心の在り方

これね、私自身が体験したから本当だよ。


そして、ゲイリー・レナードという人が書いた本【神の使者】にも書いてあって納得したの。


私たちは、今の自分と未来を変えていける。

変化は見える世界より少しだけ早く、静かに、でも確実に、はじまっているんだ

人を変えられない、というけれど
あれはもうちょっと言葉を足す必要があって

「自分の思い通り」には、変えられない
というのがほんとうのところだとおもう

誰かに対して
変わってほしいとか
影響を及ぼしたいとか
そんな思いに駆られたときは

「自分の思い通り」に変えたい
と願う自分の気持ちの根っこにある「恐れ」に
気がつくときなのだとおもう

そのことが、そのひとが
「自分の思い通り」に変わってくれ

もっとみる

気づきは「与える」ものじゃない。「起きる」ものだ。

人は、薬で眠らせることはできるけど
眠った人を起こすことはできないそうだ
どんなに薬や刺激を与えることはできても
その人が目を覚ますかどうか?は
どんな名医でもコントロールできない

麻酔は、経験上、目が覚めるはず。
という前提で用いられていて
目覚める保証なんて、実はないらしい。

誰かの目を覚まさせたい。
気づきを起こさせたい。与えたい。

そんな想いは充分すぎるほどわかるし
私もたびたび、そ

もっとみる

在り方革命009

方程式を超えて

「キミもようやく、在り方とやり方のちがいがわかってきたんじゃないのかな」

 うーん。どうでしょ。わかったようなわからないような。ことばに出そうとしたら、スルリと逃げちゃうんです。

「なるほど。ことばになると安心。できなければ不安というわけだな」

 かもしれません。ぼんやり曖昧だと、信じられないっていうか。カタチが見えないから、頼りにならないのかも。

「逆だよ。曖昧で見えな

もっとみる

やっぱりベーシックインカムは いいと思う。

働き方改革とかさ、いろいろあるみたいだけど、時間とかを短縮すると、短時間で やること増えるだけだし(笑)

戦争や事件なんか どこにも無い、安心・安全の中で暮らすのが本来の人間の姿だと思う。

在り方革命008

やり方と在り方の違い

「在り方が大切なのはわかりました。では、どうやって在り方を変えたらいいですかって質問する人がいるんだよ」

 わお! 今ちょうど、そんな質問しようか悩んでいました。賢者さま、在り方を変える3つの方法なんてありません?

「おいおい。キミたち、ホントやり方がスキだな。在り方はやり方の前にある。やり方を求めるのは数学的な思考だな」

 マジですか。超がつくニガテ科目ですけど。数

もっとみる

あなたにしか預かることのできない背中がある

先日、人と話していて、ふいに自分の口から
 
「能力やスキルですべてが片付けられていく
 社会を変えたいんですよ」
 
という言葉が出てきた。
あ、そうなんだ私。とおもった
(社会が実際にそうか、という話はあるけど)
 
それはおそらく自分の本音だとおもうし
たしかにひとつの原動力には違いない
 
そして、同時に思う
 
なにかを「変えたい」思いは
その変えたいなにかが存在しなければ生まれない
 

もっとみる

最初に書いておくべき内容でした・・・経営は心の在り方に比例する。

お店経営のことを書く。
このNOTEはそのために書き出しました。
でも、内容的に心理的なことが多いと思います。
それはなぜか。少しだけお話ししますね。



ギャラリーアルカの前身、ハンドメイド雑貨アトリエシードを6年前にオープンした時、お客様からショッキングなお話しを聞きました。
「近所のレンタルボックスのショップオーナーが、店内で営業中に脳梗塞(心臓発作?)で倒れたんだよ」

え!!!?

もっとみる

自分は何者か

私はこの命題に中学生の頃から向き合っているが、未だに答えは出ていない。

自分とは、一体何なのだろうか。

人は、環境などの外的要因から構成される部分と
《心》のような内的部分とで成り立っている。

私は、内的な部分について深く考えることが多いのだが、
この内的な部分というのは至極曖昧なもので、
産まれた時から付き合っているにも関わらず、未だ見えてこない。

しかし、今、株式会社GOKIGEN様に

もっとみる

持っているということが示す、その人のさだめ。麻央ちゃん、おつかれさまでした。

2年前、小林麻央さんが亡くなったときに書いた文章ですが
改めて読んでみて、過去の自分に励まされる思いがしたので
こちらに。

------------

麻耶ちゃんがなんか好きだったのと、癌が身近になったタイミングもあって、麻央ちゃんのブログも日々読んでたのですが。

いつも、思ってることがありました。
麻央ちゃんのことを知ってというより、もっとずっと前からですが。たぶん自分の住む街で阪神大震災が

もっとみる