朝鮮学校

在日同胞子女に対する日本当局の卑劣な弾圧抹殺行為を厳しく断罪糾弾する

朝鮮海外同胞援護委員会の声明

 

私たち共和国とのそのどのような "条件付きのない会話」を云々し冗談を震え日本が凶悪本性を現しておいて、再び総連と在日同胞に対する弾圧抹殺策動に狂奔している。

すでに報道されたように、日本の当局は、去る5月10日、国会で「幼児教育、保育無償化」を内容とした「子育て支援法」が成立したことにより、10月1日から幼稚園、保育所などの幼児教育、保育施設に通う3歳から5

もっとみる

北朝鮮帰国事業の悲劇も明らかになっている。朝鮮総連も朝鮮学校も何らかの形で歴史に折り合いをつけないとNGではないか?
その一歩が踏み出せないならば朝鮮学校の時間は永久に止まったままなのではないだろうか?

朝鮮学校無償化訴訟、原告敗訴の流れ定着
https://www.sankei.com/west/news/190314/wst1903140045-n1.html
産経新聞が朝鮮学校の無償化裁判を手厳しく批判しているが、原因は洗脳教育のような民族教育であることを朝鮮学校と朝鮮総連は考えないといけない。北の王朝の独裁者を讃える学校は民族教育ではない。

立命館の金友子は在日韓国人で朝鮮総連系の在日朝鮮人ではない。在日韓国人だから韓国民団を支持しているわけでもなく、朝鮮学校の教科書無償化の署名を書かるように言い出したのは立命館に居直っている朝鮮総連系の学生団体の留学同だったという。https://www.j-cast.com/2014/01/15194224.html?p=all

朝鮮学校の無償化問題の対立にあるものを考える動画

チャンネル桜の朝鮮学校無償化問題を考える動画が大変に参考になる。

 元・朝鮮学校に通学して現在、統一日報などで北朝鮮批判や拉致問題批判をしている在日韓国人の宋允復と社民党の阿部知子との対談。

 確かに民族の言葉や文化を学ぶ場所としての朝鮮学校の役割は否定できない。

 しかし、北朝鮮の拉致や核開発や強制収容所問題や帰国事業の悲劇を省みずに異常なまでの北朝鮮の金日成主義を上から押し付けてくる朝鮮
もっとみる

朝鮮学校美術部の炎上問題から拉致問題を更に考える。

朝鮮学校で美術部の発言が炎上した事件で何がいけなかったのか?と再び考えてみた。

 拉致問題に関する無理解がTwitterの炎上という事件をもたらしてしまい、日本人と在日朝鮮人の間に再び溝を作ってしまったと思う。

 お互いの無理解と誤解の溝が深まらないままに拉致問題も解決できない一方で民族差別が報復のように横行すればお互いに不幸なままである。

もっとみる

つぶやきは100回を超えて何とかなりそう。こうして朝鮮学校問題を自分で整理してみると結構、分かることも多い。確かに朝鮮学校の洗脳教育は問題だらけで無償化させてはいけない。こういうとお前の発言はヘイトとかネトウヨ言説と朝鮮学校を無償化したいといわれる勢力から批判も出るのは必須だが。

なぜ朝鮮総連は参政権に反対するのか?

・朝鮮総連が外国人参政権に反対する理由は同化に通じるという考え。

・外国人参政権=同化政策は日帝36年で植民地支配に協力した親日派に通じるという理由もある。

・参政権反対は朝鮮総連が盲従している北朝鮮政府が朝鮮総連に金日成の肖像画のように反対を押し付けている。朝鮮学校の教科書でも参政権は反対せよ!と激を飛ばしている。

・外国人参政権を押し出している韓国民団は朝鮮総連の敵である。韓国民団に同調

もっとみる

朝鮮学校の無償化裁判で裁判に連続敗訴が続いているが、これはよく考えてみると拉致事件に対して向き合わない朝鮮学校側の愚かさではないか?相変わらず朝鮮学校では北朝鮮の肖像画を掲げて民族教育に名を借りた洗脳教育を続けていれば日本の裁判所が無償化させることは100パーセントないだろう。

日本共産党と朝鮮総連が民共合作のように朝鮮学校の授業料無償化に関して共闘しているとネトウヨが騒いでいるが、この辺の事情は自分も知っていて余り驚きはない。日共と朝総連が教科書無償化で共闘することはもう関係者ならば熟知。元々、朝鮮総連の原点は日本共産党の民族対策部だったので。