言葉がなくても。

私の周りには、「言葉」を話すことが難しい人たちがたくさんいる。

私の妹もそうだし、今もそんな子どもたちと関わる仕事をしている。

でも、私はいつだって、彼女、彼らからたくさん救われていて、「言葉」がなくても人を救えること、人の心を動かせることを、日々実感する。

彼女、彼らのとびきりの笑顔は、私を救う「ことば」 だ。

ちょっとかっこつけて言ってしまったけど、ほんとに笑顔ってすごい。

いろいろ

もっとみる

[発達障害]できる得意と、できない不得意

発達障害系の記事が少ないかも? と合間に書いてみようかなーっと。
今回のテーマは『得意と不得意』できることと、できないこと。これのどこまでが特性でどこからが障害なのか分からないけどね(苦笑)
まず得意なこと。ジャッジとしてはと世間一般の基準よりはできそうなこと……ぽくぽくぽく(シンキングタイム)
まず、絶対音感? はあります。いちおそこら辺のメロディなんかはすぐに返せるんじゃないかな?(ただし、変

もっとみる

精神疾患について

グレーゾーンの発達障害とうつ病、過食が私が持ってる病気である。
発達障害のグレーゾーンは増えてるらしい。グレーゾーンだとできることもあれば出来ないこともある、至って普通に見られて本人は生きづらさを感じてると思う。発達障害は広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害に分けられる。うつ病は非定型うつ病、大うつ病、抑うつなど色々ある。

色々調べててパーソナリティー障害が気になった。強迫性パーソナリテ

もっとみる

まずは障害者を「知る」だけで違う。

入院をここぞとばかりのチャンスと思い更新しております。
正直、いつどこにどんな状況に置かれても「暇だな~」っと思うことはないので全然ウェルカムです。
むしろ良くも悪くも状況や環境が変わらないことこそ「暇だな~」っと思うタイプなのでした。
みんなにとってのアクシデントは僕にとってのポジティブなことで、安定こそ危険因子なのです。
ただ、健康じゃないことって問題ですね。
ではでは本題へ…

━━━━━━

もっとみる

「障害者」関係のコミュニティ作り。

インスタで過去に投稿した分を少しいじり投稿しまっす
ー。
テスト段階なので時系列バラバラですがお気になさらず。
本当はインスタに投稿したら早い段階でこんな風にしたいんだけどね。
まぁまぁそんな話はさておき…どぞっ。

━━━━━━━━━━
元となってるInstagram↓↓

━━━━━━━━━━

■「障害者」

どうやらいさねくんはみんなが思ってる以上に「障害者」のようです。
一概に「自閉症」

もっとみる

ママが楽しそうじゃないと子供も楽しくないんです。

in寝起きのいさねくんの素敵の巻!withベッカムヘアー!
寝起きのいさねくん、機嫌がいいときはめちゃくちゃ可愛いです。
機嫌が悪いときはママさんとバチバチです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
っとまぁこんな感じで始まったインスタの投稿のやつを少し詳しく書き足しますね。よろしくどうぞー。
↓↓↓インスタ↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ママの幸せが子供の幸せ

もっとみる

「私はちゃんとやっているのに」20歳女性のケース【広汎性発達障害】

ある日、仕事から帰ってきて早々に「全て私のせいにされた!私が怒られた!なんで私が怒られなければならないの!?」と泣き喚きながら私のところへ突っ込んできた女性。高校卒業と同時に19歳で飲食業に就職し、同時期に私が支援するようになった。生活も仕事も真面目で休むことはほとんどない。仕事する理由は「金のため」とはっきりしている。発達障害特有の融通の利かなさはあるが、それでも職場の評価は高く、上司に面会して

もっとみる

[手芸と発達障害]まーるいわっか

手芸の金具にマンテル? というのがあるのですよ(名称うろ覚え)
このマンテルって金具を接続して引っ掛ける物です。なんだか素敵。
まぁるい輪っかに通して引っ掛けて、別々の金具が引っ付くんだもの。
なんだか……人との『ご縁』みたいだな~なんてロマンチストぉ~♪
バラバラでも素敵な宝石だったり金属だったりするものに、マンテルがあると簡単に繋がっちゃう。私も、こんなふうに誰かを頼ったり頼ってもらったりする

もっとみる

器用だけど得意じゃない、たぶん普通?

幼少から「普通」を強いられていた私の話。
手先は不器用ではないと思う。裁縫もプラモの組み立てもできるし、立体の展開を考えるのは苦手では無いから洋服のパターンぐらいなら分かる。
料理も洗濯もできるし、掃除はコンサータのおかげでできるように。
得意料理はない。逆を言えばよっぽどじゃなければ作れなくない。
お菓子もパンも作れる。レシピをアレンジすることもできるだろう。
そう思うと「器用なんだな」とは思う

もっとみる

[発達障害・LD]字を書くよろこび

筆記困難、といえば片付くような感情ではなかった。
役所の書類、封筒に書く住所や名前が苦痛で仕方なかった。
私はいわゆる『筆記困難』という類なのだろう。だからこそ、このコンプレックスは見て見ぬフリをしていた。ぶっちゃけ10年ほどボールペンすら握らなかったのだ。書類では代筆を頼む(というか代筆されてしまう)ぐらいには酷い字形だった。画像の上下はこれでも読めるようになったほう。
何故か文字というモノを一

もっとみる