ふるさとがある幸せ

生まれ育った街が好き。
どんなに田舎でも、どんなに不便でも。

小さいころの思い出と地元のあらゆる場所が結びついていて、帰ってくると「ああ、帰ってきた」とほっとする。

毎日学校終わりにドッチボールをして遊んだ神社や、ザリガニ釣りをした田んぼ、友達のおばあちゃんがやっている駄菓子屋さん…

これから先、素敵な街や便利な土地に移り住んでも心から安心する、心から好きだと思うのは自分の故郷だなと思う。

もっとみる

「広島の風」 #12

<便り>
「どうも報道記者たちは私の発言を曲解して伝える。困ったものだよ」
 そう老獪に笑い飛ばす大蔵大臣、池田勇人主催のパーティーには広島からも財界人が多数出席していた。
「池田先生。どうか我が広島にプロ野球チームを。池田先生のお力添えがあれば百人力。私は広島の可能性に賭けとるんです。ここにおる広島の財界人諸兄、広島市やその周辺の市区町村も、こぞって出資を表明しているそうですが、私はそれの誰にも

もっとみる

故郷を旅する【三橋雄斗】

今日は、約束していた通り、ひかりちゃんと細やかな温泉旅行に来ました。

僕の故郷の温泉。素晴らしい所です。

旅館様のご厚意で、部屋に露天風呂が付いている部屋を用意して頂きました。

ひかりちゃんもご満悦。

温泉も素晴らしい上に、食事も最高。
鮎づくしのコースでした。

大人になって、故郷を離れてから、大切な人と故郷を訪れて、故郷の温泉と故郷の名産の食事を堪能できるなんて感慨深いものです。

もっとみる

明日から台湾

どうも、やんじぇです。
明日から約1週間台湾へ帰省します。

息子が7月末で一歳になるので、お祝いの『抓周』という儀式をうけにいきます。

台湾では節目節目に祝い事の儀式をする風習があります。

『抓周』は赤ちゃんの周りに様々なモノを置き、最初に触るモノで将来を占います。はじめて触ったモノに携わる職業に将来つけるといわれています。
グローブなら野球選手、お箸なら料理人、算盤なら数学者か会計士。その

もっとみる

結局地元

広島いるとマロちゃんに癒されます。

庭の緑にも癒されます。

そのまま広島の飲屋街「流川」に繰り出します。

なおと君のお店のLittlewingでタコスを食べて。

友達の家で『君の名は』を見て。

帰宅。

あー平和。

もー幸せ。

やっぱり地元。

結局地元。

セブ島留学のサポートするお仕事でしています。セブ島留学に興味ある方はCEBUWAY公式HPまで!  http://c

もっとみる
あなたの「スキ」に勇気とエネルギーを貰えます!ありがとうございます!
1

ただいま。帰ってきたよ。

ここでの数々の思い出に、
今年の夏も、新たな思い出が加わる予感。

スキ、ありがとうございます!!どうぞ幸多い一日を。
46

『故郷が旅先になる日』

上京してから18年が経つ。

   40を越えた今でも年末年始は必ず実家で過ごしている。ただ、最近の帰郷は、18年前の帰郷と比べると、かなり様変わりした。

   例えば、家族を連れて帰るようになった。孫が可愛くて仕方ない両親は、すっかりお爺ちゃんとお婆ちゃんの顔になっている。あの頃バリバリ働いていた父は長く勤めた会社を定年退職し、今は趣味に生きている。

   一年に一度の帰郷。当初は “地元に

もっとみる

角度を変える

紫陽花を横から見てみる
すると
新たな美しさを発見して。

いつもは車で通りすぎるところを
子供と歩いてみる

すると
そこにある自然と
目線を合わすことになって

思わぬ宝物を見つけるのだ。

嫁いで13年ほどですが、
野苺の群生地を見つけました。

娘よりも喜んだかもしれない

学校帰りに摘んで食べた野苺
宝探しのように
綺麗な粒を見つける娘

その表情にかつての自分と重ねた

懐かしさととも

もっとみる

HOME

今更ながら、とても深い愛情を持って、思い出す光景。

生まれ育った家の庭、池、田畑、山々、そして川。

誰にでも差出せるほどには立派ではないけれど、せめて自分だけは、いつまでも忘れないまま胸の中にしまい続けたいもの。

-HOME-

感情の種類って増えるのかどうかわからないけど。

私は田舎育ちです。

田舎とは言っても、山の中というわけでもないです。

私は卒業とか別れ、変化というものに非常に弱く、就職で家を出るときもかなりドキドキソワソワしました。

ただ結婚するときに、実家を出るためのワンクッションを置いていたおかげで、そこまでのダメージを受けずにすみました。
(結婚が嫌だったのではありません)

住み慣れた土地を出て、守られずに自分だけで生活するというのは、ペースが出

もっとみる