嶋浩一郎

嶋浩一郎×井口理 対談まとめ

カンヌライオンズ2019PR部門の(多分ゴールドだけ?)分解が終わったので一息休憩ということで、2か月ぶりに嶋さんのPRまとめ記事を書きます。今回は私もお世話になった「戦略PRの本質」の著者井口理さんとの対談。さすがアドタイ。豪華。

Media: AdverTimes

Date:2016.02.22

そもそものPRの定義

「PR」とは、世の中に議論を投げかけて、納得させて、ひとつの新しい

もっとみる
わーいわーい!
1

ムダこそものの上手なれ

朝渋ネタ。そんなに期待してなかったんだけど、
バツグンに面白かった。
いろいろ納得しすぎて、ヒザをバンバン叩いた。
『アイディアはあさっての方向からやってくる』の嶋浩一郎さん。

ひょうひょうとした話しぶり。
早口じゃなく、ゆっくり過ぎず、かまない。
「ん〜〜〜〜〜」
と考え込むことはあるが、
「え〜」
をはさまない。

言葉がすっと、入ってくる。

「すべてのイノベーションは辺境からくる」

もっとみる

著者と語る朝渋「アイデアは明後日の方向からやってくる」 嶋浩一郎 レポート

朝渋のイベントに参加してきました!せっかくなのでレポートにします。

今回のゲストは、『アイデアはあさっての方向からやってくる』の著者、博報堂ケトル代表取締役社長・共同CEOの嶋 浩一郎さんです。

以下参加レポート---

アイデアをどうやって出しているのか?アイデアは思っても見ないところから引っ張ってきている。
例えば、新聞を毎日読んでいる(新聞はリファレンスもちゃんとしてるし、凄くい

もっとみる
めっちゃ嬉しい:D
12

広報2年目。編集スパルタ塾に通いはじめました

はじめましてのnoteです。私は現在、パルスボッツというコミュニケーションロボットを作っている会社で広報や採用を担当しています。

いまの仕事が大好きですが、広報になるまで紆余曲折の生き方をしていました。

アメリカへダンス留学したり、公務員試験を受けたり、途中フリーターになったり・・・

失敗や挫折を糧にしてポジティブでここまでやってきたストーリーもあるので、もしよろしければこちらもご覧ください

もっとみる
わーい!ありがとうございます!
18

嶋さんインタビュー記事まとめ

Media: PR Table Community

Date:2018.07.27

未来のPRのカタチ

・5Gの時代でIot化がすすみ常時接続社会になる現代の産業革命において、企業やプロダクト自体が、直接、生活者とつながる時代になったことで「生活者との直接的コミュニケーション」が要請されはじめている。

・いまは自分たちが理想とする企業としての在り方や、描いているビジョンを、生活者に対して「

もっとみる
わーいわーい!
8

やりすぎ万歳! 名古屋のクリエイティブ(嶋元編集長イチオシ記事)

世界でいちばんエクストリーム! 名古屋のパワーが、日本を変える!?

あ、シャチホコが……。

 確かにそうかもしれません。ファッション雑誌を開けばトレンドセッター・名古屋嬢の特集が組まれ、経済誌の表紙に踊るのは「不況知らずの名古屋経済」の文字。いざ新幹線で名古屋へ降り立てば、迎えてくれるのは245mもある世界一大きな駅ビルです。道を歩けば至るところでなにやら行列ができていて、街中の駐車場に「満車

もっとみる
Thank you!
33

広告屋が見ると、世の中はもっと面白くなる

雑誌『広告』歴代編集長インタビュー|第6回 嶋 浩一郎

平成以降、雑誌『広告』の編集長を歴任した人物に、新編集長の小野直紀がインタビューする連載企画。第6回は、平成14年4月から平成17年1月まで編集長を務めた嶋浩一郎に話を聞きました。サブカルチャー色を出しつつ、「売れる雑誌」を志向した嶋『広告』。広告会社が発行する雑誌『広告』は、売り上げ自体を絶対的な命題にはしていませんでした。それでも、“売

もっとみる
Thank you!
27

#11. 3 dots connected vol.1 ー 「ホテルはメディアなのではないか」

印象に残った言葉と言葉をつなげて、あれこれと考える企画、第1弾。

初回のキーワードは「メディア」。

-|-|-|-|-|-|-|-|-|-|-|-|-|-|-|-|-|-|-|-|-|-|-|-|-|-|-|-|-

「ホテルはメディアなのではないか」

in サブスクリプションから考える“お店2.0”の形

-|-|-|-|-|-|-|-|-|-|-|-|-|-|-|-|-|-|-|-|-|

もっとみる
読んでくれてありがとう!
6

『FACTFULNESS』に痺れた(2019年2月に読んだ本まとめ)

2019年2月は7冊の本を読んだ。

中でも『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』が面白かった。再読はできていないけれど、事あるごとに周りにも薦めたし、本書の主旨が読み取れるチンパンジークイズもFacebookにシェアした。
「ビル・ゲイツ、バラク・オバマ元アメリカ大統領も大絶賛!」という触れ込みから既にベストセラーになっているが、改めて未読の方に推薦したい。

僕は自分自身を「感情で動く

もっとみる
ほりそうです。気に入ったマガジン、フォローしてもらえると嬉しいです。
12

情報に敏感に、貪欲になろうと思った

こんにちは、まるもです。
今日は拝借した「嶋浩一郎のアイデアのつくり方」を読み終えたので、感想を記録しておきます。
2007年に出版されているものですが、私にはいい学びがたくさんありました。

分類コントロール型は過去のもの

整理整頓、私も好きな方ですが、「分類してラベルのついたフォルダに情報は死んでしまう」というのには妙に納得しました。

以前働いていた職場のことをやっぱり思い出してしまいます

もっとみる