

18世紀半ば 産業革命期のイギリスにて、植物研究家のハーヴィは日々仕事に打ち込んでいた。ある日、荒れた庭に花を再び咲かせる為、現地調査に赴く。かつて美しい庭だった森に住む老女によると、庭の精霊が

もっとみる

(劇評)春を呼ぶ叫び声

鈴木ユキオプロジェクト『春の祭典』の劇評です。
2019年10月26日(土)19:00 金沢21世紀美術館 シアター21

 クラフト紙でできたファイルボックスが100個ほど、客席から見て山の形になるように、きっちりと積み重ねられていた。ファイルボックスは映像を映し出す壁になる。『春の祭典』が流れだし、壁に最初に映ったのは、ダンスを踊る一組の男女のアニメーション。やがて実写の映像が混じる。不穏な雰

もっとみる
励みになります
5

さらに目標を高く掲げ、作品を成長させていくようなチャレンジスピリッツがいくつもの箇所に散りばめられている…★劇評★【ミュージカル=ラ・マンチャの男(2019)】

「ラ・マンチャの男」は今の自分を映す鏡である。その反射の光は時には厳しく、時には優しく私たちを照らし、「日々の現実、つまりあるがままの人生に折り合いをつけていないか」と激しく問うてくるからある。「自分があるべき姿のために戦う」ことが夢を持つということであると説くこの作品は、単に物語を観客に伝えるだけでなく、その観客の心の中にまで、今の自分に人生の真剣度を試してくる作品なのだ。たとえ夢はまだかなって

もっとみる
わたしもあなたのことがスキです
1

(劇評)それは魔法と呼べるもの

札幌ハムプロジェクト★東京支部『僕にまほうをかけろ魔女』の劇評です。
2019年10月16日(水)19:00 スタジオ犀

※香川、新潟、金沢、北九州、松山、大阪、名古屋、神奈川、東京と全国で公演が行われていきます。微妙にネタバレを含みますので、情報を入れずに観劇されたい方はご注意ください。

 うまくいかないことばかり。誰も話を聞いてはくれないし、それどころか勝手な想像を押しつけてきたりする。心

もっとみる
伝えてくださってありがとうございます
6

夢を追うことの深い意味合いを私たちに感じさせて一段と洗練さを増している…★劇評★【舞台=ジャニーズ伝説2019(2019)】

米国に武者修行に出るなどジャニーズの原点とも言える伝説のボーカルグループ「ジャニーズ」の奮闘を中心に、ジャニーズ事務所で活躍してきたアーティストやグループの歴史を「A.B.C-Z」の5人がお芝居とショウで綴る「ジャニーズ伝説」の2019年版が上演されている。ファンにはおなじみの演目だが、今年は事務所を率いてきた総帥、ジャニー喜多川氏が急逝した年。観客席のファンらは、高い理想を追い求めた草創期のジャ

もっとみる
うれしいです

子どもたちの感情と関係性がぶつかり合って火花を散らす様はすさまじいリアリティーを持って私たち観客に迫って来る…★劇評★【舞台=渦が森団地の眠れない子たち(2019)】

子どものころの思い出は、良い思い出も悪い思い出もなんだか霧に包まれているようにあやふやだ。それは別に記憶が薄れているからではなく、その思い出ひとつひとつに数え切れないぐらいの感情が取り巻いていて、輪郭をはっきりさせて取り出すことができないからだ。その感情も子どもならではの無邪気さの裏側で、信じられないほどの残酷さが付きまとっていることもある。逆にジェラシーのような地に足のつかない負の感情だと思って

もっとみる
うれしいです

(劇評)これが私の『ハムレット』

15th Anniversary ジョキャニーニャのジョキャフェス『私立!ハムレット学園祭』の劇評です。
2019年9月27日(金)20:30 金沢市民芸術村 PIT2 ドラマ工房

 「ハムレット あらすじ」で検索をしようとしたところ、「ハムレット あらすじ 簡単」という3単語が提案された。そのように検索をかける人が多いということだ。そんなハムレットを望む人は、coffeジョキャニーニャの『私立

もっとみる
感謝いたします
8