好きな事を仕事にする

先を読み、損しない生き方を

来年行われる東京オリンピックにまた1つ問題が出てきた、なんとマラソン競技及び競歩において開催場所が東京ではなく北海道札幌にて開催するとIOCバッハ会長は発表した

問題は何のためにアスファルトに多額の資金を投入し気温が上がっても路面温度を上昇させないような工夫など施した対策を打ってきたのか?だろう、一説には400億円近い金額が投入されマラソンコースを構築してきたと言う

さらには真夏の大会と言うこ

もっとみる

* 転職を沢山してきましたが、得るものばかりでした。 *

こんばんは。岡田です。

転職を沢山してきました。

勤務先の方には
ご迷惑をかけてしまったかも
しれませんが
私は転職を通して
得たものばかりです。
後悔は全くありません。

今思うと
転職に成功体験ばかりで
転職に抵抗がなかったから
自分が輝ける仕事に出逢えるまで
行動出来たのだと思います。

しんどいのは
慣れるまでの最初だけです。
転職しようか悩んでいる時が
一番しんどかったかもしれません

もっとみる
あなたの「スキ」にお返しできるよう頑張ります♡
3

やりたいことをやるには

やりたいことをやるには、「とにかく想い続けること」と「発信し続けること」

何より大事なのは、

足を引っ張る人たちをいなすことだと思います。

親世代でも僕の子ども時代も「プロ野球選手」になりたいというのが

将来の夢として代表格でしたし、

いまでいえば「YouTuber」が将来の夢の筆頭で職業名があがりますよね

他にも「漫画家」「ミュージシャン」などなど

いろんな輝かしい仕事ってあります

もっとみる
僕もスキです!ありがとうございます!
4

対人系ゲームの動画ネタに困った場合どうすればいいか?【工夫し放題】

どうも、うめだJAPAN(@umesooooo)です。

ゲーム配信でご飯を食べています。

今回は、

「対人系ゲームの動画ネタをどうやって作ればいいか」

という質問にお答えしていきます。

質問は生放送や質問箱から受け付けていますのでお気軽に!

記事に出来そうな内容でしたら、記事にさせていただきます。

では、本題に入ります。

対人系ゲームでネタに困っている人は、「リサーチ不足」が原因か

もっとみる

ピンチも笑う孫正義

今回は孫正義についてお話ししたいと思います

孫正義、誰もが知る日本ナンバーワンの実業家であります

孫正義に対して世間の評価と言うものは物凄く高評価なものもあれば、それをひがんで悪口ばかりを言う人もいます

心の底どこかで彼の成功や彼の動かしている金額のデカさ、そして世界を舞台としたビジョンの大きさなど羨む中どこか潰れろと考えられている人物でもあります

彼は今回アメリカの上場するは

もっとみる
28

実験と考察の日々

コーヒーを淹れるレシピはスタッフ全員同じ

でもプロが淹れるととても美味しく僕が淹れると雑味が多い

自分用にコーヒーを淹れテイストを取る毎日が始まりました

朝出勤してから1杯、休憩中に1杯

普段からコーヒーを飲んでいる方ではなかったので

カフェインの取り過ぎで頭がクラクラもしました(笑)

プロの淹れる動画を毎日出勤時に見ながら電車に乗り

時間が許す限り豆の引目や温度による味の変化を測る

もっとみる
良ければまたご覧になって下さい。
5

バリスタとして立てるまで

僕が最初に働いていたカフェは

キッチンとバリスタ(ドリンク)に仕事が別れていました

調理のバイトを長くやっていた為、始めは僕はキッチンスタッフに

もちろん最初からバリスタとして立てるとは思ってもいませんでした

3ヶ月ほどが経ちようやく人員も落ち着いてきたタイミングで

僕のバリスタとしてのスタートが始まりました

1番最初は機材の説明や使い方等の復習から

オリエンテーションで教えて頂いて

もっとみる
良ければまたご覧になって下さい。
4

やりたいこと2

note始めた日にかいておきながら、忘れていました(^^;)

やりたい活動したいこと
その2「キャリア教育・相談に携わりたい」
これまた1人でどうにかなる問題じゃないので、考えを聞かせてください。
昨日に比べて、かなり長文になりましたが、発信します。
 
実は、教員免許をもっています。
でも、新卒で教師になろうと思っていなくて
採用試験受けずに今に至ります。
(期限切れも時間の問題です(^^;)

もっとみる
嬉しいです♪
2

美容師からバリスタへ

僕は当時、美容師をやっていました

有名サロンに就職して頑張ればきっと美容師としても伯がついたでしょう

でも色々あって辞めました

辞めたことに今も後悔はしていません

辞めてから「さて、どうしよう」となって

初めてバリスタという職業の存在を知りました

僕のイメージはコーヒーを淹れている人

世間のイメージと大差は有りませんでした

(前の記事で偉そうなことを書きましたが...笑)

「コー

もっとみる
良ければまたご覧になって下さい。
5

コーヒーはここが面白い。

ここまでの記事は雑学や僕の知識を少しだけ書きました

かなりつまらない記事になったなと自分でも思います笑

ここからは僕のコーヒーの実体験などのお話を出来たらと

コーヒーは言ってしまえばただの飲み物

紅茶や麦茶などと変わらない

でもその中でもコーヒーは面白い

朝美味しいコーヒーが目の前に出てきて、いい香りを嗅ぎながら起きる

この感覚はコーヒーにしかないはず

紅茶には同様の感覚が芽生える

もっとみる
良ければまたご覧になって下さい。
9