テストの失敗という不安を払拭するために宿題をしない。

勉強のことをバカにしてみたり。「宿題をやる意味なんてない!」と主張してみたり。子どもたちは、そんなにも宿題や勉強が嫌なのでしょうか?

私はみんながみんな嫌いなんてことはないと思っています。

本当に嫌なのは、テストや成績で失敗して低い評価を受けることが不安なのではないでしょうか?

仕事で失敗するのではと不安になる…

例えば大人ならば、このような不安をごまかすために…
仕事自体をバカにしてみた

もっとみる
スキありがとうございます!
14

知ってほしい!「評価なし」の子供たち

みなさんこんにちは、しゅうかです。
今日は学校で起こる「評価なし」の実態についてシェアさせていただきます。

【目次】
① 評価なしの子供とは?
② 評価なしの恐ろしさ
③ 評価なしをゼロへ!
④ 最後に

① 評価なしとは?

みなさんが子供の頃を思い出して下さい。「よく先生に怒られる子」がいれば「よく先生に褒められる子」もいる。「運動が得意な子」がいれば「極端に運動が苦手な子」もいる。勉強にし

もっとみる
「スキ」に感謝感激★
8

Y:34 得点じゃなく、ストーリーが必要なんだ

大学の新学期の初めの講義ではオリエンテーションをする。授業の内容や成績の出し方等について、前もって学生に知らせておく。学生の成績に対する執着はすさまじく、しかも、自己評価が高い学生が多いので、学期終わりに「どうして、私がこの成績なんですか」と抗議をする学生も出てくる。

勉強熱心な学生からの抗議ならこちらも多少、"その気持ちもわかるけどね…”なのだが、往々にして抗議するのは、熱心ではない学生が多い

もっとみる
リアクションメッセージ10個、全部見てほしい!
3

定性評価が定量評価を上回った話

先日、「管理職になるのって、怖くね?」という記事を書いた。

記事のなかで、「公務員の場合、定性評価しかない。私は私情を挟んで評価してしまうから、私には管理職は無理!」という内容を書いた。

これを書きながら、高校時代の体育の授業を思い出した。

高校何年生かの何学期かは忘れたが、その学期の体育は「バドミントン」だった。

授業は準備⇒ウォーミングアップ⇒練習⇒試合⇒片付けという流れだった。

もっとみる
ありわとうございます!
2

評価より未来に向けてフィードバックする!

成績や順位で評価をすること。そして、その評価を受けて子どもたちが成長していくことを望む。確かに良いように思えるが…

その評価、子ども一人ひとりの未来に即していますか?

子どもの未来は一人ひとり違うはず、とすれば目標も異なり比較する相手も人それぞれであるはず。成績や順位がいけないのではなく、自分でつけていないのがいけない。

競争して、勝ち負けの判定を自分でする!
楽しみながら、ゲームのように!

もっとみる
やったーーー!
7

営業成績が上がらない時にすべきこと

成績が思うように上がらない。                    

営業の仕事をしていると、なぜか売上が上がらないスランプに陥ることがあります。

スランプだと感じるこのようなうまくいかない現状は、実はとんでもないチャンスなのです。

人間がいろんな問題にぶつかって、はたと困るということはすばらしいチャンスなのである。 ー 本田宗一郎 ー

なぜなら、うまくいかないことがあればこそ人はどうすれ

もっとみる

オランダの女子中学生は、男子よりも優秀?

※こちらの記事は無料で全文読めますが、参考資料の照会にのみ購読料がかかります。

先日、オランダの統計局が、「中学生女子は、男子よりも成績優秀」というデータを発表し、話題を呼びました。

その報道によると、小学校の頃は男子も女子も成績に差はないのだそう。けれど、中等教育に上がる頃から徐々に差が出始め、中等教育の最初の3年間で男子が遅れをとることが多くなるのだとか。
オランダの中等教育学校は3つのコ

もっとみる
ありがとうございます!後程そちらにもお邪魔しますね。
3

記憶を失わせた原因

一言でいうと

自分に都合の悪い記憶は失われる

活用シーン

今が落ち込んでいても、明日があるさ

内容

大学1年生と2年生の計99人に、数年前を振り返って高校の数学、科学、歴史、外国語、英語の各教科でどんな成績をとったかを思いだしてもらった。
答えた内容は高校の記録と照らし合わせると伝え、実際に全員がそれを許可する書類にサインしたため、学生たちにウソをつく動機はまったくない。

合計で322

もっとみる
今日が良い日でありますように(^^)/
8

「できない」と「やる気がない」は違う

私は今、南オーストラリア州アデレードにある公立のハイスクールにて、アートを使って日本語を教えている。この生活も、あと残り1ヶ月となった。

13歳と14歳の日本語を勉強し始めたばかりの生徒76人を担当していて、彼らは週に3回、計210分(日本の一般的な50分の授業に換算すると週4回分超)日本語を学んでいる。

AとBとCの3クラスに分かれているのだが、それらは成績順で分けられている。Cが1番、理解

もっとみる